春の雨

春先は良く雨が降ります。ひと雨ごとにあたたかくなります。

 

庭の様子も少しずつ変わり、ジョウビタキや鶯が一生懸命さえずり、メジロも姿を見せています。

 

人間が一番鈍いかな。その鈍い代表みたいな私は自然界の盛り上がる速度についていけていない…。

 

はっと気が付いたようにアトリエに行って雨降りで暗い中、数枚のキャンバスを張って少し片付け、数枚の油彩を描きました。

 

画像はアマリリス。他に描き始めたバラや加筆したものが数枚。

アマリリスは10号のP。随分前に始めていて描きっぱなしにしていました。

その花はすべて開いて、ドライフラワーにもなれないで全く違う姿になってしまったので数日前にアトリエから姿を消しました。なんだかまた描きたくなり…。

 

右のバラは先日のミカンの会で頂いた3本のバラ。

可憐なピンクのバラです。

 

今日はもっと早く仕事場に入ればよかったと思いました。

 

 

間もなく3月11日。

とにかく・・・生かしてもらっているもの、歩みを止めてはいけないと思うのです。