2019年

12月

08日

本。。

いよいよ、個展も終わったので次の制作、そして。。。「ガッシュの本」の製作に向けて始まります。

不透明水彩の技法書は今、ほとんどありません。透明水彩のものはたっくさんあります。

でもなぁ。。。
思うところは正直、私の絵のような絵を描から人が増えることが目的ではなく、「自分の絵を見つける手段としてガッシュという画材がとても有用である」という点なんです。

本を読んで(見て)、自分も、自分の絵をこな画材で見つけたい!と思えること。。
そうすると。。難しいなぁ。。

どうしたらいいのか。。悩んでいます。
出版社の担当の方もすごく考えてくださっていて、ブログ、個展などで私の絵を見てくれている人、教室の人からご意見をいただいてくださいと言われました。

さて。。不透明水彩の本を出すにあたり。。初めて、ここをのぞいてくださっている皆さんに、お願いがあります。
どういう本にしましょう。。

ガッシュはそうとばかりではないのだけど、修正しながら描き進められるのが利点です。
だから、画像で説明することが行ったり来たりで難しい。

そうすると、動画付き、つまり、QRコードでもつけて製作の過程が見えるようなものにするという方法もあります。
そうすることで、技法の説明のための画像が紙面を占領する面積が減ります。これは1つ有効。
ガッシュの特徴を使って描いた私の絵はたくさん見ていただきたいので作品掲載の割合を増やす。
そして画材の説明はきちんとして、おすすめのものは載せる。
1番大事な、絵を作るときの考え方や画材でできる可能性についてたっぷり文章で伝える。。

今思っているのはそんな感じです。

どうでしょうか。。



画像は今日描きかけた油彩のモチーフ。。小さな絵にします。
0 コメント

2019年

12月

04日

つけ?いやご褒美?

昨日は一日中、娘に付き合いました。
個展の終盤、右足の膝が痛いと言っていたんですが。。
いよいよ痛くなってとうとう昨日、学校を休んで大学病院へ。。
そこでは予約なしの初診の患者さんは診てもらえないかもしれないとのこと、教えていただいた近くの病院も、そしてその次に行ったところでやっと診ていただいたものの、MRI出ないとなんとも言えない、ということで。。紹介状書いていただいて大きな病院に。
夕方までかかって、わかったのはなんと疲労骨折!
大変なこととなりました。でも、恐れていた半月板の心配は消え、疲労骨折も、その疑い、程度。ほっておけば治るそう。。

大したことはなかったので胸、撫で下ろしました。

でも、痛いので初めての松葉杖。。。。。
しばらく私は学校への送迎係という想定外のドライブまでついてきました。

アトリエのカーテンが開けられないなんて、いままでなかったこと。

朝早くから出かけて帰ったのは画像の美しい夕日の頃。家の前から。

人生、色々ありますね。
ついでに私も捻挫して足の痛みがまだ残っていたので診ていただいたら、靭帯損傷。。んんんなんともたくさん色々ついてきました。
12日間も娘を家に置いて個展で出かけておりましたので、べったり。これはつけなのかそれとも、ご褒美なのか?どうであれ、たいして大変とも思いません。無事で何よりでした。無事ではないけど。。ホッとしています。
安静にしてこもって絵を描きます。
2 コメント

2019年

12月

02日

2日連続で人物スケッチでした。

金曜日と土曜日、続けて人物画でした。
どちらのモデルさんもとても素敵!!

真ん中の画像のモデルさんは現役のモデルさん!画像をアップしてOKということで、美しい画像を一枚!
ヘップバーンみたいな人だ。。

ただ、美しい姿を写し取るというより、何か、絵にしたい。。そんな気持ちからちょっと苦しんで描いてみました。

満足しない。。これからの仕事に繋がると思う。
さっとできない不器用さみたいなものが私にはいつもあります。

0 コメント

2019年

11月

28日

つづき、んー

今朝は締め切りギリギリで絵を送り出しました。油彩3点、水彩4点、オマケの自画像もどき。。
隙間で野菜スープ作って、洗濯した。

教室が午後からあって、正直、皆さんの素直に絵に向かわれている姿とその絵にやられてしまった。絵描きさんはどっち?
私が勉強になってる。。もっと素直に描かなくちゃ。。。描かなくちゃ。。

私のはマァマァ描ける人の絵になってないか?

と反省。
仕上げる時にはこれ!これでいい!と思っているのですが、ダメだぞ、先に進まないと。どこへ行きたい?

昨日から娘の横顔を描いてみています。
似てきたけど。。んーーー
これを進めるときっと私としては面白くない絵になる。いつもの通り。
ん、一回壊します。

今日、教室で「どこかいらないところを消して終わるくらいがいい」といったのは私。
そうすると、「こわいのよねー」とバンバン描く人がつぶやいた。
「なんであなたともあろうお人が怖いなんてことがあるの」と申しましたが。。

あーわかる。同じだわ。。やっぱり怖いか。。
どこをどう壊す?
消したい、明日消そ。。
画像は部分。電気の色の関係で黄色っぽい。明日は。。そういえば人物画でした。明後日もだった。
あら、じゃ描けない。寝かしておきます。

明日、明後日素敵なモデルさんでした!バリバリ描いてきます。

2019年

11月

27日

3点仕上げて次。。

3点なんとか仕上がりました。
すぐに次の絵が描きたくなって始めました。もう少し若いな。。もっとモチモチのツルツルです。。ちゃんと描けるといいけど。さて、どうなることか。。 

いつも、3号とか、4号くらいで描くのですが、これは6号。少し顔が大きく描けるのでいつもより少していねいな仕事になりそうです。
肖像性もいつもより大事にします。ただ、背景に思うところがあり、そこは細かい仕事ではダメなので、それとのバランスをとります。

ふんわりと大人びてきた娘を表現できればと思います。
とにかく、やってみます!
0 コメント

2019年

11月

26日

仕上げ!

個展の最中にもうひとつ、新たな発表の場をもらえることになりました。
2.3月号の巻頭ギャラリーの後の4.5月号。テーマは桜。。。
桜って難しいのですが、引き受けた。

まだ、その前に仕上げる作品がいくつかあって夜も制作です。
ちと、寝不足かも。眠くなかったので夜の間にお弁当の準備ほとんどして遅くなってしまいました。
おかげで今朝は楽だった。
玄米の入ったご飯、かぼちゃのサラダ、きんぴらごぼう、お肉の下準備。今朝は卵焼きしてお肉焼いただけです。

朝ごはんは昨日の鍋にお餅。楽チンでした。
上の絵は「ヴァッロ ディ ネーラ」という山の中にある街。少しピンクがかった大理石で作られたこの街は本当に美しくて、この街を設計して作った人は、楽しかったんじゃないかしら。。街は入り組み、大きな道がしっかりしていて、細い道が迷路のように続きます。散歩が楽しかった。
お昼の前にいただいたプロセッコ、美味しかった。
この絵はイタリアから帰ってすぐ描き始めたのですが、飛び飛びに加筆しながら随分時間がかかりました。2年?かな。

下は一昨日、始めてほとんど仕上がりそうな3号、部分です。昨日頭が長かったから修正。


さて、今日も絵描き頑張ります!
2 コメント

2019年

11月

25日

熱でそう。。

絵描きの日常、戻ってきました。
昨日は夜のように暗かったので、電気をつけて、今日もお昼過ぎたら何やらお天気が変。
とても暗くなってきました。

それでも、昨日今日と絵を描きました。
あー。。しかし少し体調が、やはり疲れているのかな?
熱が出そうな予感。

大人の熱ってとてもしんどい。子供の頃は熱が出てもフワフワするだけで元気でした。
大人になると悪寒、ゾクゾク、で何とも言えない気分。。
熱出さないようにしないと明日は日にちを変更してもらっている教室が!よく食べて、よく寝よう。

今日の画像はさっき描き始めたばかりの小さな絵です。少し頭が長い。直そう。。
しあわせな室内の風景です。
こういうのはとても描いていて幸せ。
そういえば、フェルメールのこの絵をグリザイユ グレイズで模写したことがありました。
学生の頃。今日、娘描いてて、思い出した。
持ち帰ってないけどあの絵はどこに行ったんだろう。

0 コメント

2019年

11月

24日

絵描きの日常戻りました。

濃い12日間の個展が終わりました!
お越し下さった皆さんとの出会い、再会あり、ゆっくり見てくださいました。励みになりました。心より感謝。ありがとうございました。

風邪をひいて休んでいた娘でしたが「長い!キツかった!」と一声!元気ですがな。。でも、やっぱりキツかったろう。。
今日は美味しい野菜スープ作りました。

また描きます!今回の個展は、欲張って不透明水彩の魅力を伝える機会にもしたくて会場で描いて、見にきてくださる方が多く、スタッフの皆さんには色々とご迷惑やお手数をおかけしましたが、私にとってはひと味もふた味も違った特別の会期となりました。見においでくださった方にはやはり特別に感じてくださってお声かけたくさんいただきました。
お茶飲む間もないくらいでした!

とても励みとなり、次への力をいただけたように思っています。

早速、帰りまして、今日仕上げにかかったのは描き始めて、途中になっていた絵。
なんとかなるかな。。画像は部分です。こんなのがたくさんある。。どこから手をつけよう。
どれも描きたいです。
新しく50号も、小さいものもすぐに描き始めます。
もう前を見ていくしかありません。

お越し下さった方にはほんとうに感謝です。改めまして、ありがとうございました。
0 コメント

2019年

11月

21日

うわ、失敗

おはようございます!
個展、残すところ今日と明日になりました。

うわ、失敗!と書きました(^^)
昨日のデモのことです。ここにはアップできないほど、ひどいこと。。でした。
来ていただいたたくさんの方々の前で、いや失敗、失敗。
描いて行って、途中でどうも気に入らなくて修正をどんどんして行っているうちに時間切れ。
こういうのが日常。。
ま、モタモタも見ていただくのもいいか。
羽倉先生が来てくださっていて「安心したわ」と言われました。え?もしかして見ていらした?
もっとズバッと描いてできていくんだろうと思った。と。。やっぱり、見ていらっしゃった。。(汗)
そうなんです。

クロッキーなんかと同じで私の絵は何枚もたくさん描いて行ってできていくうちのほんの一部が仕上がるところまでいく。
たくさん失敗します。
自分でやっててもよくわかりました。
こういう日常を過ごしてます。
そうやっていくうちに成功する確率が少しずつ上がっていくような気がします。

会場で描いた絵のうち、そのまま見ていただけるものは1つだけか?みたいな。
少し手直しして、2点か3点。
あとはモタモタしすぎて多分ダメですね。

帰って少し挑戦するかもしれません。

さて、今日もがんばろ。昨日は一水会の会友の小針さんの個展に午前中立ち寄りました。八重洲でやってらしたので。
足がまだもう少しなのであまり歩かない方がいいから遠出、無理は禁物。
でもなぁ。。マネ、見たかったわ。
今朝は日展、少し見てこようかしら。。

娘は風邪ひきまして、お休み中。もう直ぐ帰ります。お土産買えるかな?
あ、昨日は水彩2点、と油彩のバラの小さいのがお嫁に行きました。感謝。。励みになりました。
よかった。。少しだけホッとしています。

あと2日、頑張ります。
今日アップした絵は

『映画に行く日の朝』 6号 油彩です。

2019年

11月

21日

印象派かな?

個展も後3日になりました。
不透明水彩の10点を含め、2年ぶりの銀座での発表もあと少し。
今日も会場で絵を描きます。
画像は3年前に行った北海道の短い夏の日。。この頃娘は今より幼さがうんとありました。
日差しがとても強かったのを覚えています。書き方は印象派のように感じたものをそのまま素直に描いています。
一度、一水会の選抜展に出品した作品です。『日差し』8号油彩です。

個展に心を込めて描いた30数点の作品を出していますが、なかなかお嫁には行ってはくれないことは正直なところ悩みのタネ。(どうやってこれから画家をやっていく?)
今は消費税も上がって絵が大好きな人も絵を購入となるとなかなかです。いや、絵の力が足らない。。もっとしっかりした絵を描こう!!そう思う今です。
そんな中でも、ピンときた絵を持ってくださる方があって、本当に感謝!!激励してくださっているよう。。絵具が買えます。

絵描きは今の時代、厳しい。
画廊も厳しくどんどんなくなっていて取り上げる作家の内容も変わっていっています。私たちのようなある意味古くからのルーツを大事にしている絵描きたちは生き残ることが難しいですね。でも、私はこれからも正直に感動を描き続けたい。
ここ数年で海外からやってくる画材の価格が跳ね上がってしまいました。。異常だ。。それに消費税はアップで大打撃です。紙一枚が何百円もする。。キャンバスなんてまるで家具ぐらい高い。絵描きにとってお米とか水みたいなものだから上げないでほしい!!絵描きたちの叫びが聞こえます。
描くのを控えることも、画材の質を落とすことも発表の場を諦めることもしたくないですね。これから先、絵描きたちの描く画材やキャンバスの質が落ちることもあるのだろうな。。

ちょっぴり泣き言漏れました。すみません。ブログは日記ですから正直に。

なんとか頑張りたいと思います!
見てくださる方がたくさんあって、絵を描く人もたくさんいます。
これは励みとなります。一番幸せな個展会期中、楽しもうと思います!

娘がモデルの絵がたくさん並んでいる会場で改めて眺めていますと娘の成長が見え、描いた時の情景、感動が思い出されます。そして、これから先に描くだろう絵の構想が湧いてきて、楽し!
これからは少し大人になってきている娘をテーマに描いてみることができそう。
時々残って見えるあどけなさもあと少し描けるかな。。
帰ったらすぐ、描きたいと思います!

2019年

11月

20日

サプライズ

個展も残すところ後3日となりました。
今日は予定していなかったのですがまた、絵を描きました。
たくさんの方が来てくださり、感激でした。

最後まで気がつかなかったのですが、、
なんとその中に小野月世さん再び。。
私にとりましてはもちろん、みなさんにとって本当にサプライズな1日になりました。
画像はデモの後、日頃絵を描くときに気をつけているところ、それあってうまくできた作品を例にとって解説するところでしたが、、
皆さんの後ろに小野さんがいてビックリ!「もー!いつからいたんですか?」緊張しながらの一場面です。

その後、皆さんが去られてから私の絵具とパレット、筆を使って小野さんが私を描いてくださいました!
私も小野さんをスケッチ。

なんとも。。
絵描きとして面白い1日となり、これだけでもとても濃かった。。
1 コメント

2019年

11月

19日

個展も後、4日

2年ぶりの銀座での個展も後4日になりました!
ご要望あって予定していなかったのですが今日水曜日もお昼過ぎから(バラの花かな?)を描いてみることになりました。
デモは木曜と最終日の土曜日、午後2時からです。
不透明水彩と透明水彩は使い方が違います。来てくださる方がだんだんと増えてその時間はとても多くの方が会場に…
中には何度も来てくださる人も。。
興味津々で見てくださいます。

透明なら水彩紙の白を残しておかなくてはいけないところを適当でいいし、間違えても上から直せるので目から鱗のようです。

展示してある私の水彩は全てガッシュ(不透明水彩)です。画材についても簡単に解説します。

お近くにお越しの際は、お気軽にお越しくださいね。
私はお昼過ぎから5時ごろまで在廊いたします。
0 コメント

2019年

11月

19日

一水会 大阪巡回展始まります!

一水会展が大阪に巡回しています。
大阪市立美術館にて24日までです。
私の作品も、今回は展示されています。
西滝直人さんの隣に…。

お時間がありましたらご高覧ください。
0 コメント

2019年

11月

18日

宿題

個展もあと半分となりました。
ギャラリー一枚の繪での個展は3回目。
縁があって発表の場をいただきもう8年くらいになります。

この前から月刊誌から隔月誌になった「一枚の繪」にもずっとよく載せていただいていてお陰様で多くの方に知っていただけるようになりました。
今朝は来年の「一枚の繪」に巻頭ギャラリーへの掲載も。そこに小さな自画像がいるのですが。。宿で描いてみました。
簡単な、スケッチ。すみません、若いな。。

絵をずっと描いていたら画家らしくなるのでしょうか。。
シワが増えて、白髪になった頃にはそうなっていたいと思います。

2 コメント

2019年

11月

15日

充実してます。

5日目が終わり、昨日、6日目、会場でお花を描きました。
最後の画像が昨日描いたもの。

たくさんの方が来てくださり、色々な出会いもありました。

昨日はギャラリー銀座で開催中の村上豊さんの猫ちゃんたちを拝見!
こんなに描ける人って世の中には他にいないのではないか?と魔法を見るような感じでした。大胆な筆さばきなのに実は細かいところまで楽しい。
そして。。銀座で一杯。
絵の話で盛り上がりました。

一昨日も、近くのギャラリーを三ヶ所回りました。
寺久保文宣先生の作品は好きで柳画廊に出品されていたあの作品は。。素晴らしかった!

まだ足は少し痛いのですが、毎日皆さんに来ていただき、いろんな出会いがあります。
本当にありがたいことです。
折り返しとなりました。
今日は一水会の仲間、池田竜太郎さん、賢子さんご夫妻の大きな展覧会に行ってみたいと思います。埼玉県の呼友館という素敵なギャラリー。
以前行った時は吉崎道治先生、そして、さきやあきら先生ご夫妻の展覧会でした。
ちと、遠いけど、拝見してきます。

0 コメント

2019年

11月

13日

個展4日目です。

今朝は文章がなくて、更新してしまいました。
書いたはずでしたが、反映されていませんでした。。
実は、昨日小野月世さんがお忙しい中、いらしてくださりたまたま、少しお時間があったようでむちゃくちゃ絵の話をひさびさにできました。面白かったです。
彼女と私は同い年。同じ年頃の娘もあってそういうところの話もあい、またお若い頃から一線でやってきた彼女の目線は絵描きとして本当に興味深く刺激となりました。
とても有意義な時間でした。

月世さんがこの絵、好き!と言ってくれた薔薇。描いている本人以上にどうして成功しているか解説もしてくださってその瞬間からなんだか、自分でもとてもうまくいっているような気がしてうれしくなりました。もう一度アップしてみます。
もう一点は千曲川の春を描いたもの。これも会場で見ていてうまくいっていると思える作品です。
今日、この絵を「懐かしいな。。」と言われながら見てくださる80代の男性がありました。うれしかった。
4日目、デモはお花、と思ったけどやめて、ギャラリーの雰囲気を描きました。
また、アップするかも。
次の土曜も描きます。明日も。。お花が頂けたので、描くかもしれません。。
2 コメント

2019年

11月

12日

山本佳子展 2日目です。

個展の初日が終わりました。

大勢の皆さんが絶え間なくお越し下さり、座っている間がありませんでした。
ブログを見てお越し下さった方も多くて、群馬、栃木、埼玉。。
ありがたいことです。

群馬からご友人を誘ってきてくださった方に
「ガッシュで風景を描いてみると良いのではないかな。」
と、アドバイスいただき、そういえばまだガッシュでしっかり風景を描いてない。
これは個展が終わったらやってみようと思うところです。

お花を1時間ほどでしたがガッシュで描きました。
いつもの感じ。
2回目は木曜の午後。
ギャラリーの雰囲気もいいので、それ描いてもいいなぁ。。
色々とやってみたいことが思い浮かびます。
私の使っている画材の紹介もしています。
特徴や使い方、お伝えできれば幸いです。

お時間が合いましたらお立ち寄りください。


2019年

11月

10日

一水会展 巡回展

第81回 一水会展が以下の予定で巡回致します。お近くの方はご高覧いただければ幸いです。

大阪展

金沢展

名古屋展

今回は私の作品も巡回します。とてもうれしいです。

また、本日11月11日から個展を開催致します。あわせましてどうぞよろしくお願いします。

山本佳子展ー絵描きの日常ー

銀座ギャラリー一枚の繪にて23日土曜日まで

会期中、会場で月、木、土曜日の午後2時からガッシュ(不透明水彩)で絵を描きます。
いつも使っている手軽で優しく、魅力ある画材、不透明水彩を身近に感じていただきたく思います。

お気軽にお立ち寄りください。

0 コメント

2019年

11月

08日

ボキッ

昨日、やっとの事で個展に出品する全ての作品を送ることができました。

実は一昨日2つの事件が!

1つは娘が登校中のこと、メールが来ました。「お母さん!定期がない。。」
え???どうしたの?と聞くと出した覚えがないのにいつも入れている場所に定期券電車とバス2つとも入っていないというのです。
帰って探すというけどいやいや、待てよ、それ、落としたんじゃない?
という話になり前の日の電車かも。。ということで、岡山駅の落し物を扱う場所に問い合わせました。
宇野駅にあった!
それですぐ取りに行くと、なんと、バスの定期だけしかない。でも、3万円以上するし、更新したばかりだったのでよかったー!。。。で?電車の定期は?届いてませんでした。
バスよりうんと高いのに!!

そして帰りは学校までお迎えの予定にしてなんとなく気持ちが落ち着かないまま、作品を梱包する準備をしておりました。
なかなかの仕事量。お迎えまでに終わらせたいわ。。
で、2階のアトリエから運び出していたのですが不注意でほんの5センチほどの段差で足をひねってしまいました。

ボキッ。。(音がした。。)
あ!!!痛!やってしまった!
これは軽い感じでは済まないわ。。とイヤーな予感。
しばらくアトリエの玄関で足首を押さえて後悔、後悔。。。
あとのこと、考えました。
はー。。個展が。個展が。。ギブスとかカッコ悪い。。あー。。どうしよう。運転は無理。
とりあえず娘に帰りに駅で再発行の手続きしてくるように言いました。


そうすると、なんとICカードだと紛失したらそちらを止めて再発行できるのですが、磁気の定期は無理なのだそう。。不条理なことです。ガーンです。

仕方ない。でも諦めきれずもう一度、忘れ物で届いていないか問い合わせ。あった!

なんと、福山駅にありました。救われました。
こっちはなんとかよかった。
神様!

で、足はまだ痛いです。ぴょこぴょこしか歩けません。
困ったわ。。

と、2つの事件でした。
私も娘もドジです。。なんとか月曜までには歩けるようにならないと。。
昨日は額装に痛かったけど運転して画材屋さんまで行きました。足首、腫れて内出血あり。。はー。。もう一つ何か起こる?2度あることはというから

何か、無理やり起こすかな。。おじいちゃんが昔、そういう時にコップをひとつ割った。それを思い出しました。
人生綱渡り。。そんな毎日。。。

20キロ以上になる作品をまとめて箱に詰めたいくつかの箱。足がこうだと車に積み込むことさえ無理。田舎から母が来てくれました。お陰でヤマトまで1回で済んだ。74歳の母、力持ち、恐るべし。
感謝感謝でした。
2 コメント

2019年

11月

05日

何か、見つかりそう

ユリと梨を描いていて、この絵は、一旦筆が止まって普通の絵になってしまっていました。
全く面白くなくなってしまった。
6号なんだけど、本当にがっかりする。

この絵を置いて後ろ髪を引かれ、日展のための上京をしていました。
もう個展は目の前なのに他にも、8号も、そして15号も、その他数点はサインがまだ入っていないという危機的状況…。

これ、マズい…(*_*)

ギャラリーさんはギリギリまで待ってくれていて、明日送ることになっています。

昨日他の絵はずいぶん仕上がって、静物の4号は後サインだけ。
8号と6号、そして15号もなんとかなってサインが入りました。あ、10号もできたのでした。

あとは、この6号を仕上げて、2点ほど額装を画材屋さんに頼まなくちゃ。

個展の仕事としてはその他に10点の作品についてコメントを書くことくらい。

実は、、、

まだ困った宿題があるんです。
紙面の依頼。5点は時期が重なる、15日締め切り。これはキツいです。

どーしよう(o_o)

15日といえばもう個展会期中なのでした。
誰が描くの?、、、です。

ということは描いて送ってから出かけないといけないってことなんです。
これはもっと危機的状況なんです。この作品の提出は来年の巻頭ギャラリーのためのもの。来年なのに今締め切り。
大きめの作品も必要、縦のものと横のもの。
それに後3点で合計5点です。
なんとかなるのか?

はーーーーー。。。。。
これについては金曜日と、日曜日が勝負です。
あれとこれとを仕上げようかしら。。途中のはたくさんあるんですが、エネルギーが必要。倒れそうです。

とりあえず、このユリの絵が昨晩、何か良い方へ動いたような気がしています。
面白くなかったのでバサッと崩して、ほぼやりなおし。
そこに見えてくるものがあって、これは日頃ガッシュで知らず知らずのうちについてきた力なのかもしれません。
水彩ではうまく行くものも油彩になると途端に動かしにくくなるところがありました。
昨日、そこの部分でもがいていたら

あら?できたか?

となりました。画像はその部分です。
こういうこと(切羽詰まってしまうこと)が必要なんですね。絵を描くのはこういうこと。。と改めて思いました。最後が良くないと絵は死んでしまう。仕上げに喜びと幸福感が絵描き自身が感じられないとそれは満足のいく絵ではありません。
何か出てきて、お!できたか?とならないと、、

この絵、そしてもう1点に今日サインを入れ、全てを梱包します。
個展、あー作品だけ送ればいいのでもなく私も行くのでした。準備まだ全然できてない。。
相変わらず、ギリギリの綱渡りです。

個展中、ガッシュで絵を描きます。どんどん修正する描き方をします。お時間の都合が合いましたら、お気軽においでください。

ひさびさに、泣き言を書きました。。





1 コメント

2019年

11月

02日

今年の日展

2019年、改組新第6回日展が始まっています。
行ってまいりました。

今年展示していただいているのは洋画の最後の展示室。
この展示室は見に来てくださった方に余韻を持って帰っていただくために良い作品を持っていくものだと聞きました。
反省点もありましたが、先輩、先生方からいろいろアドバイスもいただくことができて良い上京でした。

会場ではたくさんお声かけをいただき、ずっと描いていると、必ず見てくださっている人がいるんだなぁ。。。とも感じました。

11日から12日間23日まで銀座で個展です。
同じく大事な発表の機会です。

がんばります!!
2 コメント

2019年

11月

02日

今年の日展

0 コメント

2019年

10月

30日

風景、難しい!

個展に出品させてもらう風景画を描いています。

あの強烈な印象のイタリア。モノーポリの夕暮れは建物が美しく黄金に輝いて、人々は夜中まで歌い。。

難し!!!

画像は15号の部分です。
やら、なんとかなった。あの光景が蘇ります。
もう1つ、これも同じ絵の、小さな部分です。この黄色の船が今日、決まったので跡を合わせることができました。

あー、もう少しある。何点か触りたい絵がそこにあるのですが、今日はここまでかなぁ。。

11月1日から日展が始まります。
銀座ギャラリー一枚の繪で私の個展があります。11日、月曜から23日までです。
会期中、会場で月、木、土とガッシュで午後絵を描きます。

普段どおり、うまくいくときもあれば行かないときもあるかと思いますが、不透明水彩の描き方の一例として、やってみますのでお時間が合いましたらお気軽においでください。

0 コメント

2019年

10月

26日

難しいから

今日は人物画の教室でした。


皆さんと描いた小さなスケッチ。学生さんに帽子をかぶってもらうと、思った以上になんだか素敵です。

よく似合っていて、いつもと違う絵が皆さん、それぞれ描けたのではないかと思いました。

顔が影に入るのでそれがまた雰囲気があったように思います。はっきり見えないところははっきり描かないことができたら。。
よかった。

このところ、こういうスケッチが少なく。。いや、そうでもない。他の仕事がスカッととうまくいかないことが増えたんだと思います。
なんだか悶々とする時もある今日この頃。

 

今日のスケッチはうまくいきました。スカッとしたような気がします。

モデルのTさんに感謝です。
  

個展への出品作品も仕上げのタイムリミットが押し迫っていて、それでもこのくらいでいいやとは思えるわけもなく、相当のストレス。

こんな時なのに教室帰りに、多分今日しか行けないので熊谷守一展を見てきました。ほんの30分ほどでした。
チラッと彼の言葉を読んだ。「放っておいてくれ」

何か、思うところがありました。また、本を読んでみたいと思います。
絵については、下塗りをした乾いた板に生の気の利いた色の絵具で一気に描いたんだろうな。
そして、その構図を下塗りまで綺麗にこそげてその線で決めてある。
1つの様式を確立していて、なるほどと思いました。
これもありなんだ。。すご〜い!

もう疲れてしまって、夕ご飯はセブンイレブンのおでんになりました。久しぶり。

その後、夜も制作。
わかったことがあります。
絵描きはなぜバラを描くか。

難しいから。。

1 コメント

2019年

10月

24日

来月、個展です。

今日は2度目の更新。
個展のお知らせをさせて下さい。

11月11日(月)から23日(日)まで、銀座ギャラリー一枚の繪で個展を開催させていただきます。

一枚の繪では3回目の個展になります。
油彩、水彩など35点ほどを出品予定です。
日展と重なっていて、日展は15日は日展の日で入場無料ですね!
あわせて見て頂ければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

私の中で今回の個展はいくらか絵描きとして考えたり、苦労したりした絵が含まれるかも…と。
案内状に載せてしまった絵も、これをなぜ描いて敢えてDMに大きく載せてしまったか、描き始めはとても真剣で怖いような表情でしたが、DMにすると決まって絵の中の自分はそのために気を使っているようにも見えます。

日展と一水会展の今年の絵のエスキースもあまり触らないで出品予定。
12号と10号。

仕上がれば風景の20号も出したい。
最近の絵も頑張って仕上げます。
いや、本当に今年は大変な年でした。

ちょっと眠れないような時は作家本人が書いたもの読んだり、次の日のお弁当のおかずを準備したりして過ごしました。

前回の芳名録をまとめたりもしました。

絵が描けなくても、アトリエで何かはやってた。。
お陰で夏の間の電気代がひどいことに。。
アトリエで過ごす時間が圧倒的に増えました。4倍かな?
多分今年からはずっとこうでしょう。

雨が降っていて暗かったけれど、午後から少し明るくなってきました。



0 コメント

2019年

10月

24日

雨が続いてます。

雨が昨夜から激しく降っていて、今日は止むという予報なのだけど、外は真っ暗。

最近、教室で描いた絵をアップしてみます。夏の制作シーズンの疲れもあってヘロヘロの力の抜けたスケッチ。
オレンジと黄色のガーベラの絵は少し回復しているのかな。

個展の絵も仕上げに向かっていますがなかなか大変です。そういえば前回の一枚の繪での個展の時もご案内状に入れる一水会のエスキースの絵を仕上げる時、大雨で真っ暗でした。とても困ったのでしっかり覚えています。あの絵は自然光で描きたかったのだけど締め切りがあったのでアトリエの蛍光灯、20個全部つけてなんとか明るくして頑張った。でも仕上げは確か暗い中で描き上げたように記憶しています。

暗い中、仕上げに向かって良い絵と、そぐわないものとがあります。とりあえず、この暗さの中電気の光でも制作OKのものを描いています。
リストは今日中にはなんとかしたい。
出品予定のものを35点ほど選んで。。でも、来月提出の5点もあるので、40か。。さて…どれをどっちにするか??

昨日は教室の帰りに2つ展覧会を拝見しました。地元岡山は絵を描く人が多く、皆さん楽しんで頑張っていらっしゃいます。刺激を受けて帰りました。
描こう!とアトリエに入ったら、思い出して先ず、どうしてもの二通のお手紙を書きました。昨日も二通。これもどうしてもの二通でした。後は。。書きたいけど絵描き義理欠き。。

今日は絵に集中したい。とにかく雨は止んでほしい!(台風の被害にあったところで洗い流したほうがいいところだけ降ってくれないかなぁ。。)

ご案内状も書かなくては!ですが今回のDMの絵はなんとも。。アトリエで絵を描いている夜中の鏡の中の自分。自分というか、アトリエで何か思っていたあの時の鏡の中の私らしき人。
あー、お知らせしにくい。。恥ずかしい。。
ここでも、日展に出かける前に…そのうちご案内申し上げます。
2 コメント

2019年

10月

22日

日展と個展と。。

今年も日展に入選しました!

ホッとしています。
発表が近くなるとドキドキして落ち着かないので絵が描きにくくなります。それが取れたので描きます!
今年は来月に個展を控えていて、たくさん仕上がってない絵があるのですが、リストに上げていくと、なかなか絞りきれず、どれを仕上げようか。。と。
仕上げも、さっとできる場合と仕上げのつもりで取り掛かっても仕上げの段階でない仕事を重ねてしまう時があります。
これは絵描きの正直な仕事であってこうでなくちゃいけないのですけど気がつけば間に合ってない。
今日こそは!です。リストはもう仕上げないと。
昨日は地元の教室の人が50歳のお祝いと一水会、日展とのお祝いを兼ね、バーベキューをしてくれました。
お肉、海鮮、参加できない人から届いた自作のマスカット!
美味しかったです!!こんな経験は久しぶりで忘れていた感覚を思い出しました。
リフレッシュしたので、バリバリ頑張ります!
0 コメント

2019年

10月

17日

忘れてた。。

あ。。そうだった。
忘れてたから面白くないんだ。

一昨日、気に入らなくて潰した絵。
なんだ。。はたと思い出した。

表現は完全に自由なんだった。それを忘れていた。
自分が面白いと思う方向へ、進めていけばいい。どんな時も。
それを忘れてものに引っ張られ、ものの説明になるから面白くなくなる。
そんな当たり前のこと、今思い出した。
潰した絵は、サッと仕上がらない類の絵になっていくけど、こうすれば少し動き出す。
動いてなくちゃ。。
揺れてなくては面白くない。
潰して正解。画像は揺れている最中の絵の部分です。

なんてモタモタしてるんだろう。。
絵描き(私)らしくていいや。

6 コメント

2019年

10月

16日

千曲川の春

千曲川が台風で大変なことになっています。
一昨年の春の遅い時期に千曲川の河原を案内してもらって画友と一緒に描いたんです。
思わず安否確認をしました。
よかった、彼女もご高齢のご両親も無事とのこと。
今日、2枚花を描いた後、千曲川のスケッチを元に油彩を描きました、来年、美しい春の河原になっていることを願うばかり。。
自然の力ってすごいものだなぁ。。なんとかならないのかなぁ。。
被害が相当出ていて、心配なことです。1日も早く、復旧しますように。

いろいろ思うところがあるけど私は描くしかない。
描くしか能がない。
描きます。

今日はこのほかに人物を1枚潰し。。風景を進めた。

買い物に行ったらイワシの新鮮なのがあった!キラキラと鮮やかに輝いています。
むむ!これは。。刺身!
あと残ったのは酢締めにします。昆布も買ってきました。
あーお料理好きなんだけどなぁ。。時間がかかることはなかなかできません。
でも、気晴らしになるんです。お買い物、お料理、洗濯、洗い物!包丁研ぎでさえ。。

心穏やかなら、そのやりくりはとてもスムーズです。
よし、休憩!イワシ、捌くぞ!
4 コメント

2019年

10月

13日

年末のチャリティー

個展前だというのに、なかなかのスケジュールです。
一昨日、地元の新聞社からお電話。

あ!コロッと忘れてた!
歳末たすけあい美術展への出品。。
まだ間に合うからということでした。
さて、何を出そう。

と、周りを見渡して10年以上前、娘がやっとモデルをしてくれるようになった頃、スケッチのように小さな油彩を描きかけていたものがありました。

でも、顔がない。今、描きました。
今回はこれを出させてもらうことにしました。

午前中は搬出があって日通さんへ。。
午後は地元の洋画展の展示。私は事務局で総会まであります。昨日は印刷に夜中までかかりました。
うまく行くといいけど。
人前で喋るのは実に苦手です。。。

地元の洋画展には100名以上参加されます。絵が好きな人が多い玉野市です。大事にしたい。
明日からは、絶対集中します!

好きな絵は描けているのだけど、なにせ、細切れの時間しかなくて、仕上げができてないものが後回しになっています。
仕上げには気持ちと時間とどちらも必要です。
明日、明日からはその時間と気持ちを作って描けそう。頑張ろう。


0 コメント

2019年

10月

11日

半世紀

画像は昨日描き始めた絵。

12日、50歳になります。半世紀だなぁ。
考えてみると、その半分以上は絵を描いています。その前半はゆったりしていましたが今は結構ハード。確実に自分の仕事はぼんやりと何をやっているかわからないところからは抜けて、やりがいのある仕事になりました。
「絵描きという仕事は、答えの出る(確か、例に出されたのはノーベル賞を取れるような仕事)と違い、いつまでやっても同じところをぐるぐると堂々巡りをしているような仕事。」とある先生が挨拶されたのを思い出しました。
私たち絵描きの仕事はなかなか大変だけど誇りのもてる仕事だと思っています。
美術、芸術は。。人の心に寄り添うもの、ゆとりのない現代こそ、必ず寄り添う。
これまで続けてきた仕事の時間の折り返し地点あたりだとすれば、もうしばらくは深く追求しつつ頑張れそうです。
親しみをもって見てくれている人々がいます。とにかく、大好きな仕事です。
続けていける環境に、また応援してくださっている人に心より感謝しています。
これに寄って力を得て絵を描くことができています。
ここ「絵描きの日常」に立ち寄ってくださっている皆様、いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。
嬉々として続けていきます!
2 コメント

2019年

10月

09日

曽宮一念さん

曽宮一念という人の絵に出会ったのは、そんなに前ではなくて銀座の至峰堂画廊が先だったか、日動画廊が先だったか、感激したのを覚えています。

 

久しぶりにネットで画像を見ていたら、名古屋の佐橋美術店のブログに行きつきました。とっても好みが合うと思える画廊。いつか伺いたいと思っています。

 

曽宮一念さんの富士山と雲の絵が載っていました。。。素敵だなあ。

曽宮さんの言葉が書かれていて、これがまた、なんともまさに絵描きの言葉だ。。と感動しました。自分も日ごろ同じようなことを思っています。

 

佐橋美術店のHPより、以下引用させていただいてメモしておきます。

                  ↓↓↓

 

曽宮にとって雲はもっとも重要な題材でした。

 

「固く動かない山と柔らかくて変わり続ける雲とが結びついての美しさであろうと思う。

 

特に単純な形の富士では雲の必要を美しさの上に感じる」

 

  これは曽宮自身の言葉です。

 

絵と詩、音楽、小説などもそういうものはきっと同じような思考と感覚を持って生まれていくのではないか。。。

構成はしかし文学的なものというよりかは理論的で、感覚であったとしても理系の考え方に基づくものかもしれません。

そう考えている頭は全く感覚的なものですが、きっと突き詰めていけば感覚もまた理論的なものだろうとも思うのです。

 

右脳と左脳はつながっていますからね。

 

さて、今日も描きます。

 

 

0 コメント

2019年

10月

08日

絵描きの日常に戻った。

そうだ、絵描きの日常に戻ったわ。

そう今思いました。

毎年そう、10月の今頃からしばらくは絵を描ける。好きな絵を好きなように。

 

大作はそれはそれで大仕事で映画を撮ったり、小説を書き上げたり、オーケストラで演奏されるような曲を完成させたりするみたいな仕事。長い時間と集中力と体力、精神力がいる仕事。

それ、終わって…オフの期間。詩を書いたり、鼻歌を歌ったり、らくがきしたり、そんな感覚で小さな絵を描ける時間が来た。うれしい。

 

とはいっても、地元の洋画部の事務局の仕事がすぐ明日に迫っていて、総会の資料をそろえて、会員名簿の確認して、洋画展の段取りをしておかないといけません。午前中にやってしまおう。

 

すぐ次の発表の場も決まっていてすぐに迫ってきてはいるのですが、ほんのしばしの間、好きな絵を描けます。ワクワクします。

画像は大作の一部。こうしてみると風景ですね。

 

昨日はあまりに毎日のことに追われているので、娘に「お弁当たまには作らないでいい日作って。毎日5時起きで大変だから。」と愚痴ってしまい、反省。

今朝は鮭、ほうれん草のソテー、卵焼き、カボチャサラダ、後はこれは出来合いのお豆。

ちゃんと作りました。

 

娘も忙しそう。。。お弁当持って、1時間半毎日電車通。帰りもまた1時間半。作ってやらにゃ。。。と思います。

本当に課題も多く大変そう。きちんとやらないと気が済まない性格なので毎日4時に起きて頑張っています。それでもできないらしい‥。まあ、そんなに器用でないとしても、これだけやってれば、身についていくものはあるでしょう。。。。

先日Tシャツに書かれていた英語の意味を教えてくれて、おお、と思う。

英語読めるのかね?いつの間に?

 

次の4年間は夢のような自分の時間。これは私もそうでした。

確かに高校生の時は忙しいばかり。(娘は青春を謳歌しています!)

この夏、彼女は私の進んだ大学を私よりしっかりした目標をもって選びました。まさかな…と思いましたが、「灯台下暗し」でした。

自分の時間を手に入れるために頑張ってほしいです。

 

 

2 コメント

2019年

10月

07日

秋の夜長…

ここ何年かで1年のサイクルは何となく決まってきました。

骨組みのようなもの。

そこに枝ができたり、葉がついたりで、結構なスケジュールの中、絵は何とか描いていけていることに感謝。

 

今年も大作のシーズンが昨日でやっと終わって、次…です。

今日描き始めたのは4号の娘の絵。

おとなしい雰囲気の絵ですが、描いてみたいと思っていた絵です。

服は濃い色でしたが、キャンバス地がそのままの今の感じがいい。少し変えるかな。絵は作るもの…

 

今日は朝、地元の洋画展の準備で看板の発注や、買い物や郵便局への用事でなんだか出っぱなし。

ひと段落したら、午後3時。え~・・・描いてない!

 

水彩を仕上げようかと思ったけど、この絵を描きたくなって、ちょこっと描いただけでもう、暗くなりかけていました。

…秋です。もう10月だもの。

 

ひとつでもその日に絵を描くことができたら、それがこの絵のように描き始めでも、安心します。

 

秋の夜長…一番今欲するもの、「眠ること」を楽しみます。

0 コメント

2019年

10月

06日

日展の制作、終わり!

今年の夏から秋にかけての大作のシーズンが終わりました。
今朝、彩美堂さんが予定より少し早く来られて、まだ二階のアトリエにあった100号の額装済みの絵を火事場の馬鹿力で降ろして渡し、大きなトラックを見送りました。
瞬間脱力。

お昼ご飯食べたらもの凄い眠気に襲われて30分ほど記憶なし。

お、おや?今何時?
あ、まだ明るい。
はい!次!

でも油絵を何か仕上げるのはしんどかったし、いただいたカサブランカのよい香りがして、元気付けられます。シャインマスカットと力抜いて水彩を描き始めました。
はースッキリ。いい香り、癒されました。
まだ仕上がってはないのだけど、アップしてみます。
日展の絵はまた、次の機会に。。。

日が落ちるのが早くなってきているのを感じます。もう10月だもの。
なんとか、やった。
今年は昨年大変だと思ったけど、それの何倍もキツかった。
ですが、今年は自分の絵ができたようにも思えます。細かいところも、気をつけたけど、こじんまりとはなっていなくて、一水会の絵の続きで、制作できました。

来月の個展に向けて、仕上げる絵はたくさんあります。気を抜いてしまわないように疲れをとりながらがんばります。
0 コメント

2019年

10月

05日

前の絵より好き

よし、なんとかなった。前描いているどの絵よりもこれがいい。
そう思えました。

日展の絵、完成!

今年が1番、激しかった。
サインをこれから入れます。
明日、朝の集荷。

やるだけのことはやった。
できたと思う。

明日から個展の準備です。

2019年

9月

29日

ガタガタと崩れる。。。

あと少ししか時間がない時、やはり、私の癖が出ます。

「はい!やり直し。」

 

そうか。。。これは私の癖なんです。いまさらながら、ため息が出る。

絵を仕上げる段階でどうにもこれではダメだと気が付きます。

そうすると、問題の場所が見つかって大きく変えたくなる。

バサッと変えたいから変える。

 

最初から出来上がる絵が思い浮かんでいるはずなんだけどその絵を描いていくうちに小さく大人しくまとめてしまう。まとめてしまうと面白くなくなる。思っていたところとズレ始めていることに気がつくというのもあるし、進めていくうちに思っていたところより先に見えたものが出てくる場合もある。

これではダメだと思い始めると、とにかく描き直したくなるんです。目の前にある絵では終われない。

 

今回も。

昨日、今日やっぱり、おとなしくしていられなくて暴れた。そうするとガタガタと崩れ…その直した部分はよく見えても、全体としては描いていないのと同じになってしまいました。本当にやり直しだ。。。がっかりするのと、良かったと思うのと半々。仕上がるのかという不安はドーーーンときます。

 

描き直した部分は全体の主たる部分、面積でいえば5分の1くらいですが、これに合わせて、全体をこれからやり替えます。

いつものこととはいえ、ハードです。なんて不器用な…

 

でも、、、いつものことなんだとやっと気が付きました。工芸作品ではないし、絵なんだから、こういう描き方しかできないこともある、いや、こういうスタイルの絵描きがいてもいいかも。。

さらりとスマートに描くなんて、私にはできなかった。いつも。大作でこういう仕事をしているから、小さい絵が時にさらっとできているのかもしれない。私らしいかも…と気が付いて、覚悟が決まったような気もします。

何とか、これに全体を合わせて、昨年できなかったことをやってみたいと思います。昨年は絵が出ていく2日前にまさに今の状態でした。

今年は、まだ少しマシなほう。

ここから、頑張ります。

 

個展の準備もあるけど、どちらも大事に仕上げていきたいと思います。

今日は絵のない絵日記です。

2 コメント

2019年

9月

26日

正念場

上野公園。見上げるときれいな緑…
上野公園。見上げるときれいな緑…

9月のこの時期、日展の作品の仕上げの時期です。

一水会展と重なることもあり、100号の絵に後ろ髪をひかれつつ数日間東京にいました。
ですが、行ってよかった。
今回は2度目の会員佳作賞をいただくことができ、第1室の入り口に展示していただいていることには感激しました。
(チケットなしでも見ることができる場所でした!)
また、今年初めて開催されている一の会展(銀座ギャラリー一枚の繪  28日まで)とも重なって、会場ではいつも、ここへ訪ねてくださっている方にもお会いすることもでき感激でした!!
絵を描いた日、絵日記のように書いているブログ。絵を描いている方や絵が好きな方がよく見てくださっていて、知り合いに会うようにお声掛けくださいます。初めてお会いしてもホッとします。今回もよかったです。
まだまだ暑い中、お越しくださりありがとうございました!

さて…日展の絵はいよいよ正念場。
大抵の場合、この時期、一旦絵が煮詰まります。
それでこれではダメ、と思い切りよく筆が進むとうまくいくことが多い。これはもう何年も続けてそうなのできっと今年もそうなのです。
いったん煮詰まってぼんやりした絵は覇気が感じられない。一枚描くほどの絵具が動かないと鈍い絵になります。
大作の制作と小品を描くことは全く別。
最初に描きたかったことを迷わないこと。
大きな画面を描き進めると、必ずもたついてきますが、元に引き戻して、画面全体を生き生きと仕上げることができるかどうかにかかっています。
さ、やろう。
今年は11月11日から個展。やはり銀座のギャラリー一枚の繪で開催予定です。その準備、制作も同時進行です。
ここ、正念場!
今日は多分筆が進むと思います。
0 コメント

2019年

9月

19日

秋バラが。

秋バラが咲き出しました。
この時期、一水会展と重なります。
後ろ髪を引かれる数日間ですが、年一度、全国から仲間が集まる上野へ行くのもまた、楽しい。

バラを急ぎ足で描きかけておきます。
アンティークアジサイも描きかけて。。
こちらは絵具の残りをつけただけだけど。

今回の一水会展の絵は、娘が大きな展覧会場を回っている姿を見ていた時、ふと心に残った姿。一瞬でしたが、前後の時間、周りの空間、逆光気味の娘のシルエット、何かとても印象的でした。
大きな画面に小さな少女。この子は美術館にいて、思うように歩き回り、立ち止まり、作品を眺め、その作品に何か感じながら、自分のペースで動いている。

そんなあの時の情景はとても絵にしたかった。
絵として、普通ならこう描くということなどは抜きにして、描きたいように私が感じたものを表現したつもりです。

結果、今、東京都美術館のロビー階、第一展示室に、「展示室」120号をかけていただけているのだと教えていただきました。一水会の先生方の作品が並ぶ第一室へ展示されるなどということは思いもしませんでした。こんなことは初めてです!
とてもうれしいことです。会場に行くのがとても楽しみです。

お時間ありましたら、ぜひ、見てくださるとうれしいです。

さて、もう少し絵描きできるかな?

2019年

9月

18日

明日から一水会展

明日から一水会展が始まります。

上野の東京都美術館で、10月5日までです。
お時間がありましたら、見ていただけるとうれしいです!
私の今年の絵は120号に挑戦しました。
この120号というサイズは100号より長い方が30センチほど長く、細長い形をしています。
今年の絵は、この大きさと形しか、描けない絵を描きました。
審査ではそれをきっと見てくださり、結果はとても良かった。
挑戦して良かったと思います。
作品画像、掲載の時期迷うのですが、ブログを訪ねてくださる方だけに。。

 

ただいま銀座ギャラリー一枚の繪で開催中の「一の会展」は28日までです。

 

「一の会展」はこの度初めての展覧会です。一水会の委員、会員、10名で構成されています。

 

お時間がありましたらお立ち寄りください。
私は娘の絵とたぶん花の絵、それから、みぎのDMの風景画「スケッジーノの小川」6号を出品しています。
おそらく一人3点ほどかかっているのではないかと思います。
こちらもお時間がありましたら、お立ち寄りください。

今日は日展の絵を少し描いて、その後、昨日教室で描いた庭の秋バラを描きました。

1枚目、透明水彩のように水の力を借りて、フワーッと。2枚目は力抜いて、3枚目は遊んで。左から順番になっています。画像はクリックすると拡大します。
娘の体育祭が終わって、土日の振り替え休日でお休みです。
しっかりと食事を作りました。お昼は秋のシャケ!きのこと野菜も一緒に蒸し焼きにしてもりもり食べました。
夜はナスと厚揚げをお肉と生姜炒め!お米は抜き。
でも私はお酒付き。栄養満点です。
疲れも飛んでいくかな?
もう、今日は夜は描きません。
さて、片付けます。
2 コメント

2019年

9月

14日

今年の制作

今年の一水会展、出品作について審査発表がありました。

私の作品は会員佳作賞!
いただくことができました。

本当にうれしいです。
一水会は写実を追求する作家たちの集まりですが、画像のような方針、信条のもと、皆、本気で絵を描いています。これが示されたことで安心して絵が描けるような気がします。今回は特に背中を押されたように思います。

ホッとしています。

次、日展も山場。
頑張ります。
2 コメント

2019年

9月

12日

間も無く第81回 一水会展が始まります。

今年も一水会展が東京都美術館で始まります。会期は9月19日から10月5日までです。画像はパンフレットとご案内ハガキ(部分)です。クリックすると拡大します。

 
会員になってたくさん案内ハガキが一水会から届きます。地方に住んでいますのでご案内しきれません。。
毎年こちらでご案内させていただくのに併せ、メールでお届先をお知らせくださった方に案内ハガキをお送りさせていただいています。
ハガキは1枚で2名分の入場券となります。上の「お知らせ・お問い合わせ・メール」より、お名前とお送り先をメールにてお早めにおしらせください。
このメールは非公開で私のみに届きます。下のコメント欄は公開ですのでここにはご住所など個人情報は書き込まないようご注意ください。
私も懇親会があって上京します。留守中はお届けしにくくなるかもしれません。
今年は銀座、ギャラリー一枚の繪で、一水会メンバー10名による「一の会展」(16日〜27日)が重なります。
24日は銀座に在廊(12時〜4時頃まで)予定です。
会場に案内ハガキ(入場券)をおいていただきます。こちらもお尋ねください。
一水会と両方にお出かけの際は銀座に先に来てくださり、会場に案内ハガキが残っておりましたらお持ちください。
 
 
2 コメント

2019年

9月

11日

夜の仕事も。。

モンテ サンタンジェロ M6号
モンテ サンタンジェロ M6号
夜中にも絵を描くようになったのだけど、昼に出来てくる絵とは分けています。

夜の絵はそんな感じになる。

昼描いている絵を夜に持ち越したり、夜の絵を朝描くのはなんとなく違う気がしてそれはしないことに今のところはしています。
今日は日展の絵を進めて、絵具を出し過ぎたから、風景も描きました。描き描けていた小さい方のモンテサンタンジェロ。
大きい方はとても難しかった。
こちらの小さな絵の方が先に描き始めていたのだけど、いつもの大作を描く時のようにエスキースはほっておかれて、大きな絵が出来てから気持ちが残るとこんな感じに最初の感動のメモと、残っていた気持ちとでできることがあります。

明日起きて見てみると、ダメって潰してしまうかも。
ですが、ブログには残しておきます。絵日記ですから。

さて、片付けます。
0 コメント

2019年

9月

10日

絵を描くとき大事にしていること

私が絵を描くとき、特に大事にしたいと思っていることは構図、色の構成、そしてフォルム。
これは、師である吉崎道治先生が時々、言葉少なに繰り返し、教えてくださるところでもあります。

描いている絵に、詩情が出てくるにしても、品格が表れてくるにしても、まずは構図や乗っかっている色のバランスがうまくいっていないと上手く出てはこないものだし、フォルムがちゃんとできてないと落ち着かず、良いものがあっても引っかかって完璧にはならない。

小品については鼻歌のように行けるところがあるけれど、大作の制作となると構成が複雑になりなかなかまとまらない。
オーケストラの奏者がうまく演奏できるように指揮をとらなければいけないのです。

全体を見ながら強めたり、弱めたり、ご機嫌を取りながらやって行く。

そこが絵を描く面白さでもありますが、毎度、骨が折れます。

画像は今年の一水会展に出品予定の120号の部分です。
この絵を描いているとき、私事ですが、精神的、体力的にキツかった。取るに足らないことは言い訳にもならないのですが、気持ちと時間を取られるのはキツい。でも余計に頑張った。
絵を描いているときは生きた心地がして、癒しにもなっているんです。
絵はバランスを取ってくれる存在でもあります。私はこれがなかったら生きてられないわ。

公私ともにやることがたくさんあって、この絵の制作から、朝、昼、晩、と絵描きの時間を3部に分けてどこか抜けてもどこかでは描けるという生活のパターンを作りました。
これはうまくいっていて、これからずっとこれでいけるような気がしています。

今、日展の制作が山場。
個展の小品も少し大きなものは大作の制作に近いので大変ですが、自分が好きなこと。
絵を描くことができるということは、本当に幸せなことです。
今日も、描きます!!


5 コメント

2019年

9月

06日

森本さんも。

3号 油彩 描画中(1回目)
3号 油彩 描画中(1回目)
先日の話、岡山の天満屋美術画廊で森本秀樹さんの個展がありました。
素晴らしかった!!

ずっとこの方の絵がいいなぁと思っていたのですが、岡山では初めてまとまって拝見できました。
ちょうど森本さんが会場にいらしていて、少しお話を伺うことが出来ました。
感激でした。

制作をどのようにされているかもちらっと。その中に夜までやはり描いておいでで、10時からご褒美に少し飲みに行くんだとか。
楽しそう。。。宇和島に住む彼には素晴らしい作家仲間があるみたいです。そんな仲間と度々、一緒にいたら、、それはいい作品もできるエネルギーが湧いてくるに決まってます。

私もがんばろ。。

という私も最近は夜も制作。
昼描くことの方が私の仕事にはあっているのですが、描きたいものが多すぎて、また、昼間に時間を十分取れないこともあるので時間不足。昼の2、3時間では足りません。
最近は2部、3部構成で朝、昼、晩、時間をうまく使えるようになってきました。
画像は昨日の夜の仕事。
仕上げはお昼にします!

さて、今日は人物画研究会。
毎日、毎日、途切れることなく好きな絵を描いていきます。
0 コメント

2019年

9月

05日

一の会展 16日から

一の会展が今年から銀座ギャラリー一枚の繪で開催されることになりました。「一の会」は、一水会の「一」と一枚の繪の「一」が開催するということからついた展覧会名。

案内状ができて送られてまいりました。この場を借りましてお知らせとご案内をいたします。上の案内状はクリックすると拡大します。

 

会期は16日から28日までです。銀座ギャラリー一枚の繪での企画展はほとんど2週間くらいあって、ゆっくりと余裕をもってお越しいただける展覧会になっています。お時間がありましたら、ぜひ立ち寄りください。

落ち着いて絵を鑑賞できる静かなギャラリーです。

 

出品者は初回は以下、

池田清明、池田誠史、伊藤尚尋、梅村徹、久保博孝、才村啓、田辺知治、土田佳代子、松下久信、山本佳子の10名の作家。

ひとり、3点ほど展示されるようです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

一水会の会期も近付いてまいりました。

一水会は本展は19日より10月の5日まで東京都美術館で開催されます。

銀座での「一の会展」と重なりますのでよろしければお出かけの際、どちらも見ていただければ幸いです。

一水会本展については次回のブログでお知らせとご案内をいたします。

 

今日は朝から夏に戻ったかのような暑さ。

庭に水やりをしたら、ふらつくような猛暑でした。蚊に刺されるし。。。

負けずに、絵を描きたいと思います。

 

皆さんも夏の疲れを出されませんように。

 

 

 

2 コメント

2019年

9月

01日

9月です。。

もう、9月です。

早い。。
秋の気配が感じられます。ひんやりした朝の空気。
そよそよと風が吹き、蝉の声が聞こえなくなって虫たちのやさしい声に変わりました。

一水会の絵が完成して出ていきました。
岡山からは一人増えて今年8名。
私の関係も含め、他府県の人も加えると10名。
公募展は審査があって、一水会は数年前までは非常に厳しくてなかなか乳腺が難しい上、会友になるにも入賞がなければ15回の入選が必要でした。
ここ数年、そういう厳しさは時代に合わせ折り合いをつけてきました。
しかし、相変わらず実力派の人が会の信条に賛同して挑戦し、手応えのある評価をされる会でもあります。

今年、一水会の作品を出す時、昨年の絵の木枠に「文部科学大臣賞候補作品」とありました!
むむ、あの作品つまり昨年の審査の折、前の年に候補になった作品は注目され、それをみてくださるんだろうな。と思いました。

昨年は丁度一水会の仕上げの時期、お姑さんが危篤で本当に大変でした。130号を描いていたものをどうにもならなくなって120号に切って、張替え、額もつけることができなくて心残りがあったのを強く思い出します。それで、逃した、とは思いませんが、神様が多分「まだまだですよ。」と言われたんだろうな。
選ばれるようになったら、そのレベルをさらに上げないといけない。一水会を盛り上げなければいけない、と思います。

今年も、同じ時期、色々とあって大変でした。でも、作品は大事に仕上げることができました。
よかった。

これから1ヶ月は日展の制作です。昨日から途中になっていた作品をまた描き始めました。スムーズに形はできた。あとは「色、フォルム、空間」に確かさと、緊張感、密度が出てくれば上手くいくのではないか、と思います。今年は、大作2点とも、全く気負いみたいなものはなく、自然に描けています。描きたい絵だから、のびのびできてる。

今年はこのまま11月の個展まで落ち着いて行こう。。きっと自分の描きたい絵がはっきりと見えたところで日展の作品も送り出せる。
そう感じています。



0 コメント

2019年

8月

29日

うれしいことあった

大山合宿中、猛暑にも雨にも負けず制作中の娘の50号。
大山合宿中、猛暑にも雨にも負けず制作中の娘の50号。
娘が突然、絵を描き始めました。
美術部にも入り、8月になって合宿にも3泊4日で参加して、その後、現場で描いた50号を仕上げて県展に出してみたら、入った!!
こんなうれしいと感じることがあるのだなぁ。。17歳になったばかり。
じわりと彼女にも嬉しさがこみ上げてくるだろう。。私が県展に初出品したのは20歳の頃。
うんと早いスタート。私が絵の道を進んでいるので、こちらの道へ誘うこともあえてしていなかったので、不思議。

今朝は気分がいいです。
今日は私の絵も所属団体の一水会へ出品の為、家を出ていきます。
1つアトリエから大きな絵が出て行く。
シーズンは半分終わり。

あとは日展の作品に集中です。娘のことはエネルギーになる。。。
大作の制作と並行して秋の個展の準備。
頑張ろう。自分の言いたいことがどれだけ言えるか、今年はしっかりやってみるつもりです。

4 コメント

2019年

8月

26日

元年の夏も。。

令和となって初めての夏が過ぎていきます。
朝、寒!という日が久々にあり、秋がやってくる感じがいよいよしてきました。

私のこの時期は所属の美術公募団体である一水会への出品作が仕上げの時期であります。もうかれこれ、30年近くこの8月、9月は同じサイクルで夏の制作シーズンの大詰めの時期なのです。
一水会の作品が出て行くと描きかけている日展の作品に集中します。

今年は主人が定年退職して私生活の環境がガラリと変わった年でもありましたが、なんとか乗り切りつつあります。
絵を描くことにはプラスにしかならないと決め込んで進んできました。

うん、今、できつつある一水会の出品作を見るとなかなか面白い。自分でもいいな。。と思っています。30日には出ていきます。最後の仕上げ。頑張ろう!

上の絵は土曜日に人物画の教室でみなさんと描いたスケッチ。
モデルさんはかわいい私の後輩!
よく頑張ってます!この人はモデルすると、ほんとうにいい形でポーズが決まります。感覚がいいんだろうな。。
この方の絵にもいいものがあります。楽しみな若い人。
0 コメント

2019年

8月

23日

たくさん

カフェ 4号 油彩(サイン前)
カフェ 4号 油彩(サイン前)
たくさん描いてます。
ここのところ、とても色々とあって気持ちが下を向く?ような時もあります。
少し体調も変だったり、夜遅くまで仕事したり、主婦したり。

でも描いています。たくさん!
今日は描けないかもと思っても、描き始めるとなんだか上手く行ったりする。

とにかく筆を持て!です。
これは、9月に企画されている一水会の人たちが参加、出品するグループ展に出そうと思っている作品。

スケッジーノ(イタリア)に滞在した時、ここは絵にするのが難しいけど、なんて綺麗なんだろ。。と眺め半日、でゆっくりとした場所です。
アヒルが数羽、元気が良くてずっとガーガーとおしゃべりしていました。
そのほかの音は小川が静かに流れる音。
梅花藻?がたくさんあって、水がとびっきり澄んでいて素敵なところでした。
3 コメント

2019年

8月

17日

できた。。

個展のDMの絵、完成!かも。。
夜中に仕上げた。

これはこれ、明日見てみて、よければこのまま完成とします。

今日は…というか、ここ数日格闘した。
ここには今、アップしませんが出来たら個展の前にアップしたいと思います。

午後の教室は力抜いて、人物画研究会に参加してきました。うまくいきました。
その絵をアップして、今日はもう限界…休みます。
とても素敵な人でした!
2 コメント

2019年

8月

12日

夜のアトリエ

最近変わったことがあります。
主人が退職して、良い意味で自分の仕事への時間の持ち方が変わりました。

時間を大事に使うようになったように思います。
朝は必ず早起き!
家の家事を一通り済ませ、できるだけ朝のうちに昼ごはんの支度も済ませておく!
途中で気持ちが切れてしまうといけないのでそうしています。
お昼は挟まない。良い時間に好きに休憩はします。
そして、夕方までアトリエにこもる。

夕方の1時間か、2時間、家のことをして、直ぐまたアトリエ。
絵を描けない時もあるけど、絵の並んだ場所にいることで何か、絵を描く人であることを自覚させられます。そして、時にはうんと悩んだり、落ち込んで泣けてくることもあります。画像はそんな日の「魔が差した時の私」とでも言いましょうか…ブログにだけは素直に書こう。画像もあげてみます。もう少し描くかも。。ですが、これここで終わっても良いような気もします。
結構、よく表しているようでもあり。。ただ、夜はお酒が入っていまして、明日になったらなんじゃろ!これ!となるかも。ただ、多分酔いが冷めても思うのは、キャンバスを塗って埋めるのが絵を描くことではない、と言うこと。これは正しい。今日、お庭のバラの剪定、追肥、から始まり、お墓掃除もした!
よく眠ることにします。
おやすみなさい。
4 コメント

2019年

8月

11日

毎年

0 コメント

2019年

8月

10日

ピサの斜塔みたい

ピサの斜塔みたいです。
これ、紫玉ねぎ。おもしろいなー。。もうずっとほったらかしにしてたんですが、ふと見たら、こんなになってました。

暑いのになかなか、生きている植物は生命力あります。じゃがいもだって、さつまいもだって、芽を出して。。すごい!


今日は人物画の教室でした。モデルは思い切って声をかけたフラダンスをされている方。

素敵でした!私も皆さんと描かせてもらいました。4号のガッシュです。
0 コメント

2019年

8月

09日

搬入前の癖

やってしまってから、気が付く。

そういえば私は搬入が近付いてくると…絵を全部描き直してしまうことが癖なのでした。

 

今回もそうでした。。。やってしまった。

 

県展は昨年と一昨年出しませんでした。どうしても大作2点との折り合いがつかなくて出さなかったのですが、出そうと思えば出せる絵はないことはなかったのですがその時に描いていた絵とずいぶん離れていたから出せませんでした。昔の絵を出しているような気がして。

 

今年もそういう意味ではちょっと無理をしています。

で、新しく描こうと思っていたけどそれはやはりどうしても無理で、今年描いた絵を少し描き加えて出そうと決めました。

そのまま出せないことはなかったのだけど気持ちがそれではいけない。

それで何とかしたいと悩み、、、120号と100号を放っておいてもう一度、考えた。

悩んで考えて、で、今日になってばっさり。あ~!!!

 

はー…なんてこと。

 

いいです。。。これで。何とか、折り合いはついたんじゃないか。

自分の絵が一番見えない。特に搬入前は何か魔法にかかったみたいになって見えなくなるような気もします。

 

今年の県展はとにかくここでやめて、そのまま見ていただきます。

勢いはある。切り替えて、もう次に行きます。今の仕事の楽しいこと。

 

前を向いて、次!!です。

 

0 コメント

2019年

8月

08日

暑い夏の教室

暑い!
灼熱の太陽がギラギラと私たちを見ています。
私たちはその太陽を見ることなどできない。。暑すぎてちょっと日向を歩くだけでどこを歩いているのか分からぬくらいです。
そんな中、遠くから教室に出かけて来られる方々がいます。

エネルギーいっぱい、負けていないなぁ、皆さん、と思いながら私も一緒にひまわり描きました。
んー、上手くいかない!
0 コメント

2019年

8月

04日

私の絵…

個展が今年の秋、あります。 
少しテーマを持たせてみたいと思い只今、冒険中。

私のやりたいこと、少し見えてきた。

それは線と色の構成。
少しやりかけてみていることを個展のたびに何点か入れてみたい。

大きな制作とは少し違っているけど、私は私。人物は娘ばかりではなく、裸婦のモデルさん、日頃描いている学生さんや若い人、色々。
その人物を「その人」と言うより、その時、感じて感動したものそれを描いてみています。花も、バラなら「バラ」と言うより、その時感じたニュアンスみたいなものを描けたら。。と。
うまくいくかどうかわからないけどやってみます。

画像は部分です。
今日は、これらを仕上げました。
3点とも、個展前で、まだ動くかもしれませんので部分をここへ、載せてみます。

0 コメント

2019年

8月

04日

娘の絵

5年前の娘の絵、久しぶりに見たけど子どもの描く絵、面白いですね。

変化があり、思い切った構図、色。そして線。

ピカソが、いや彼だけではなく面白く見えるのではないかと思います。
んー、感心する。

今日、娘は高校の美術部の夏合宿から帰ってくるのですが楽しみです。

私も大きい方の絵、これから本番ですが頑張ろう。
何が描きたいの?どうしたいの?自分の絵はどうまとめれば面白いんだろ。。大作は、ここが故意にまとめられなければ、バラバラの要素だけの多い、ピンボケした絵になります。

スケッチや、日頃描く小さな絵は短時間で感動を描くのでまとまりやすい。
でも、大きな絵は時間がかかり、その分迷いが出ます。描くたびにああでもないこうでもないとやってしまいがち。

一枚の絵なのだから、表現はまとまっていないと何が言いたいのかわからなくなります。
つまり、歌を歌うのに一曲だけでなく、クラシックとジャズと演歌を同時に演奏して歌っちゃダメなんです。
何を表現したかったのか、まとめないと。。

さて!今日も暑いけどクーラーつけて、時々換気扇入れて頑張ろう!
こんを詰めて描き出すと締め切ったまま換気扇を忘れて気管がやられます。特に暑い時は油彩を描く方は気をつけて下さい。

朝ごはん、たっぷりとりました!
よし!やるぞ!!

0 コメント

2019年

8月

03日

娘、現場で描く。。

バラの剪定を早朝少し。草、ボーボー!あまりすると手がダメになるので30分だけ!これ、蚊取り線香を折ってそれが終わったらタイムリミット(^^)

こうしないとずっと続けたくなるんです。いくら早朝でもこの季節、汗がワーーーーっと出ますね。でも、気持ちいい。蜂が出たのでちょうど蚊取り線香終わる頃、退散となりました。

さ、絵を描こう!
娘は夏合宿で鳥取の大山に3泊4日で絵を描きに行ってます!
暑かろー。。。でも楽しくやっているようです。昨夜は冷やし飴、花火も楽しんだよう。。
水彩も描いて送ってきました。
この暑い中、咲いていた夏のバラと上げてみます。娘の絵は4号。なかなかかわいい。。💕
2 コメント

2019年

8月

01日

トルコキキョウ

8月になりました!暑いです。。普通の暑さではない、本当に猛暑。

小さなスズメ、煮えてしまう。。
そんな暑さです。  

ブログ、少し間が空いたのは頑張っているけどなかなか大変な制作最中であるから。。
頑張ります!!

今日の教室は暑すぎるので涼やかな色味のトルコキキョウ。桃、緑のナス、そして暑さの似合う夏の花、ヒマワリ。

私は1番気温が下がりそうな色味のモチーフを描かせてもらいました。
0 コメント

2019年

7月

26日

昨日の教室で桃、描きました。

カルチャー教室は私が20代半ばから公務員していた期間を除いてずっと続いています。

昨日はなんと、マンツーマンでした。
ご家族のことなどで来られなくなった方が重なり、また、昨日は珍しく風邪引かれてお休みされた方もあって…

この教室は背景にある色が良くてモチーフのに合う。ただのロッカーやドアの色なんですけどいい中間色。
もう少しお仲間が増えるといいのにな、と思っています。
広くて快適で、ここで一緒に描かせていただいた絵は成功率が高い!
皆さんの絵もここでできてくる絵はとてもいい。

そんなことで昨日も今日もさらりと描いたものがなかなか爽やかに描けたので上げてみます。8月の山陽新聞の山陽歌壇の頁にもこれを使っていただくことにしました。

私方、大作のシーズン真っ只中です。毎年、制作中の絵はブログにはこの時期上げられないのですが、9月の一水会の絵は一通り絵具が乗ったところです。
今日は晴れ!もう一通り!
夕方から娘と久し振りに映画を観に行きます。
気分は制作に向いてしまっていますが、とても評判の「アラジン」実写版。
娘に誘われ。。少し頑張って娘に引っ張られて行ってみます。


2 コメント

2019年

7月

22日

手鏡とリップも。

映画に行く日の朝 P6 油彩
映画に行く日の朝 P6 油彩

昨日は、120号を少し進めて、少し時間があったので桃を卓上に並べ、色々と構図を試した後、途中になっていた絵を描きました。

これは。。ほぼ仕上がり?
どうするか、考えています。今のままでもいいのですが。。
先日、勢いよく描き始めて、手鏡と口紅(色付きリップクリーム)は描くのを我慢しました。
それらを描くのは乾いてからの方が上手くいくと思ったから。
乾いていたので昨日そこを描き、さて。。背景の処理。。
これで終わった方が正解に近いようにも思います。しばらく時間を置いてみます。
娘のちょっとおしゃれをして出かける時のワクワクして真剣な様子は表せたように思います。もうこの時間は2度とないでしょう。描くことができてよかったと思っています。
2 コメント

2019年

7月

21日

一票!

朝から買い物に行くお店のお向かいにある投票所へ行ってきました。

以前は選挙ってうまくコントロールされていて行っても変わらないもの。。と思っていましたが、「有権者は寝ててくれたらいい」と元首相が発言した頃から必ず行くようにしています。
「沈黙は共謀者」ともどこかで読みました。これはいかんな。。意志だけはちゃんと示さねば。。と。
数日続いた教室と用事でクタクタでしたが最後の締めに昨日は地元の人物画研究会の年1度のイベントである「裸婦を描く」会があり行ってまいりました。
広くお声をかけることはできなかったけど新しい方も参加されて結構人数も集まって盛り上がりました!
この間、高砂市の木澤平通先生のガッシュの教室へ伺ったのですが、なんと昨日予告なしの飛び入りで木澤先生がこの裸婦の会へ来られました!
まービックリ!
私は突然のことで緊張してウロウロしてしまいましたが彼は何かを確かに自分のものにされたようでした。
いつもの風景とは違う「絵」を描かれました。
皆さんもクロッキー8ポーズ、固定5ポーズ!
その間にクロッキーでは線が引けるようになられてそのことも上手く響いて午後の固定ポーズの絵も生き生きと描かれていました。うれしい時間となりました。
たくさん描いて本当に良かった!
また、機会を持てればと思っています。
今日は久々のお休み。ということは120号の続きをします!桃も描きたい。
いただいたグラジオラスも!!
感動一杯。描いていればいつの間にか疲れも忘れてしまいました。
 
0 コメント

2019年

7月

18日

教室の方々が。。

私の教室は地元岡山の玉野で絵画教室、人物画研究会と、岡山の天満屋教室で不透明水彩と人物画、それに天神山文化プラザでミカンの会があります。

その全ての教室の方々が。。最近すごい。目指すところはすべて自分が何をどう描きたいかを追求してもらっているのですが、とても変化してきています。
最近それを感じていて素晴らしいなぁと思います。
時には紹介したいですね。
今日はもう4年かな?大阪より遠路通われている方があります。
素敵でしたのでご紹介します。下の絵、描きはじめと仕上がり。

教室の方に刺激をいただいています!
みなさん嬉々として描いていらっしゃいます!!
そんな皆さんとは、なんだか、教室に来られているのだけど、もう画友さんのようであり、絵について話をしても良く理解されて同じような悩みをもって、そして目標も持って進んでいて教室も楽しいです。私はもっぱら、モチーフ係、モデルさんのお世話役みたいな立場。

大事な絵描きの日常の一環です。
どんどん描いていっていただきたいです。

昨夜、120号を一気に進めました。
とはいえ、何せ面積が大きいのでまだ一通り絵具がついたというだけ。
私もどんどん描いていきたいと思います。
2 コメント

2019年

7月

16日

映画に行く日の朝

今日2度目の更新です。
最近、娘が少し色のついたリップをつけます。。。
マニキュアも!派手ではないですが。。
んー、お年頃。今年の春頃から…まだ早かろ?と思いますが、我らの時代とは違うらしい。
大きなキャンバスを乾かしているので少し前の姿、今日描き始めました。
肝心のリップや手鏡は乾いてから描きます。
今は慣れてメイクもときどきしています。
楽しみなような、不安なような。。。
「映画に行く日の朝」6号(描き始め)
2 コメント

2019年

7月

15日

不透明水彩の教室に参加してきました。

兵庫の木澤平通先生の教室にお邪魔してきました。

とても刺激を受けて帰りました。充実した1日でした。
午前10時半ごろ到着の予定が、少し遅くなって木澤先生はてきぱきと段取りを合わせてくださり、一枚描いて見せていただきました。
私を運んでくださったFさん、もう一方、Nさんとともにおじゃましたのですが。。。
まるで魔法のような透明水彩の制作過程を拝見して、画像を撮ることも忘れ、3人そろって口をポカンと開けてガン見。。。。出るのはため息ばかり。。。
魔法がかかったまま。。。
午後のガッシュの教室に移り…参加させていただきました。
教室の皆さんの熱心なこと素晴らしい。。私の教室も同じですがほんとに皆さん気持ちがよいですね。
少し前からガッシュをなぜ使うかというところに賛同いただいてお声掛けをいただいておりました。
本当に楽しい一日でした。
一人でも多くの方が、不透明水彩の特徴をうまく使い、今使われている画材と併せて使うことにより相互にとてもよい影響があることを体験され、目的である「自分の絵を描けるようになる」ところまでできるだけ早く到達していただきたいと願います。
絵を描くということは本当はそこから…なのですから。
そういうこともちらっとお伝え出来たこと、そういう機会をくださった、心の広い、本当に絵を大好きな木澤平通先生に感謝したいと思います。
とてもチャーミングでそれでいて、本気の絵描きである人でした。
一緒に行った岡山のおふたりにも良い体験だったと思います。
運転手のFさん、本当にお疲れさまでした。お世話になりありがとうございました。
0 コメント

2019年

7月

14日

久びりにクロッキー

昨日は今年の後期の人物画教室「一緒に描こう!人物画」(天満屋教室)の初回でした。

いつも、初めの回はクロッキーから始まります。

 

今回は教員もしながら彫刻も絵も頑張っている二十代のUさんがモデルをしてくれました。

10ポーズ、すべて10分。

 

私は雑用がちょっとあって、最初の2ポーズは一緒に描けませんでしたが、8枚描きました。画像はうまくいかなかったのも含め、描いた順番にアップしてみました。画像の上でクリックすると大きくなります。

…皆さん無我夢中。うまくなってます。すごく上達している。

 

やはり、モデルをちゃんと見て描くことは大事です。

 

私も最近バタバタとても忙しくて、クロッキーは久しぶりでした。この教室でのこの時間がとても忘れ物を見つけたような時間になり、ほっと一息付けました。

 

元気が出ます。そういう時間があって、制作にもつながる気持ちを作ってくれます。クロッキーは絵を描く時に大事な感覚を呼び戻してくれるし、引き出しもしてくれます。

本当は飽きるほどしなくてはいけません。いや、飽きる一歩手前がいい。

 

なんとなく描くようになっては面白くないので、久しぶり…でいいのかもしれません。その10枚20枚描く間も、本当は紙を変え、描く道具を変え、例えば、色の紙に描くとか、墨と筆を使ってみるとか、影から始めるとか、足から描くとか、いろいろとやってみたほうが楽しいですね。

 

今度は筆で描いてみたいと思います。

 

この教室は今期、8月まであと2人ほど募集しています。人物が描いてみたい方は山陽新聞カルチャープラザ 天満屋教室までお問い合わせください。

(電話番号 086-231-7701)

2 コメント

2019年

7月

12日

120号と…

120号と50号のキャンバスを張りました。

ブログの途中で、更新ができなくなっていました。
失礼しました。
この後、100号も張って下塗りも終わりました。
さて!!!
ちょっとスタートが遅いですがどんどん描いていきたいと思います。
今年は3点、夏から秋にかけての制作のシーズン中、大きな絵を描くつもりです。
0 コメント

2019年

7月

07日

平成最後の日展巡回展は岡山!

昨日から岡山に日展が巡回しています。

なんと19年ぶり。
東京、京都だけだった日展が1948年に岡山に初めて来ました。
戦後間もなくのまだ焼跡も残る苦しい時代、大変だったはずですが日本人の心は豊かですね。西に日展が来るということで大変な反響があり、当時の天満屋が会場となって岡山駅からは結構な距離があったにもかかわらず、数珠つなぎの行列で会期中、23万人の入場者でした。東京展を上回ったそうです。。

見る方も飢えていたんでしょうが、それにしても素晴らしい事業を岡山はやった。
その背景には私たちの先輩である作家の努力があったのです。作品を制作し続けていた。唸ります。。

現在、岡山では院展が毎年天満屋でお正月に開催され長くなり定着しましたが日展も実は素晴らしかったんです。

日展の巡回展は今回10回目。
28日まで3週間。
県立美術館で洋画と彫刻、お隣の天神山文化プラザで日本画、書、工芸の5部門全てが展覧されています。

当時より地元とともにあった山陽新聞社の140周年の記念事業となって実現されました。山陽新聞社は日展よりもうんと歴史は長い。
力をいただき本当にありがたいことです。

お近くの方、東京まで行かなくては見えない作品がたくさん来ています。
できるだけ多くご来場をいただけることを祈っています。

お時間がありましたらどうぞ見てください。
岡山は、岡山城や後楽園、倉敷美観地区の大原美術館など見所は満載です!果物も美味しい岡山!ぜひどうぞ!!

平成最後の日展巡回展、6会場のトリは岡山です。

よろしくお願いいたします。
0 コメント

2019年

7月

06日

日展 19年ぶりに日展!

2019年

7月

03日

今年の紫陽花

今年の紫陽花。我が家にはたくさんの紫陽花があって、まず、まぁるい形の青い紫陽花が咲きます。そのあと、ガクアジサイが咲き、7月に入ると満開でそろそろ終わり。

今日の教室にも持っていこうと思いますが、今年は最後でしょうか。
最近まではこの花は梅雨の時期のものという印象の花でした。
ですが、紫陽花も最近では他の洋花と組み合わせてアレンジされたものも出回り、季節を問わずフラワーショップで見かけるようになりました。
きゅうりやナス、ピーマン、トマトは夏のものであった時代は終わった。
季節を感じることは大切ですが、いつでも食べられるし、花もいつでも季節を問わず描くことができます。
ありがたい時代。
庭の紫陽花は終わりますがまた、描きたい時には描こうと思います。
さて、昨日突如決まったことなのですが、今月15日、加古川に行きます。
というのは最近Facebookで知り合った木澤平通さんという方がありまして、この方は素晴らしい風景画を透明水彩で描かれる方。
毎日夜明けとともに現場で構え、朝の美しい時間に写生をされている方です。
その人が私のガッシュに興味を持ってくださいました。
確かに透明水彩は技術がいる。それには練習だ!!と荒行ともいえるようなご自身の日々の絵描きに加え、水彩の好きな人を集めて度々レッスンをこなしていらっしゃいます。
木澤さんは私がいつも申し上げている「透明水彩をやっている方も、不透明水彩(ガッシュ)で練習したほうが上達が早いはず」というところに目を付けられました。
そこで、不透明水彩をみんなに広めましょう!という話になってきています。
この方はやることが早い。あっという間に兵庫のあたりで月に何度もガッシュのレッスンの日を準備されています。
これは、行かなきゃ…
です。ちょっと見学、いや、一緒に描こうかな。というつもりで行って参ります。
15日は室内でお花を描くようです。楽しみです。
4 コメント

2019年

7月

01日

さきやあきら先生の個展本日まで

さきやあきら先生の個展が日本橋三越本展の画廊で開催されています。

さきや先生は一水会で尊敬する先輩です。
制作に向かう姿勢には平伏すしかありません。

じっと見ていると絵を見ているというより自分が大きなエネルギーの中にいることを感じる。
なかなか、そんな絵には会えません。

今日までです。
ご都合が合いましたらぜひ、1点をじーーーっとゆっくり観てみて下さい。

例えば画像の卵の入った鳥の巣の絵。

ある時、きっと、親鳥が鷹にやられたか何かでいなくなり、カラカラになった卵の入った鳥の巣を見つけ、それを大事に持って帰って描いたそうです。

この絵には言葉も出ません。
3 コメント

2019年

6月

28日

冷静ではない

今日のつぶやき。

ガッシュの描き方や、絵のこと全般、私が伝えたいことってなんだろう。と考える今日この頃。

透明水彩ですごく達者な天才的な技術が載った本を目にします。
ウルトラCだなぁ。。凄すぎ!
でも、私にとってはその技法書見る時、「冷静すぎる。。」と感じます。

私はそんな冷静に絵は描けない。
私の水彩も油もモタモタするか、自分が知らないうちにどうやって描いたか思い出せないかで筆を置いてしまう、どちらかのことが多いのです。
感激の最中に制作は進み、我に返った時に絵は失敗してるか、成功してるか。
モタモタする時は修正の後に全く別の作品のようになっていくものもあります。
あっという間にできるような時はどうやって描いたかわからないし。

そんな絵の描き方を日頃していてるんです。やっぱり本にするのってなかなか難しい…と思えてきます。

ただ、それでも、お伝えできることは何か絵を描くことの大事なことである気がして、なんとか形にしたい。

多分、例えば風景をそのまま描いても美しい場所を描いたらそのままな雰囲気に描けるんだけど冷静に計画通り、すーっと進むと私にとってはそれは絵ではなくてイラストか何かのようで制作、というよりは製作に近くなります。この前も、感動したのはこれではないと思ったからすーっと仕上がりそうになったものを潰した。
私は、そのまま引き写すような描き方に必要な技術については鍛えては来なかった。それを使いこなして日頃の絵を描くわけではないからで、私にとってはそれがむしろ、邪魔であったり、回り道になったりするんです。

まだ多分ですがデッサンや素描をすればできるとは思います。それはそれ。やはりデッサンも今描いて面白く思うポイントは上手に描けたというところにはないように思います。
日頃の絵を描くために捨てていること、置いておくことの方が多いとも感じます。

毎回、その絵を描くために慣れた技法で埋めていくようなことはしたことはなく初めての感動を始めての描き方で描くようなつもりで臨んでいる方が楽しい。

鍛えているとすればそういう感覚を持って絵を毎回描くということ。大事にしているところはそこにあります。
だから伝えるのが難しいのですが、油彩にも、不透明水彩にも、自由にできる部分が多くて、絵を描くというところから離れないで画面をどんどん動かせる点にあることが最大の魅力です。
勢いを止めて紙の明るさの形を残す透明水彩ではなく、勢いは全く止めないで残る部分を生かしていく不透明水彩の方が性に合うのです。

さて、何をどう伝えるのか…技術を伝える、気持ちを伝える、別物にならないようにしないと…
なかなか、難しいこと。

4 コメント

2019年

6月

26日

風景も楽しい

風景を今日も数点、描きました。
人物も。

風景は特に色の配置が私にとって面白いところ。
緑の差、これは無数に作れます。
自然界にも無数の緑の変化が。。
楽しんでみたいなぁ。。と思っています。

人物、画像の絵は今日始めた4号です。
モデルさんが休憩していた姿が美しかったので、描かせてもらうことに。

逆光で難しいけれどやってみます。
風景はイタリアのスケッジーノ。とても水が澄んでいて、アヒルが元気でした。

抽象に少しよった絵に仕上がればと思います。

2019年

6月

25日

何日か。。

数日、なんだか気分が乗らず描けない日が続き、そうなると体調も良くなくて悶々としていました。

やっと描いた。昨日の夜、少し水彩でラクガキみたいなことをして、今日もまた描けないかと思ったけど、油彩2点描けました。
1点は位上げ、もう1点は1度ちゃんと描いたけど崩した。
今の方が面白いように思えます。
今日はここでやめとこう。

あーあ、とやってしまった後で思うのですが、ちゃんと描いたのは描いたけどなんとなく面白くなくて崩しました。

崩すのも描いているうちだと思います。
そう考えよう。
これはこれでいいようにも思えます。
この絵は後、丸と線を入れてみたい。
これからまた飲み会です。
この間の絵画展の反省会。
ですが、若い人たちも何人も加わって何人になるんだかわかりません。
絵を日ごろ描いていて、悩みであったり躓きであったり、いろいろみんなあるので、そんなことがワイワイ話せる会です。
さて、元気だそう。行ってきます。
2 コメント

2019年

6月

22日

一緒に描こう!人物画

皆さんと一緒に描かせてもらいました。
この教室は天満屋の近くカルチャー館での「一緒に描こう!人物画」講座です。
皆さん、ほっといても自分でどんどん描いてくれます。
私はモデルさんを見つけて毎回、「一緒に描く」場を準備する人!

今日モデルを務めてくださった女性、とても素敵な方でした!
4号、ガッシュです。
上からの光、色の白い方でしたが、我慢して影に入った顔を描きました。
大抵の人は私も含め、肌の色を肌色に描いてしまう。強い固定観念があるようです。
よく見て、感じて。
影の色があるから美しいということもあります。影の色は自由になる。
目、鼻、口も、影に入ればはっきり見えない。
はっきり全部描いてはいけないなと毎回思う。しかも、大抵ははっきり見ようとすれば見えるので描こうと頑張った後、あ、まずかった、と気がつきます。
今回も描いてしまってから消しました。とほほ。

今日は前期日程の最終回でした。
7月からは後期、最初の回はクロッキーです。若い人がモデルを務めてくれます。その次はフラダンスをしている人がモデル。
後期、あと2、3名空席があります。

一緒に描きませんか?
8月以降は募集を打ち切ります。
ご希望の方は早くお申し込みください。
とっても楽しい有意義な時間となっています。


2 コメント

2019年

6月

19日

昨日今日と描けた。。。

先日の父の日、久しぶりに父の好きなお酒をもって実家に一泊してきました。土曜日が2回続けて登校していた娘が月曜代休で一緒に…

 

久しぶりに父とお酒を飲んで話をして、この年になって、ごちそうをいただいて、たくさん新鮮な野菜もお土産にもらって帰りました。

有難い頑張らなくては…そう思いました。

 

帰り道の道草、10分!

吉井川の河原によって、娘は夢中で四葉のクローバー探し。あった。。結構ある。

リフレッシュになりました。

なんだか、とてもやる気が出て、久々に風景を描き始めました。イタリアのモンテ サンタンジェロの路地は描きたいと思っていた場所です。

車はルパン三世のチンク…フィアット。色違いですね。ルパンのは黄色でした。

小さな車が今でも現役です。

建物や狭い路地を大事にしているイタリアだから納得できます。道を広げたり、車を大きくしたりして建物を壊さない。。

 

そして先日、モデルをしてくださった教室の方の姪っ子さん。この方はプロのモデルさんです。清潔感のあるこの人。清々しく、美しかった。。。

その印象が新鮮なうちに油彩を描けたらと思ってこの前描き始めました。その続き。とっても難しい。美しさをそのまま。。。と思うけどなかなか難しいものです。

 

でも、たくさん描けました。明日はバラを仕上げるつもりです。ん?いや、明日は教室で紫陽花を描こう。ガッシュです!

0 コメント

2019年

6月

15日

遺作展、明日まで

川上一巳先生の遺作展が明日までです。
今朝の新聞の記事をアップします。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

0 コメント

2019年

6月

13日

絵画教室がリニューアルしました。

来月から岡山天満屋教室で油絵教室を始めることになりました!

絵を外で習うのは不透明水彩で事足りると思っていますので今までは不透明水彩だけの教室でした。

ですが、上達されて油彩をしてみたいと思われる人が出てくるのは当然です。実際にそういう方からのお声がありまして。。。

油彩をするとなると水彩とはちょっと勝手が違います。絵を描くこと自体は水彩でも同じようにできるのですが、道具が違うのでいろいろと性質を知る必要が出てきます。

皆さんからのお声があることと、大作を描く方は油彩をされる人が多く、大作の制作中行き詰まることもこれまた多い。そういう時に「ちょっと誰かに聞いてみたい」と思うものです。一緒に考え、前に進めるようにできればと思っています。県展、コンクール、公募展などのための作品もこの油彩の教室で拝見します。

 

1時間半と短めですが、油絵は長時間描くばかりが上達の近道ではありませんので、この短い時間を有効に使って、ポイントを押さえたり、自宅での制作がスムーズに進むようにするための時間として使っていただきたいと思っています。

 

◆楽しい油絵教室A(基礎)第2木曜16時から17時半

【内容】画材やその使い方、油絵の描き方の基本を学びます。対象をよく見て描くことは絵をつくるためのの基本的な力となります。基礎的な力が付くと応用が利くようになります。

 

◆楽しい油絵教室B(中級) 第4木曜16時から17時半

【内容】構図、色の扱い、絵のまとめ方、仕上げ方などある程度、ご自分で絵を描いている方のため時間です。基礎をもとに絵をつくることを楽しみましょう。

 

AとBに分けていますが、とくにその方の経験でどちらかということはなく、第2、第4両方取っていただくのも、基礎をしたい方がBの方に日程的に合うならばそれでもかまいません。構図の相談でAの方を選択されても構いません。

どうしようかと迷ったら、とりあえず3か月からスタートしましょう。

早い方がいいのです。今が一番若い!!!一緒に油彩を描きましょう。

 

不透明水彩教室を同じ日の13時から15時半までやっています。これは変わりないのですが、以下

 

◆水彩画A(不透明水彩)第2木曜 13時~15時半

 

◆水彩画B(不透明水彩)第4木曜 13時~15時半

 

A、Bと別々にしました。これで、月に1度の人も、選択肢が増えます。ご都合のよい方にお越しください。

月2回の受講は今まで通りです。

本音を言いますと、絵を描く上で慣れて自由に描ける状態を維持するためには月2回の教室は必要です。できることなら、月2回教室に来て、間で自分の描きたい絵を描ける時間がある日はできるだけ描くようにされると、手もよく動き、色も好きなように作れるようになってきます。絵具と手を操れるようになるともう、一人で絵が描けます。

そこからが本当の絵を描く楽しさだということもできます。

2時間半で1枚仕上げることができる不透明水彩で描いていくと実力が付きます。不透明水彩は修正がきくということが最大の特徴であり、魅力でもあります。

その特徴を生かして毎回、一枚ずつ絵を描いていきます。不透明水彩はどの画材よりも修正しながら仕上げまで短時間で描いていくことに向いています。

 

絵を描いているけれども行き詰ってしまったとか、透明水彩をしていたけれども、あまりに難しくていやになってしまって、もう筆を持つこともできていないとか、久しぶりに絵を始めたいけれど油彩は道具が大変だなあ…とかそういう皆さんにはきっと楽しく来ていただけると思います。

物を見る力、色を作る力を身に付けたい、純粋に絵を楽しみたい、技法を細かく習うのではなく自分の絵を描きたい。そんな方、お待ちしています。

その他に、第2、第4土曜日の午後に同じ天満屋教室で人物画も開催しています。

 

7月から12月までの講座が現在募集中です。8月を過ぎますと受講人数に満たなくても募集をしません。これはプロのモデルさんをお願いする関係です。

 

 

毎回モデルさんを見て描きます。

◆前期(1月~6月 全10回)

◆後期(7月~12月 全10回)

 いずれも13時~15時半

前期、後期とも1,2回(受講者数による)のプロモデルの日があります。

 

このクラスの受講者募集は若干名です。後期が間もなく始まります。お急ぎください!!

6月22日は前期最後です。ご見学をご希望の方はこの日の2時半から3時半ごろにお越しください。

 

【お問合せ) 山陽新聞カルチャープラザ天満屋教室 ℡086-231-7701

 

 

 

ということで、教室のご案内でした。

 

今週は何かとっても疲れてしまって、今日お昼に久しぶりに10分ほど転寝をしました。からだは軽くなりました。夢を見た。

 

17日までテトラへドロンで開催されている川上一巳先生の遺作個展、新聞の記事が日曜に掲載されるようです。

でもその日曜日の翌日が最終日。。。文化欄に載せてもらうようですが、日曜日か。。。

何とかならないか。。。と思っていたら夢を見た。全県版に掲載をお願いして、明日土曜日に小さな記事が載ることになった夢。もしや正夢?

 

とはっと目が覚めて山陽新聞に可能性があればとお電話してお願いをしてみました。載せていただけたらなあ。。。

川上先生の絵は本当に素晴らしいです。特にスケッチなんて、神業です。

もう表に出ることはないので最後のチャンス。どうぞお時間を作ってお出かけください。

 

なんか、用事と疲れで描けていない、これは不健康です。今日も暗くなってきた。ちょっとだけでも描こう。

0 コメント

2019年

6月

12日

川上一巳先生の遺作展 開催中

川上一巳先生の遺作展が始まりました。

実は人物画で知られる川上先生は人物画より多くの風景画を遺しています。専らの現場主義でした。何十年も通った信州、大山、奈良などの油彩画が並びます。

笠岡のワコーミュージアムでは多くの作品がこれからも見られますが岡山市ではもうこれが最後の発表となります。

スケッチも沢山並んでいます。とても楽しいものがあります。こういうスケッチはもう、今後見ることはかなわないでしょう。
「線が大事」とずっと言われていた先生の鉛筆は走り、自由です。
あんな線は一生、描けない。真似はできません。最後の画像は上高地ですが、サムホールほどの小さなスケッチです。山は山になっていて、風が吹き、池には本当の水があります。スペインのミハスやイタリア、フランス、ギリシャのサントリーニなどでのスケッチは洒落ていて素敵です。小さいけど、絵ってこういうことか。。と改めて、すごいと思います。ため息が出ます。

最後のチャンス。ぜひ見ていただければと思います。17日月曜まで。岡山市、表町のアートスペース  テトラヘドロンにて11時から18時まで開催中。最終日は16時までです。
0 コメント

2019年

6月

07日

絵の基礎は。。

今日、2度目の更新です。
思ったことをメモします。

今日はミカンの会でした。この教室は未完成の絵を持って集まろう、自分の絵を一歩前に進めようという人たちが集まればという思いで立ち上げました。

教室なのですが私も何か、皆さんの気迫によって良い時間を得ています。

今日も久しぶり(1年に一度の参加でもいいので。。)に来られた方が数点制作中の絵を持ってきてくれました。
モチーフはもちろん毎回数点用意するのですが、それを描くより行き詰まったり悩んでいたりする絵を私と一緒に見て何か、前に進む糸口を見つけたいという人が毎回あるのです。そういう場は大事です。深刻でもある。

時間いっぱいやりました。ヘトヘト(^^)

で、私が思ったことがありました。何を思ったか。。

その方の持ってこられた絵を見たのですが
この人が何をしたくて私のところに来ているのか改めて、分かり受け取りました。

彼女は長年油絵をしていて「影」を意識して描いたことがないと言われていました。
影を意識しないと実はモチーフと背景との関係もバラバラになって、空間の中にあるモチーフそのものが見て描くということから外れ、ある意味、とても難しくなるのです。

私は素直に、ものを見て感じて、その対象から受け取った感動を描いてきました。ものをよく見るということを基本にしてきました。その中には影の存在があり、空間があり、モチーフと背景との関係もあった。
それをずっとやってきていました。

今日、それを説明するために彼女が望んだからなのですが、1点手直しをして欲しいと言われ、やってみることにしました。

でも、彼女はモチーフの写真を忘れてきました。
それでも、私は描いてみました。

どちらからの光?
と問い、ならばと。。描いた。教室の方々が周りを囲んで見ていてくれました。私が写真もなしで見ないで描いていくものだから、驚かれている様子でした。
今まで、よく対象を見て描いたのでこっちからモチーフにどう光が当たっていればこちらに影がどうできて、どういう風に背景との関係が成り立っているか、経験上わかっていました。
モチーフを見ないで描くことなどないわけですが、応用力というか、ものをよく見てきたのだな。。ある程度描けてしまうのです。おそらくこう見えるとわかっているからできた。これは自分でも驚きました。

そういうところを私の教室では学んで、自分の絵作りに役にたつ実力をつけていただきたいと思っています。手に入れて欲しい力です。

そんなことで、来月から油彩の教室もスタートします!皆さんの絵が自分にとって描きたかった絵になるようこれからも何かできればと思います。
0 コメント

2019年

6月

07日

不透明水彩、今!!

人生で大きな出来事が起こりそうです。

私が不透明水彩を始めてから30年くらいになりました。
いや、正確に言うと小学校でみんな持った初めての絵具が最初だとするともうかれこれ40年以上になるわけですね。。
ずっとこの絵具で絵を描いてきて、「今だ!」と思うことがあります。
それは、絵を描く人が周りにいて、ほとんどの方々は透明水彩だけを使って水彩画を描いているから。
不透明水彩も使われたらいいのに。
と強く強く思うのです。
水彩は水彩でも全く別のアプローチで絵を描き進めることができるこの不透明水彩の存在をみんな知っているのに、忘れている。先に使い始めた絵具は不透明水彩なのです。やさしいのは不透明水彩の方なんですが、透明水彩だけをなぜみんな最初から使っているの?できれば他の画材で絵を描いている方々はこの絵具をあわせて使うべきなのではないか!?
実は奇跡のような出会いが重なって、ありがたいことに不透明水彩の本が出る可能性が出てきました。
皆さんに不透明水彩の画材を知ってもらい、使い方、魅力、絵の描き進め方など分かりやすくご紹介して、不透明水彩で描くと絵ってこんなにも楽しい、いいえ、本来絵が楽しいと思うのはここにあるというところを思い出していただけたらどんなに素敵か。。
しかも、それが今まで以上に透明水彩や、油彩で絵を描く上で技術の上達、絵を描くこと自体の内容充実に即効性がある。。。
これから、信頼のおける方のお力をお借りしてじっくり内容をまとめていきたいと思います!大きな仕事です。
ん、その前に大きな絵の制作や、個展もありますので張り切って参ります!!
画像は昨日皆さんと描いたモチーフの1つひまわりのメモスケッチ、4号です。
8 コメント

2019年

6月

04日

美しいひとがいた

6号(描き始め)油彩
6号(描き始め)油彩
前に座った女性がとても素敵なひとでした。思わず、チラチラと見てしまった。
んー、できることなら描きたい!
日頃、絵に描きたいような人にはたくさん出会う。 
この方もそうで、思い切って声をかけた。
3枚、写真撮らせていただいた。

なんとも雰囲気のある人でした。
あの時のイメージ通りに雰囲気のある絵に仕上げたいと思っています!
4 コメント

2019年

6月

02日

絵づくし展 22日まで

今日から銀座 ギャラリー一枚の繪煮て、「絵づくし展」が始まります。

昨日は開催前のパーティがあって参加してまいりました。
いつも絵を見てくださっている方と直接お会いすることができ、とても有意義な時間でした。
何か、「このまま進んでよし」と言われたようで励みとなりました。

本日より22日までです。
亡くなられた村田省蔵先生のお作品を含め、多くの作家、150点あまりの作品が壁面いっぱいに展示されています。
私の作品も6点ほど。
ご高覧いただけると幸いです。
0 コメント

2019年

5月

29日

「絵画展」初日でした。

絵画展、初日でした。
ブログに載せていた絵を、携帯の待ち受けにしてくださっていた方がその絵を買ってくださいました。
とても、とても、うれしい日となりました。この絵は、今年私が担当させていただいている山陽新聞の「山陽花壇」のページにもうすぐ載ります!このバラをあの日に描いてよかった。。。 
それから、この額縁、普通は滅多に合わせないのですが、ちょっと豪華な感じのする「ルイ14世」の、シルバー。
もしや合うかもと、合わせてみたらなかなか良いと思いました。
初日の今日は、メンバーと、そしてきてくださった方との会話は尽きず、初日最後までいたかったのですが、娘からメール。何やら物騒な事件があり学校近辺が警察がたくさん出ている。。これは迎えに行かねば。。
数分待たせましたが無事迎えて帰りました。
色々と日々、聞きたくないようなニュースを聞く。関係なしで生きたくても難しいこともある。
せめて、身の回りは守りたい。
明日もなるべくそういうことが起こらない日でありますように。
2 コメント

2019年

5月

26日

バラ、やさしい。。

庭のバラがここのところの夏のような気温で一気に咲き誇り、終わろうとしています。

今年ももうあと少ししか描けないと思うと気が急いてきますが、時の流れは変えられない。焦っても同じ、ならば今の感動に集中して描けるだけ描こうと思います。
今日は朝、庭からこのバラを取ってきました。それを横目に明後日搬入のグループ展のための絵に額をつけて準備して、お昼遅くからこのバラを描き始めました。
強くしないでそそそっと描き始めました。今の描き始めも好きです。
これは、乾いてから少しだけ手を加えてあまり壊さないようにしようと思います。

昨日は人物画でした。

娘がモデル。
テストが終わって寝不足だけど務めてくれました。
コロっとして見えたのでそのまま感じたように描きました。本当はパス金のように描こうかと考えたのだけど、そのままのスケッチになりました。赤いカバーの携帯を持ってます。
娘は手足が小さく、身長も小さい。眠くて困ったようです。眠そうな感じも出たかも。
ここのところ(更年期か?)何かとストレスを感じてそわそわしていたけれど、今日はとても落ち着て描けました。このまま進もう。。
0 コメント

2019年

5月

23日

教室のTさんが!

先日、一枚の繪6、7月号が届きました。
教室に何年も通ってきてくださっているTさんが、一枚の繪コンクールで佳作に!!
そして、一枚めくると、またまたよくブログを見てくださっている方のお名前が!!

とてもうれしい!!
少し前、地元玉野で頑張っていらっしゃる、Iさんも入賞されました。

知っている方の作品が紙面に載るということはとてもうれしいことです。また、ぜひ挑戦していただきたいと思います。

あーー、うれしかった!こちらまで元気になります。
また、たくさん描きましょう!!
昨日はそのTさんも参加の教室でした。
今、体調不良でお休みになっていたり、ご家族の介護で月2回の教室から1回の教室にされたりしてこの教室はとても少人数。
もう少し増えるといいなぁ。。
昨日、一緒に描いた庭のバラです。

この教室の愉快な仲間たち。。昨日は面白いこと連発!
T氏が何やら探し物、「先生、鉛筆を持っていらっしゃいますか?」と言われる。忘れて来られた?
次の瞬間、机上に最初において置かれたことに気がつく。。
皆で笑う。

私が事務所へ行って帰ってくると今度はT氏にK氏が鉛筆を借りている。。
こちらは本当に忘れられた様子。皆で笑う。

色をつけ始めたK氏、私も拝見していてふたりして「ん?」と思う。
「なんか、おかしくないですか?その紙。。」

よく見るとスケッチブックの最後に出てくる厚紙でした。。サイジングなし、染み込むのなんの。。
また皆で笑う(^。^)

毎回のようにこんな、愉快な感じの教室です。
1回で1枚絵が仕上がります。
絵の勉強には1回で1枚、毎回、描き始めるところから仕上げまで行く方がためになります。
絵が思うように描きたい、楽しく描いてみたいと思っていらっしゃる方、どうぞお仲間に!
毎回モチーフを準備してお待ちしております。

また、7月より油絵教室も始まります。
改めてお知らせをいたします。
0 コメント

2019年

5月

21日

時間が大事

バラ 3号 油彩
バラ 3号 油彩
今日は娘がテスト期間なので小一時間かけてお迎えにお昼行って来ました。

私も時間との勝負みたいなところがあるけど、16歳の彼女だって時間が本当に大事。

ここのところ、よく描けていて満ち足りているので、今日は娘の時間を1時間くらい得るために私がぼんやりと運転して迎えに行きました。
午後、描いたのはこの花と幾つか。
楽しくないとだめ。描いている本人の気持ちは見ている人に伝わる。きっと。

今日はやわらかい、ラ・フランスというバラをやわらかく描きたい!表したいと思って2度目の加筆でした。
花も動く、絵も動いてていいと思ってここで終わることにしました。

これでほぼ完成です。
2 コメント

2019年

5月

20日

バラ色の肌色

昨日今日とすごく風が強く、庭のバラも傷んでしまいそうです。
これで雨でも降ったらもう描けなくなるものが増えてしまう。

とりあえず今、美しく咲いているものを午前中に切ってきました。

いくらか花瓶に。。綺麗です。
それ描き始めて、一通り色を置きました。そうするとパレットに残っていた絵具が肌色に見えてこれでもう一枚描き始めました。

ルノワールが言った言葉にあったはず。「私は裸婦を描くためにバラを描くのだ」とても印象的。
確かにバラの色は肌色に似ています。

今日は少しバラの色寄りに娘の肌の色を描いてみることにしました。
最近、すごく仕事が進む。お陰様。
毎日、何かしらできて、何かしら次に取り掛かる。
年間でいうと1000枚はゆうに超えて描いている。
それでもピカソなんて1日10点は描いていたみたいだからまだまだだわ、
私のペースは今のところこのくらいがいいな。うまくいっていて、いい構図や絵のもとになるもの思いついて、それがたくさんできてきます。

早く始めたので午後は事務仕事も終わり、買い物も済んでこれからご飯作ります。
今日はたけのこご飯と、野菜炒め、鳥の唐揚げです。
私は野菜炒めと唐揚げ2個くらいに予定して。。まずは、キッチンドリンカーになります。
0 コメント

2019年

5月

19日

仕上げ2点

今日は2度目の更新です。
きっと、大人になったような気持ちでカプチーノを朝食で飲んでいる、そんな娘の絵を描きました。

背景はざっくり。
仕上げたけど、もう少し描きたいかも。

今日はこれとバラを1点仕上げました。描いても描いても庭のバラは今日も咲いて開いてしまっています。
そんなに描けないものですね。1日1点は始めるのですが描きたいものが山のように次から次。

描くしかないのだけど、追いつかない。
さて、今日はこのくらいにして、ご飯を早めに作ります。
0 コメント

2019年

5月

19日

バラ、バラのような人

画像は昨日の仕事です。バラは途中。
水彩と油彩で描き始めました。

たくさん始めましたし、人物画研究会もあったので、美しい人を皆さんと一緒に描くことができました。
とっても美しい方でプロのモデルさん。
皆さん、お茶、おやつの時間まで忘れて懸命に描かれていました。
「あっという間に描かれるのですね!」とモデルさんが言われます。
確かに今日は1ポーズくらいの間の仕事でしたから、早い。
何故かと言うと、朝、バラを描いてその絵具がパレットに残っていたから。
洗わずとも、このバラの色でほとんど描けたんです。
そんなバラのような人でした。また、天満屋教室の方!今期、最後の日はこの人が来てくださいますのでお楽しみに!
学生さんを募集してもなかなか、モデルになってくれる人が見つからなくてこのブログを読んでご親戚とか、お知り合いにチャーミングな方がありましたら、ご紹介ください。
岡山と、玉野で人物画の教室をしています。土曜日のお昼からで2時間半で結構良いアルバイトになります。
また、本気で絵を描かれている(公募展に出し続けている、または、50号以上を毎年描いている)若い方は35歳以下の人なら無料で半期10回の講座に参加できます。
今も、何人か岡山の教室には参加している人がいます。
10回のうち1回はモデルをしていただくのですが、こちらも募集しております。
若い人は学生から就職した途端に絵から遠ざかってしまう人が多く、この現象を食い止め、少しでも絵を続けられる場になればと考えたものです。
年1回のペースで発表の場もできます。
お!と思われた方はお気軽にお問い合わせ下さい。ブログの下のコメント欄ではなくお問い合わせのコーナーよりメールをくださいね。
お待ちしています。

今日もとても晴れています。
さて、どれを描くかな。
とにかく、やりたいことは山のようにあります。
あー、そろそろクロッキーもしたい。
デッサンもしたいです。

描こう。。
0 コメント

2019年

5月

17日

春は急ぐ

春は季節の移り変わりがとても早く感じられます。

人間も、同じ。
焦らず、サクサクと仕事をします。

アトリエの向こうの方で待っている、このバラを今日、朝、描きます!
0 コメント

2019年

5月

16日

木村辰彦の画集から、画家の暮らしを思う

年始に、木村辰彦という方の画集を師匠、吉崎道治先生に頂きました。

繰り返しその作品を眺めています。
そして、この画集の後の方に随分とその当時の絵描きのことが書いてあります。
ここを私は何度も読み返して背筋を伸ばしています。
どれだけ暮らしが大変だったか、そして、どれだけこの画家を好きで支えた人があったか。。
これだけの画家でも世に名が出ることがないということ驚いたと、編集者の一人で収集家の人が語っています。
娘さんも文章を寄せていて、4人も子供があってとても苦労したと。奥さんはその日の夕ご飯をうどんにするか、パンにするか悩んで遠くまで買い物に行ったというようなことも書いてありました。
画家が自分で自分の絵を売りに歩くということは1番きついことです。食べていくため、絵を続けるためにそうしないといけないわけですが、さて、今日は右に行くか、それとも左へ行くか、という暮らしだったそうで、頒布会を持ったり、個展、デパートの即売会とへの出品、美術誌への原稿書き、新聞などへのカット描き、色紙、などなど出来ることはなんでもやったそうです。
本当に大変だったと思います。
私は女で、食べることは主人がなんとかしてくれるのでこれは1番ありがたい。
でも、絵のことだけでも自分で何とかするとなるとなかなかです。木村辰彦さんのことを思えば、甘い、ありがたいことだと思いますが、時々、「売れているから儲かるでしょう。」と言われることもあります。ずいぶん誤解があります。正直に言うと毎年マイナスです。プラスになったことなどありませんし、ここ30年ほど絵に描けてきたものを思うと家が建っているかもしれない。それでもこうやって続けてこれたのはこの仕事にそれだけ魅力があるからで、それを見てくれ、認めてくださる人があるからです。
今の時代、絵を描く人はほとんどみな大変です。続けていくことはとても難しい。昔はあったかもしれないけど今の時代は他に稼ぎがなければ続けられるものではありません。男性で絵を描く若い人が減ったのはそういうこともあると思います。今絵を描き続けている人は努力も苦労もしています。
今、自分で絵を売り歩いても売れません。昔もあったでしょうが、間で絵を売るという仕事がきちんとシステムとして存在します。画家とお客様との間の橋渡し、会期の案内から絵をお客様に届けるまでの仕事を受け持ってくださっている方々がいるのです。私などはこのシステムのおかげで多くの発表の場をいただいています。もちろん相当画料は減ってしまいますが、自分で絵を抱えて売るということはしなくて絵を描いていればいいのです。これは実にありがたいことです。直接買ってくださるお客様を意識しないで自分の絵を描けるのもそういう立場にいるからでもあります。
また、今の時代は絵を描く人がとても多いのでそのために教室を持つことができます。これもありがたい。そして、昔と比べインターネットや、美術誌などもあって、このブログなどでも作品を見てくださる人が大勢います。交通の便も良くなって、熱心に見てくださる方は遠くから発表の場に度々来てくださる。そして、何点も持ってくださる方もあります。本当にこれは励みになります。
お陰様で絵具やキャンバスが買えます。そして、遠くで発表や研究会などにもこの岡山から出かけて行くことができています。絵描きとして立っていられるのはそういう方々があるからです。
 
感謝しかありません。
最近画材の値段が高騰し、厳しいです。大きなキャンバスなど何万円もしてギョッとしますし、大きな絵に合わせた額を準備すると何十万もかかってしまいますが、今のところはそれでもなんとかなっています。
絵描きを続けるのは大変。でも、続けるにはそれだけの大きな意味がある。
同じ思いをしている同志たちがたくさんいます。頑張って絵だけは何としても続けていきたいです。とにかく、絵を続けることが出来さえしたら本当に幸せです。
 
今日はそんな絵描きの呟き、ひとつ。。。でした。
 
さて、教室です!!バラがたくさん咲いている、これが今日のモチーフ。ここのところ、続けて何枚かバラを描いたので気を付けていることを皆さんに伝えます。あとは自由に楽しく描いて頂ければ嬉しいです。
2 コメント

2019年

5月

15日

毎日咲くから描く

今日もお天気が良くて描くことができました。

庭にはバラがたくさん咲いて、もう終わりかけの種類もあります。
追いつけない。。。
描ける日は必ず描くのですが、次の日には最も素敵な時を過ぎてしまうものもあります。
追っかけっこをしているような。本当に気温が上がってきて、季節は夏に向かって急いでいるかのようです。
自分自身もそうです。。今、大事にしないといけないこと、大事にしよう。
何が大事なの?それか?これか?悔いの残らないように。。過ぎちゃったらもう後戻りできません。
1番気にかかっているものからどんどんやらないと命が尽きてしまう。まだまだ先があると思っていた時代はとっくに去った。
出来るだけ長く生きていきたいけどそれでもしれています。
描かなくては。。
今日は2点描き始めました。4号と3号の小さなものですが、気持ちがギュッと入りやすいのはこのあたりのサイズ。
大きいと1枚にかかってクタクタになってしまうこともありますから。。このサイズは写生には向いています。制作にはもう少し大きいものがいいですね。
とにかく描きたいときは小さくても数を描かないと描きたいものが多過ぎるのです。
100号のエスキースも考え、少しずつ進めています。
よし、今日はもう描けないわ。。。さて、ご飯作ろ。
2 コメント

2019年

5月

13日

昨日もバラ

バラがたくさん咲きだしました。

昨日も、新しく同じ種類のバラを庭から3輪切ってきて、描き始めました。ちょっと最後鈍くなったので今日、きりっとさせます。それに背景と左のバラの関係が難しい。。。ちょっと考え中。

一昨日、土曜日に「一緒に描こう!人物画」の教室で皆さんと描いたスケッチです。

この日のモデルさんは今年から大学院生になった岡大の若〜い後輩さん。
とても魅力的で、こんな方を目の前にして描ける場があるということはありがたいことです。
一緒に描こう!という教室の名前の通り、受講者の皆さんも、勉強に来ている若い人たちも、講師の私も一緒に描きます。皆さんも奮闘、いや、楽しんで描いていらっしゃいました!
スケッチをするときは私が気をつけているところをブツブツ言いながら、その独り言を、必要に応じて、聞いたり聞かなかったりして描いてもらってます。
でも、時にはスケッチではなくて、絵を作ってみようとも思います。皆さんの絵の方がよほど、面白かったりするのです。
さて、7月からですが、油彩の教室を新たに始めようと思います。
岡山天満屋教室で第2.第4木曜日の午後3時半から5時まで。
倉敷はこれから相談。多分、日曜日の午後になるでしょう。この教室は水彩と油彩のの両方、という形のものです。
デモンストレーションを少しするかもしれません。一緒に楽しく絵が描けるといいなと思います。
描いている方も、これからの方もプラスして、小さな絵が月に1、2点できると。。うれしいことです。
もちろん、すでに描いている絵が躓いたら一緒に考えることもいたします。
また、お知らせいたしますね。
0 コメント

2019年

5月

13日

今日も天気よし

昨日は光風会の石田宗之先生の山陽新聞賞、文化功労者でのご受賞祝賀パーティーのため、お昼出かけていました。

たくさんの方々が集まってお祝いをしました。とても華やかでした。
お料理もフランス料理かな?たっぷり頂いてまいりました。

帰ると3時半。
ここからアトリエに入り、テーブルの上にはバラの花が。。
このバラは、木曜日の教室のために庭から切ってきたバラ。
描きたい!と思いつつ、金曜日は他のものを描いていて、土曜日は教室でした。
そして、昨日帰ると萎れていました。花は下を向いて「もう待てないから。。」と言っているような。

でも、その姿が本当にとても美しかった。これこそ、描きたい。とそれから30分勝負!でした。

教室の方が描く過程を載せて欲しいと言われるので3枚アップしてみました。こんな感じで始まります。
あとはどうなるか。。また、うまく行きそうなら仕上げていく過程も載せてみようと思います。油彩なのでこれはしばらく乾かします。

庭のバラはどんどん咲いてきています。

競争のように描かなければ!!いい香りです。

そのうちに気温が上がってくると痛みやすくなりますから、今だ!!!

 

さて、先日母がムクロジという木の実を拾って来てくれました。

家にあった羽子板の羽についている黒く硬い実がこれだということは知っていましたが、本物の実がこんな風になっているとは知らなかったので感動。

画像を付けてみます。透明で振ってみるとカラカラと音がします。ポットみたいです。

水を付けてこすると泡立つことから海外ではせっけんの代わりとしても使われているようです。珍しい。。。きれい。。。何なのかかわからなくなるかもしれないけど描いたら面白いかも。。

自然というのは本当に素晴らしい。バラにしても、美しさ、香り。。。なんでこんな完成された美しさを間違うこともなくつくるのだろう。このムクロジの実にしてもよくできている完璧…と感心します。

逆らっちゃいかん。人間も自然の一部であるからには自然の営みに従ったほうが正解のような気がします。お手本にすべきものは自然界を見ればいいんですね。絵も全くそうだと思います。

 

毎日欠かさず写経をしている母はこれを108つなげてお数珠を作ったものを見せてくれました。まあ…根気のいること。とても硬くて穴が開くのは一か所しか無いのだそうです。

2 コメント

2019年

5月

10日

エスキースも。。

今年の大作、2点のエスキースができました。今日は朝からお天気で明るかったし、日は長くなって遅くまでできました。

エスキースは、画像を上げませんが今日、ほぼ仕上がったのは以前描き始めていた日傘の娘。3号、油彩。

初夏の頃の絵です。描きすぎないように。。。
梅雨がその前にあるけどまもなく夏がやってきます。

今日は仕事がたくさんできて、よかった。
早めにキッチンドリンカーに変身して、ワカサギの天ぷら、新玉ねぎのかき揚げを作りました。

とても美味しくできました。

0 コメント
夜の美術館の方がきれい…
夜の美術館の方がきれい…
今日は、東京の宿にて休んでいます。
13時について、お昼ご飯を食べそびれたので途中ちょっと抜けさせていただいて「お一人様」をしてみました。

いただいたのは「そぼろ弁当」
とても優しいお味でした。

画像記録とらなかったのが残念。とても美しいそぼろでした。そぼろと、卵そぼろときれいな艶々のちりめんじゃこの間がとてもきれいに色出しされたニンジンとフキで区切られてピンクの生姜と、椎茸も添えられてました。あとは煮物やお吸い物もついて美味しかったです。

絵の方ではブログにはかけないうれしいことがまたありました。
やはり東京に出てくるとよいことがあるみたいです。

お友だちの作品展も拝見できたし、Mさんにも、Sさんにも会えました。東京で教室をされているMさんのすばらしい作品も初めて拝見できました。
なんてきれいな色!!

見たかった展覧会の時間を間違ってた代わりにルーブル展を見て、とても参考になった1点を見つけました。帰ったらすぐ描きたい気分です!!

明日はまた、何かあるでしょう。
さて、ゆっくり眠ります。
一水会精鋭展の当番終え、娘と3時頃、遅いランチをしました。

娘ははじめて外でラザニアを食べて、感激したようでした。よかった。

今、新幹線なのでまた帰宅して、パソコンの前で更新します。
今回もやはり色々と素敵な出会いがありました。

開催中の絵画展は残すところ今日と明日の2日となりました。今日はお当番です。

皆さんにお会いできるのを楽しみに出掛けます!



絵画展

2019年

12月

08日

本。。

いよいよ、個展も終わったので次の制作、そして。。。「ガッシュの本」の製作に向けて始まります。

不透明水彩の技法書は今、ほとんどありません。透明水彩のものはたっくさんあります。

でもなぁ。。。
思うところは正直、私の絵のような絵を描から人が増えることが目的ではなく、「自分の絵を見つける手段としてガッシュという画材がとても有用である」という点なんです。

本を読んで(見て)、自分も、自分の絵をこな画材で見つけたい!と思えること。。
そうすると。。難しいなぁ。。

どうしたらいいのか。。悩んでいます。
出版社の担当の方もすごく考えてくださっていて、ブログ、個展などで私の絵を見てくれている人、教室の人からご意見をいただいてくださいと言われました。

さて。。不透明水彩の本を出すにあたり。。初めて、ここをのぞいてくださっている皆さんに、お願いがあります。
どういう本にしましょう。。

ガッシュはそうとばかりではないのだけど、修正しながら描き進められるのが利点です。
だから、画像で説明することが行ったり来たりで難しい。

そうすると、動画付き、つまり、QRコードでもつけて製作の過程が見えるようなものにするという方法もあります。
そうすることで、技法の説明のための画像が紙面を占領する面積が減ります。これは1つ有効。
ガッシュの特徴を使って描いた私の絵はたくさん見ていただきたいので作品掲載の割合を増やす。
そして画材の説明はきちんとして、おすすめのものは載せる。
1番大事な、絵を作るときの考え方や画材でできる可能性についてたっぷり文章で伝える。。

今思っているのはそんな感じです。

どうでしょうか。。



画像は今日描きかけた油彩のモチーフ。。小さな絵にします。
0 コメント

2019年

12月

04日

つけ?いやご褒美?

昨日は一日中、娘に付き合いました。
個展の終盤、右足の膝が痛いと言っていたんですが。。
いよいよ痛くなってとうとう昨日、学校を休んで大学病院へ。。
そこでは予約なしの初診の患者さんは診てもらえないかもしれないとのこと、教えていただいた近くの病院も、そしてその次に行ったところでやっと診ていただいたものの、MRI出ないとなんとも言えない、ということで。。紹介状書いていただいて大きな病院に。
夕方までかかって、わかったのはなんと疲労骨折!
大変なこととなりました。でも、恐れていた半月板の心配は消え、疲労骨折も、その疑い、程度。ほっておけば治るそう。。

大したことはなかったので胸、撫で下ろしました。

でも、痛いので初めての松葉杖。。。。。
しばらく私は学校への送迎係という想定外のドライブまでついてきました。

アトリエのカーテンが開けられないなんて、いままでなかったこと。

朝早くから出かけて帰ったのは画像の美しい夕日の頃。家の前から。

人生、色々ありますね。
ついでに私も捻挫して足の痛みがまだ残っていたので診ていただいたら、靭帯損傷。。んんんなんともたくさん色々ついてきました。
12日間も娘を家に置いて個展で出かけておりましたので、べったり。これはつけなのかそれとも、ご褒美なのか?どうであれ、たいして大変とも思いません。無事で何よりでした。無事ではないけど。。ホッとしています。
安静にしてこもって絵を描きます。
2 コメント

2019年

12月

02日

2日連続で人物スケッチでした。

続きを読む 0 コメント

2019年

11月

28日

つづき、んー

今朝は締め切りギリギリで絵を送り出しました。油彩3点、水彩4点、オマケの自画像もどき。。
隙間で野菜スープ作って、洗濯した。

教室が午後からあって、正直、皆さんの素直に絵に向かわれている姿とその絵にやられてしまった。絵描きさんはどっち?
私が勉強になってる。。もっと素直に描かなくちゃ。。。描かなくちゃ。。

私のはマァマァ描ける人の絵になってないか?

と反省。
仕上げる時にはこれ!これでいい!と思っているのですが、ダメだぞ、先に進まないと。どこへ行きたい?

昨日から娘の横顔を描いてみています。
似てきたけど。。んーーー
これを進めるときっと私としては面白くない絵になる。いつもの通り。
ん、一回壊します。

今日、教室で「どこかいらないところを消して終わるくらいがいい」といったのは私。
そうすると、「こわいのよねー」とバンバン描く人がつぶやいた。
「なんであなたともあろうお人が怖いなんてことがあるの」と申しましたが。。

あーわかる。同じだわ。。やっぱり怖いか。。
どこをどう壊す?
消したい、明日消そ。。
画像は部分。電気の色の関係で黄色っぽい。明日は。。そういえば人物画でした。明後日もだった。
あら、じゃ描けない。寝かしておきます。

明日、明後日素敵なモデルさんでした!バリバリ描いてきます。

2019年

11月

27日

3点仕上げて次。。

3点なんとか仕上がりました。
すぐに次の絵が描きたくなって始めました。もう少し若いな。。もっとモチモチのツルツルです。。ちゃんと描けるといいけど。さて、どうなることか。。 

いつも、3号とか、4号くらいで描くのですが、これは6号。少し顔が大きく描けるのでいつもより少していねいな仕事になりそうです。
肖像性もいつもより大事にします。ただ、背景に思うところがあり、そこは細かい仕事ではダメなので、それとのバランスをとります。

ふんわりと大人びてきた娘を表現できればと思います。
とにかく、やってみます!
0 コメント

2019年

11月

26日

仕上げ!

個展の最中にもうひとつ、新たな発表の場をもらえることになりました。
2.3月号の巻頭ギャラリーの後の4.5月号。テーマは桜。。。
桜って難しいのですが、引き受けた。

まだ、その前に仕上げる作品がいくつかあって夜も制作です。
ちと、寝不足かも。眠くなかったので夜の間にお弁当の準備ほとんどして遅くなってしまいました。
おかげで今朝は楽だった。
玄米の入ったご飯、かぼちゃのサラダ、きんぴらごぼう、お肉の下準備。今朝は卵焼きしてお肉焼いただけです。

朝ごはんは昨日の鍋にお餅。楽チンでした。
続きを読む 2 コメント

2019年

11月

25日

熱でそう。。

絵描きの日常、戻ってきました。
昨日は夜のように暗かったので、電気をつけて、今日もお昼過ぎたら何やらお天気が変。
とても暗くなってきました。

それでも、昨日今日と絵を描きました。
あー。。しかし少し体調が、やはり疲れているのかな?
熱が出そうな予感。

大人の熱ってとてもしんどい。子供の頃は熱が出てもフワフワするだけで元気でした。
大人になると悪寒、ゾクゾク、で何とも言えない気分。。
熱出さないようにしないと明日は日にちを変更してもらっている教室が!よく食べて、よく寝よう。

今日の画像はさっき描き始めたばかりの小さな絵です。少し頭が長い。直そう。。
しあわせな室内の風景です。
こういうのはとても描いていて幸せ。
続きを読む 0 コメント

2019年

11月

24日

絵描きの日常戻りました。

濃い12日間の個展が終わりました!
お越し下さった皆さんとの出会い、再会あり、ゆっくり見てくださいました。励みになりました。心より感謝。ありがとうございました。

風邪をひいて休んでいた娘でしたが「長い!キツかった!」と一声!元気ですがな。。でも、やっぱりキツかったろう。。
今日は美味しい野菜スープ作りました。

また描きます!今回の個展は、欲張って不透明水彩の魅力を伝える機会にもしたくて会場で描いて、見にきてくださる方が多く、スタッフの皆さんには色々とご迷惑やお手数をおかけしましたが、私にとってはひと味もふた味も違った特別の会期となりました。見においでくださった方にはやはり特別に感じてくださってお声かけたくさんいただきました。
お茶飲む間もないくらいでした!

とても励みとなり、次への力をいただけたように思っています。

早速、帰りまして、今日仕上げにかかったのは描き始めて、途中になっていた絵。
なんとかなるかな。。画像は部分です。こんなのがたくさんある。。どこから手をつけよう。
どれも描きたいです。
新しく50号も、小さいものもすぐに描き始めます。
もう前を見ていくしかありません。

お越し下さった方にはほんとうに感謝です。改めまして、ありがとうございました。
0 コメント

2019年

11月

21日

うわ、失敗

おはようございます!
個展、残すところ今日と明日になりました。

うわ、失敗!と書きました(^^)
昨日のデモのことです。ここにはアップできないほど、ひどいこと。。でした。
来ていただいたたくさんの方々の前で、いや失敗、失敗。
描いて行って、途中でどうも気に入らなくて修正をどんどんして行っているうちに時間切れ。
こういうのが日常。。
ま、モタモタも見ていただくのもいいか。
羽倉先生が来てくださっていて「安心したわ」と言われました。え?もしかして見ていらした?
もっとズバッと描いてできていくんだろうと思った。と。。やっぱり、見ていらっしゃった。。(汗)
そうなんです。

クロッキーなんかと同じで私の絵は何枚もたくさん描いて行ってできていくうちのほんの一部が仕上がるところまでいく。
たくさん失敗します。
自分でやっててもよくわかりました。
こういう日常を過ごしてます。
そうやっていくうちに成功する確率が少しずつ上がっていくような気がします。

会場で描いた絵のうち、そのまま見ていただけるものは1つだけか?みたいな。
少し手直しして、2点か3点。
あとはモタモタしすぎて多分ダメですね。

帰って少し挑戦するかもしれません。

さて、今日もがんばろ。昨日は一水会の会友の小針さんの個展に午前中立ち寄りました。八重洲でやってらしたので。
足がまだもう少しなのであまり歩かない方がいいから遠出、無理は禁物。
でもなぁ。。マネ、見たかったわ。
今朝は日展、少し見てこようかしら。。

娘は風邪ひきまして、お休み中。もう直ぐ帰ります。お土産買えるかな?
あ、昨日は水彩2点、と油彩のバラの小さいのがお嫁に行きました。感謝。。励みになりました。
よかった。。少しだけホッとしています。

あと2日、頑張ります。
今日アップした絵は

『映画に行く日の朝』 6号 油彩です。

2019年

11月

21日

印象派かな?

個展も後3日になりました。
不透明水彩の10点を含め、2年ぶりの銀座での発表もあと少し。
今日も会場で絵を描きます。
画像は3年前に行った北海道の短い夏の日。。この頃娘は今より幼さがうんとありました。
日差しがとても強かったのを覚えています。書き方は印象派のように感じたものをそのまま素直に描いています。
一度、一水会の選抜展に出品した作品です。『日差し』8号油彩です。

個展に心を込めて描いた30数点の作品を出していますが、なかなかお嫁には行ってはくれないことは正直なところ悩みのタネ。(どうやってこれから画家をやっていく?)
今は消費税も上がって絵が大好きな人も絵を購入となるとなかなかです。いや、絵の力が足らない。。もっとしっかりした絵を描こう!!そう思う今です。
そんな中でも、ピンときた絵を持ってくださる方があって、本当に感謝!!激励してくださっているよう。。絵具が買えます。

絵描きは今の時代、厳しい。
画廊も厳しくどんどんなくなっていて取り上げる作家の内容も変わっていっています。私たちのようなある意味古くからのルーツを大事にしている絵描きたちは生き残ることが難しいですね。でも、私はこれからも正直に感動を描き続けたい。
ここ数年で海外からやってくる画材の価格が跳ね上がってしまいました。。異常だ。。それに消費税はアップで大打撃です。紙一枚が何百円もする。。キャンバスなんてまるで家具ぐらい高い。絵描きにとってお米とか水みたいなものだから上げないでほしい!!絵描きたちの叫びが聞こえます。
描くのを控えることも、画材の質を落とすことも発表の場を諦めることもしたくないですね。これから先、絵描きたちの描く画材やキャンバスの質が落ちることもあるのだろうな。。

ちょっぴり泣き言漏れました。すみません。ブログは日記ですから正直に。

なんとか頑張りたいと思います!
見てくださる方がたくさんあって、絵を描く人もたくさんいます。
これは励みとなります。一番幸せな個展会期中、楽しもうと思います!

娘がモデルの絵がたくさん並んでいる会場で改めて眺めていますと娘の成長が見え、描いた時の情景、感動が思い出されます。そして、これから先に描くだろう絵の構想が湧いてきて、楽し!
これからは少し大人になってきている娘をテーマに描いてみることができそう。
時々残って見えるあどけなさもあと少し描けるかな。。
帰ったらすぐ、描きたいと思います!

2019年

11月

20日

サプライズ

続きを読む 1 コメント

2019年

11月

19日

個展も後、4日

2年ぶりの銀座での個展も後4日になりました!
ご要望あって予定していなかったのですが今日水曜日もお昼過ぎから(バラの花かな?)を描いてみることになりました。
デモは木曜と最終日の土曜日、午後2時からです。
不透明水彩と透明水彩は使い方が違います。来てくださる方がだんだんと増えてその時間はとても多くの方が会場に…
中には何度も来てくださる人も。。
興味津々で見てくださいます。

透明なら水彩紙の白を残しておかなくてはいけないところを適当でいいし、間違えても上から直せるので目から鱗のようです。

展示してある私の水彩は全てガッシュ(不透明水彩)です。画材についても簡単に解説します。

お近くにお越しの際は、お気軽にお越しくださいね。
私はお昼過ぎから5時ごろまで在廊いたします。
続きを読む 0 コメント

2019年

11月

19日

一水会 大阪巡回展始まります!

続きを読む 0 コメント

2019年

11月

18日

宿題

個展もあと半分となりました。
ギャラリー一枚の繪での個展は3回目。
縁があって発表の場をいただきもう8年くらいになります。

この前から月刊誌から隔月誌になった「一枚の繪」にもずっとよく載せていただいていてお陰様で多くの方に知っていただけるようになりました。
今朝は来年の「一枚の繪」に巻頭ギャラリーへの掲載も。そこに小さな自画像がいるのですが。。宿で描いてみました。
簡単な、スケッチ。すみません、若いな。。

絵をずっと描いていたら画家らしくなるのでしょうか。。
シワが増えて、白髪になった頃にはそうなっていたいと思います。

2 コメント

2019年

11月

15日

充実してます。

続きを読む 0 コメント

2019年

11月

13日

個展4日目です。

続きを読む 2 コメント

2019年

11月

12日

山本佳子展 2日目です。

個展の初日が終わりました。

大勢の皆さんが絶え間なくお越し下さり、座っている間がありませんでした。
ブログを見てお越し下さった方も多くて、群馬、栃木、埼玉。。
ありがたいことです。

群馬からご友人を誘ってきてくださった方に
「ガッシュで風景を描いてみると良いのではないかな。」
と、アドバイスいただき、そういえばまだガッシュでしっかり風景を描いてない。
これは個展が終わったらやってみようと思うところです。

お花を1時間ほどでしたがガッシュで描きました。
いつもの感じ。
2回目は木曜の午後。
ギャラリーの雰囲気もいいので、それ描いてもいいなぁ。。
色々とやってみたいことが思い浮かびます。
私の使っている画材の紹介もしています。
特徴や使い方、お伝えできれば幸いです。

お時間が合いましたらお立ち寄りください。


2019年

11月

10日

一水会展 巡回展

第81回 一水会展が以下の予定で巡回致します。お近くの方はご高覧いただければ幸いです。

大阪展

金沢展

名古屋展

今回は私の作品も巡回します。とてもうれしいです。

また、本日11月11日から個展を開催致します。あわせましてどうぞよろしくお願いします。

山本佳子展ー絵描きの日常ー

銀座ギャラリー一枚の繪にて23日土曜日まで

会期中、会場で月、木、土曜日の午後2時からガッシュ(不透明水彩)で絵を描きます。
いつも使っている手軽で優しく、魅力ある画材、不透明水彩を身近に感じていただきたく思います。

お気軽にお立ち寄りください。

0 コメント

2019年

11月

08日

ボキッ

昨日、やっとの事で個展に出品する全ての作品を送ることができました。

実は一昨日2つの事件が!

1つは娘が登校中のこと、メールが来ました。「お母さん!定期がない。。」
え???どうしたの?と聞くと出した覚えがないのにいつも入れている場所に定期券電車とバス2つとも入っていないというのです。
帰って探すというけどいやいや、待てよ、それ、落としたんじゃない?
という話になり前の日の電車かも。。ということで、岡山駅の落し物を扱う場所に問い合わせました。
宇野駅にあった!
それですぐ取りに行くと、なんと、バスの定期だけしかない。でも、3万円以上するし、更新したばかりだったのでよかったー!。。。で?電車の定期は?届いてませんでした。
バスよりうんと高いのに!!

そして帰りは学校までお迎えの予定にしてなんとなく気持ちが落ち着かないまま、作品を梱包する準備をしておりました。
なかなかの仕事量。お迎えまでに終わらせたいわ。。
で、2階のアトリエから運び出していたのですが不注意でほんの5センチほどの段差で足をひねってしまいました。

ボキッ。。(音がした。。)
あ!!!痛!やってしまった!
これは軽い感じでは済まないわ。。とイヤーな予感。
しばらくアトリエの玄関で足首を押さえて後悔、後悔。。。
あとのこと、考えました。
はー。。個展が。個展が。。ギブスとかカッコ悪い。。あー。。どうしよう。運転は無理。
とりあえず娘に帰りに駅で再発行の手続きしてくるように言いました。


そうすると、なんとICカードだと紛失したらそちらを止めて再発行できるのですが、磁気の定期は無理なのだそう。。不条理なことです。ガーンです。

仕方ない。でも諦めきれずもう一度、忘れ物で届いていないか問い合わせ。あった!

なんと、福山駅にありました。救われました。
こっちはなんとかよかった。
神様!

で、足はまだ痛いです。ぴょこぴょこしか歩けません。
困ったわ。。

と、2つの事件でした。
私も娘もドジです。。なんとか月曜までには歩けるようにならないと。。
昨日は額装に痛かったけど運転して画材屋さんまで行きました。足首、腫れて内出血あり。。はー。。もう一つ何か起こる?2度あることはというから

何か、無理やり起こすかな。。おじいちゃんが昔、そういう時にコップをひとつ割った。それを思い出しました。
人生綱渡り。。そんな毎日。。。

20キロ以上になる作品をまとめて箱に詰めたいくつかの箱。足がこうだと車に積み込むことさえ無理。田舎から母が来てくれました。お陰でヤマトまで1回で済んだ。74歳の母、力持ち、恐るべし。
感謝感謝でした。
2 コメント

2019年

11月

05日

何か、見つかりそう

ユリと梨を描いていて、この絵は、一旦筆が止まって普通の絵になってしまっていました。
全く面白くなくなってしまった。
6号なんだけど、本当にがっかりする。

この絵を置いて後ろ髪を引かれ、日展のための上京をしていました。
もう個展は目の前なのに他にも、8号も、そして15号も、その他数点はサインがまだ入っていないという危機的状況…。

これ、マズい…(*_*)

ギャラリーさんはギリギリまで待ってくれていて、明日送ることになっています。

昨日他の絵はずいぶん仕上がって、静物の4号は後サインだけ。
8号と6号、そして15号もなんとかなってサインが入りました。あ、10号もできたのでした。

あとは、この6号を仕上げて、2点ほど額装を画材屋さんに頼まなくちゃ。

個展の仕事としてはその他に10点の作品についてコメントを書くことくらい。

実は、、、

まだ困った宿題があるんです。
紙面の依頼。5点は時期が重なる、15日締め切り。これはキツいです。

どーしよう(o_o)

15日といえばもう個展会期中なのでした。
誰が描くの?、、、です。

ということは描いて送ってから出かけないといけないってことなんです。
これはもっと危機的状況なんです。この作品の提出は来年の巻頭ギャラリーのためのもの。来年なのに今締め切り。
大きめの作品も必要、縦のものと横のもの。
それに後3点で合計5点です。
なんとかなるのか?

はーーーーー。。。。。
これについては金曜日と、日曜日が勝負です。
あれとこれとを仕上げようかしら。。途中のはたくさんあるんですが、エネルギーが必要。倒れそうです。

とりあえず、このユリの絵が昨晩、何か良い方へ動いたような気がしています。
面白くなかったのでバサッと崩して、ほぼやりなおし。
そこに見えてくるものがあって、これは日頃ガッシュで知らず知らずのうちについてきた力なのかもしれません。
水彩ではうまく行くものも油彩になると途端に動かしにくくなるところがありました。
昨日、そこの部分でもがいていたら

あら?できたか?

となりました。画像はその部分です。
こういうこと(切羽詰まってしまうこと)が必要なんですね。絵を描くのはこういうこと。。と改めて思いました。最後が良くないと絵は死んでしまう。仕上げに喜びと幸福感が絵描き自身が感じられないとそれは満足のいく絵ではありません。
何か出てきて、お!できたか?とならないと、、

この絵、そしてもう1点に今日サインを入れ、全てを梱包します。
個展、あー作品だけ送ればいいのでもなく私も行くのでした。準備まだ全然できてない。。
相変わらず、ギリギリの綱渡りです。

個展中、ガッシュで絵を描きます。どんどん修正する描き方をします。お時間の都合が合いましたら、お気軽においでください。

ひさびさに、泣き言を書きました。。





1 コメント

2019年

11月

02日

今年の日展

2019年、改組新第6回日展が始まっています。
行ってまいりました。

今年展示していただいているのは洋画の最後の展示室。
この展示室は見に来てくださった方に余韻を持って帰っていただくために良い作品を持っていくものだと聞きました。
反省点もありましたが、先輩、先生方からいろいろアドバイスもいただくことができて良い上京でした。

会場ではたくさんお声かけをいただき、ずっと描いていると、必ず見てくださっている人がいるんだなぁ。。。とも感じました。

11日から12日間23日まで銀座で個展です。
同じく大事な発表の機会です。

がんばります!!
2 コメント

2019年

11月

02日

今年の日展

0 コメント

2019年

10月

30日

風景、難しい!

個展に出品させてもらう風景画を描いています。

あの強烈な印象のイタリア。モノーポリの夕暮れは建物が美しく黄金に輝いて、人々は夜中まで歌い。。

難し!!!

画像は15号の部分です。
やら、なんとかなった。あの光景が蘇ります。
続きを読む 0 コメント

2019年

10月

26日

難しいから

今日は人物画の教室でした。


皆さんと描いた小さなスケッチ。学生さんに帽子をかぶってもらうと、思った以上になんだか素敵です。

よく似合っていて、いつもと違う絵が皆さん、それぞれ描けたのではないかと思いました。

顔が影に入るのでそれがまた雰囲気があったように思います。はっきり見えないところははっきり描かないことができたら。。
よかった。

このところ、こういうスケッチが少なく。。いや、そうでもない。他の仕事がスカッととうまくいかないことが増えたんだと思います。
なんだか悶々とする時もある今日この頃。

 

今日のスケッチはうまくいきました。スカッとしたような気がします。

モデルのTさんに感謝です。
  

続きを読む 1 コメント

2019年

10月

24日

来月、個展です。

今日は2度目の更新。
個展のお知らせをさせて下さい。

11月11日(月)から23日(日)まで、銀座ギャラリー一枚の繪で個展を開催させていただきます。

一枚の繪では3回目の個展になります。
油彩、水彩など35点ほどを出品予定です。
日展と重なっていて、日展は15日は日展の日で入場無料ですね!
あわせて見て頂ければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

私の中で今回の個展はいくらか絵描きとして考えたり、苦労したりした絵が含まれるかも…と。
案内状に載せてしまった絵も、これをなぜ描いて敢えてDMに大きく載せてしまったか、描き始めはとても真剣で怖いような表情でしたが、DMにすると決まって絵の中の自分はそのために気を使っているようにも見えます。

日展と一水会展の今年の絵のエスキースもあまり触らないで出品予定。
12号と10号。

仕上がれば風景の20号も出したい。
最近の絵も頑張って仕上げます。
いや、本当に今年は大変な年でした。

ちょっと眠れないような時は作家本人が書いたもの読んだり、次の日のお弁当のおかずを準備したりして過ごしました。

前回の芳名録をまとめたりもしました。

絵が描けなくても、アトリエで何かはやってた。。
お陰で夏の間の電気代がひどいことに。。
アトリエで過ごす時間が圧倒的に増えました。4倍かな?
多分今年からはずっとこうでしょう。

雨が降っていて暗かったけれど、午後から少し明るくなってきました。



0 コメント

2019年

10月

24日

雨が続いてます。

続きを読む 2 コメント

2019年

10月

22日

日展と個展と。。

今年も日展に入選しました!

ホッとしています。
発表が近くなるとドキドキして落ち着かないので絵が描きにくくなります。それが取れたので描きます!
今年は来月に個展を控えていて、たくさん仕上がってない絵があるのですが、リストに上げていくと、なかなか絞りきれず、どれを仕上げようか。。と。
仕上げも、さっとできる場合と仕上げのつもりで取り掛かっても仕上げの段階でない仕事を重ねてしまう時があります。
これは絵描きの正直な仕事であってこうでなくちゃいけないのですけど気がつけば間に合ってない。
今日こそは!です。リストはもう仕上げないと。
昨日は地元の教室の人が50歳のお祝いと一水会、日展とのお祝いを兼ね、バーベキューをしてくれました。
お肉、海鮮、参加できない人から届いた自作のマスカット!
美味しかったです!!こんな経験は久しぶりで忘れていた感覚を思い出しました。
リフレッシュしたので、バリバリ頑張ります!
0 コメント

2019年

10月

17日

忘れてた。。

あ。。そうだった。
忘れてたから面白くないんだ。

一昨日、気に入らなくて潰した絵。
なんだ。。はたと思い出した。

表現は完全に自由なんだった。それを忘れていた。
自分が面白いと思う方向へ、進めていけばいい。どんな時も。
それを忘れてものに引っ張られ、ものの説明になるから面白くなくなる。
そんな当たり前のこと、今思い出した。
潰した絵は、サッと仕上がらない類の絵になっていくけど、こうすれば少し動き出す。
動いてなくちゃ。。
揺れてなくては面白くない。
潰して正解。画像は揺れている最中の絵の部分です。

なんてモタモタしてるんだろう。。
絵描き(私)らしくていいや。

6 コメント

2019年

10月

16日

千曲川の春

続きを読む 4 コメント

2019年

10月

13日

年末のチャリティー

個展前だというのに、なかなかのスケジュールです。
一昨日、地元の新聞社からお電話。

あ!コロッと忘れてた!
歳末たすけあい美術展への出品。。
まだ間に合うからということでした。
さて、何を出そう。

と、周りを見渡して10年以上前、娘がやっとモデルをしてくれるようになった頃、スケッチのように小さな油彩を描きかけていたものがありました。

でも、顔がない。今、描きました。
今回はこれを出させてもらうことにしました。

午前中は搬出があって日通さんへ。。
午後は地元の洋画展の展示。私は事務局で総会まであります。昨日は印刷に夜中までかかりました。
うまく行くといいけど。
人前で喋るのは実に苦手です。。。

地元の洋画展には100名以上参加されます。絵が好きな人が多い玉野市です。大事にしたい。
明日からは、絶対集中します!

好きな絵は描けているのだけど、なにせ、細切れの時間しかなくて、仕上げができてないものが後回しになっています。
仕上げには気持ちと時間とどちらも必要です。
明日、明日からはその時間と気持ちを作って描けそう。頑張ろう。


0 コメント

2019年

10月

11日

半世紀

画像は昨日描き始めた絵。

12日、50歳になります。半世紀だなぁ。
考えてみると、その半分以上は絵を描いています。その前半はゆったりしていましたが今は結構ハード。確実に自分の仕事はぼんやりと何をやっているかわからないところからは抜けて、やりがいのある仕事になりました。
「絵描きという仕事は、答えの出る(確か、例に出されたのはノーベル賞を取れるような仕事)と違い、いつまでやっても同じところをぐるぐると堂々巡りをしているような仕事。」とある先生が挨拶されたのを思い出しました。
私たち絵描きの仕事はなかなか大変だけど誇りのもてる仕事だと思っています。
美術、芸術は。。人の心に寄り添うもの、ゆとりのない現代こそ、必ず寄り添う。
これまで続けてきた仕事の時間の折り返し地点あたりだとすれば、もうしばらくは深く追求しつつ頑張れそうです。
親しみをもって見てくれている人々がいます。とにかく、大好きな仕事です。
続けていける環境に、また応援してくださっている人に心より感謝しています。
これに寄って力を得て絵を描くことができています。
ここ「絵描きの日常」に立ち寄ってくださっている皆様、いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。
嬉々として続けていきます!
2 コメント

2019年

10月

09日

曽宮一念さん

曽宮一念という人の絵に出会ったのは、そんなに前ではなくて銀座の至峰堂画廊が先だったか、日動画廊が先だったか、感激したのを覚えています。

 

久しぶりにネットで画像を見ていたら、名古屋の佐橋美術店のブログに行きつきました。とっても好みが合うと思える画廊。いつか伺いたいと思っています。

 

曽宮一念さんの富士山と雲の絵が載っていました。。。素敵だなあ。

曽宮さんの言葉が書かれていて、これがまた、なんともまさに絵描きの言葉だ。。と感動しました。自分も日ごろ同じようなことを思っています。

 

佐橋美術店のHPより、以下引用させていただいてメモしておきます。

                  ↓↓↓

 

曽宮にとって雲はもっとも重要な題材でした。

 

「固く動かない山と柔らかくて変わり続ける雲とが結びついての美しさであろうと思う。

 

特に単純な形の富士では雲の必要を美しさの上に感じる」

 

  これは曽宮自身の言葉です。

 

絵と詩、音楽、小説などもそういうものはきっと同じような思考と感覚を持って生まれていくのではないか。。。

構成はしかし文学的なものというよりかは理論的で、感覚であったとしても理系の考え方に基づくものかもしれません。

そう考えている頭は全く感覚的なものですが、きっと突き詰めていけば感覚もまた理論的なものだろうとも思うのです。

 

右脳と左脳はつながっていますからね。

 

さて、今日も描きます。

 

 

0 コメント

2019年

10月

08日

絵描きの日常に戻った。

そうだ、絵描きの日常に戻ったわ。

そう今思いました。

毎年そう、10月の今頃からしばらくは絵を描ける。好きな絵を好きなように。

 

大作はそれはそれで大仕事で映画を撮ったり、小説を書き上げたり、オーケストラで演奏されるような曲を完成させたりするみたいな仕事。長い時間と集中力と体力、精神力がいる仕事。

それ、終わって…オフの期間。詩を書いたり、鼻歌を歌ったり、らくがきしたり、そんな感覚で小さな絵を描ける時間が来た。うれしい。

 

とはいっても、地元の洋画部の事務局の仕事がすぐ明日に迫っていて、総会の資料をそろえて、会員名簿の確認して、洋画展の段取りをしておかないといけません。午前中にやってしまおう。

 

すぐ次の発表の場も決まっていてすぐに迫ってきてはいるのですが、ほんのしばしの間、好きな絵を描けます。ワクワクします。

画像は大作の一部。こうしてみると風景ですね。

 

昨日はあまりに毎日のことに追われているので、娘に「お弁当たまには作らないでいい日作って。毎日5時起きで大変だから。」と愚痴ってしまい、反省。

今朝は鮭、ほうれん草のソテー、卵焼き、カボチャサラダ、後はこれは出来合いのお豆。

ちゃんと作りました。

 

娘も忙しそう。。。お弁当持って、1時間半毎日電車通。帰りもまた1時間半。作ってやらにゃ。。。と思います。

本当に課題も多く大変そう。きちんとやらないと気が済まない性格なので毎日4時に起きて頑張っています。それでもできないらしい‥。まあ、そんなに器用でないとしても、これだけやってれば、身についていくものはあるでしょう。。。。

先日Tシャツに書かれていた英語の意味を教えてくれて、おお、と思う。

英語読めるのかね?いつの間に?

 

次の4年間は夢のような自分の時間。これは私もそうでした。

確かに高校生の時は忙しいばかり。(娘は青春を謳歌しています!)

この夏、彼女は私の進んだ大学を私よりしっかりした目標をもって選びました。まさかな…と思いましたが、「灯台下暗し」でした。

自分の時間を手に入れるために頑張ってほしいです。

 

 

2 コメント

2019年

10月

07日

秋の夜長…

ここ何年かで1年のサイクルは何となく決まってきました。

骨組みのようなもの。

そこに枝ができたり、葉がついたりで、結構なスケジュールの中、絵は何とか描いていけていることに感謝。

 

今年も大作のシーズンが昨日でやっと終わって、次…です。

今日描き始めたのは4号の娘の絵。

おとなしい雰囲気の絵ですが、描いてみたいと思っていた絵です。

服は濃い色でしたが、キャンバス地がそのままの今の感じがいい。少し変えるかな。絵は作るもの…

 

今日は朝、地元の洋画展の準備で看板の発注や、買い物や郵便局への用事でなんだか出っぱなし。

ひと段落したら、午後3時。え~・・・描いてない!

 

水彩を仕上げようかと思ったけど、この絵を描きたくなって、ちょこっと描いただけでもう、暗くなりかけていました。

…秋です。もう10月だもの。

 

ひとつでもその日に絵を描くことができたら、それがこの絵のように描き始めでも、安心します。

 

秋の夜長…一番今欲するもの、「眠ること」を楽しみます。

0 コメント

2019年

10月

06日

日展の制作、終わり!

今年の夏から秋にかけての大作のシーズンが終わりました。
今朝、彩美堂さんが予定より少し早く来られて、まだ二階のアトリエにあった100号の額装済みの絵を火事場の馬鹿力で降ろして渡し、大きなトラックを見送りました。
瞬間脱力。

お昼ご飯食べたらもの凄い眠気に襲われて30分ほど記憶なし。

お、おや?今何時?
あ、まだ明るい。
はい!次!

でも油絵を何か仕上げるのはしんどかったし、いただいたカサブランカのよい香りがして、元気付けられます。シャインマスカットと力抜いて水彩を描き始めました。
はースッキリ。いい香り、癒されました。
まだ仕上がってはないのだけど、アップしてみます。
日展の絵はまた、次の機会に。。。

日が落ちるのが早くなってきているのを感じます。もう10月だもの。
なんとか、やった。
今年は昨年大変だと思ったけど、それの何倍もキツかった。
ですが、今年は自分の絵ができたようにも思えます。細かいところも、気をつけたけど、こじんまりとはなっていなくて、一水会の絵の続きで、制作できました。

来月の個展に向けて、仕上げる絵はたくさんあります。気を抜いてしまわないように疲れをとりながらがんばります。
0 コメント

2019年

10月

05日

前の絵より好き

よし、なんとかなった。前描いているどの絵よりもこれがいい。
そう思えました。

日展の絵、完成!

今年が1番、激しかった。
サインをこれから入れます。
明日、朝の集荷。

やるだけのことはやった。
できたと思う。

明日から個展の準備です。

2019年

9月

29日

ガタガタと崩れる。。。

あと少ししか時間がない時、やはり、私の癖が出ます。

「はい!やり直し。」

 

そうか。。。これは私の癖なんです。いまさらながら、ため息が出る。

絵を仕上げる段階でどうにもこれではダメだと気が付きます。

そうすると、問題の場所が見つかって大きく変えたくなる。

バサッと変えたいから変える。

 

最初から出来上がる絵が思い浮かんでいるはずなんだけどその絵を描いていくうちに小さく大人しくまとめてしまう。まとめてしまうと面白くなくなる。思っていたところとズレ始めていることに気がつくというのもあるし、進めていくうちに思っていたところより先に見えたものが出てくる場合もある。

これではダメだと思い始めると、とにかく描き直したくなるんです。目の前にある絵では終われない。

 

今回も。

昨日、今日やっぱり、おとなしくしていられなくて暴れた。そうするとガタガタと崩れ…その直した部分はよく見えても、全体としては描いていないのと同じになってしまいました。本当にやり直しだ。。。がっかりするのと、良かったと思うのと半々。仕上がるのかという不安はドーーーンときます。

 

描き直した部分は全体の主たる部分、面積でいえば5分の1くらいですが、これに合わせて、全体をこれからやり替えます。

いつものこととはいえ、ハードです。なんて不器用な…

 

でも、、、いつものことなんだとやっと気が付きました。工芸作品ではないし、絵なんだから、こういう描き方しかできないこともある、いや、こういうスタイルの絵描きがいてもいいかも。。

さらりとスマートに描くなんて、私にはできなかった。いつも。大作でこういう仕事をしているから、小さい絵が時にさらっとできているのかもしれない。私らしいかも…と気が付いて、覚悟が決まったような気もします。

何とか、これに全体を合わせて、昨年できなかったことをやってみたいと思います。昨年は絵が出ていく2日前にまさに今の状態でした。

今年は、まだ少しマシなほう。

ここから、頑張ります。

 

個展の準備もあるけど、どちらも大事に仕上げていきたいと思います。

今日は絵のない絵日記です。

2 コメント

2019年

9月

26日

正念場

上野公園。見上げるときれいな緑…
上野公園。見上げるときれいな緑…

9月のこの時期、日展の作品の仕上げの時期です。

一水会展と重なることもあり、100号の絵に後ろ髪をひかれつつ数日間東京にいました。
ですが、行ってよかった。
今回は2度目の会員佳作賞をいただくことができ、第1室の入り口に展示していただいていることには感激しました。
(チケットなしでも見ることができる場所でした!)
また、今年初めて開催されている一の会展(銀座ギャラリー一枚の繪  28日まで)とも重なって、会場ではいつも、ここへ訪ねてくださっている方にもお会いすることもでき感激でした!!
絵を描いた日、絵日記のように書いているブログ。絵を描いている方や絵が好きな方がよく見てくださっていて、知り合いに会うようにお声掛けくださいます。初めてお会いしてもホッとします。今回もよかったです。
まだまだ暑い中、お越しくださりありがとうございました!

さて…日展の絵はいよいよ正念場。
大抵の場合、この時期、一旦絵が煮詰まります。
それでこれではダメ、と思い切りよく筆が進むとうまくいくことが多い。これはもう何年も続けてそうなのできっと今年もそうなのです。
いったん煮詰まってぼんやりした絵は覇気が感じられない。一枚描くほどの絵具が動かないと鈍い絵になります。
大作の制作と小品を描くことは全く別。
最初に描きたかったことを迷わないこと。
大きな画面を描き進めると、必ずもたついてきますが、元に引き戻して、画面全体を生き生きと仕上げることができるかどうかにかかっています。
さ、やろう。
今年は11月11日から個展。やはり銀座のギャラリー一枚の繪で開催予定です。その準備、制作も同時進行です。
ここ、正念場!
今日は多分筆が進むと思います。
0 コメント

2019年

9月

19日

秋バラが。

続きを読む

2019年

12月

08日

本。。

いよいよ、個展も終わったので次の制作、そして。。。「ガッシュの本」の製作に向けて始まります。

不透明水彩の技法書は今、ほとんどありません。透明水彩のものはたっくさんあります。

でもなぁ。。。
思うところは正直、私の絵のような絵を描から人が増えることが目的ではなく、「自分の絵を見つける手段としてガッシュという画材がとても有用である」という点なんです。

本を読んで(見て)、自分も、自分の絵をこな画材で見つけたい!と思えること。。
そうすると。。難しいなぁ。。

どうしたらいいのか。。悩んでいます。
出版社の担当の方もすごく考えてくださっていて、ブログ、個展などで私の絵を見てくれている人、教室の人からご意見をいただいてくださいと言われました。

さて。。不透明水彩の本を出すにあたり。。初めて、ここをのぞいてくださっている皆さんに、お願いがあります。
どういう本にしましょう。。

ガッシュはそうとばかりではないのだけど、修正しながら描き進められるのが利点です。
だから、画像で説明することが行ったり来たりで難しい。

そうすると、動画付き、つまり、QRコードでもつけて製作の過程が見えるようなものにするという方法もあります。
そうすることで、技法の説明のための画像が紙面を占領する面積が減ります。これは1つ有効。
ガッシュの特徴を使って描いた私の絵はたくさん見ていただきたいので作品掲載の割合を増やす。
そして画材の説明はきちんとして、おすすめのものは載せる。
1番大事な、絵を作るときの考え方や画材でできる可能性についてたっぷり文章で伝える。。

今思っているのはそんな感じです。

どうでしょうか。。



画像は今日描きかけた油彩のモチーフ。。小さな絵にします。
0 コメント

2019年

12月

04日

つけ?いやご褒美?

昨日は一日中、娘に付き合いました。
個展の終盤、右足の膝が痛いと言っていたんですが。。
いよいよ痛くなってとうとう昨日、学校を休んで大学病院へ。。
そこでは予約なしの初診の患者さんは診てもらえないかもしれないとのこと、教えていただいた近くの病院も、そしてその次に行ったところでやっと診ていただいたものの、MRI出ないとなんとも言えない、ということで。。紹介状書いていただいて大きな病院に。
夕方までかかって、わかったのはなんと疲労骨折!
大変なこととなりました。でも、恐れていた半月板の心配は消え、疲労骨折も、その疑い、程度。ほっておけば治るそう。。

大したことはなかったので胸、撫で下ろしました。

でも、痛いので初めての松葉杖。。。。。
しばらく私は学校への送迎係という想定外のドライブまでついてきました。

アトリエのカーテンが開けられないなんて、いままでなかったこと。

朝早くから出かけて帰ったのは画像の美しい夕日の頃。家の前から。

人生、色々ありますね。
ついでに私も捻挫して足の痛みがまだ残っていたので診ていただいたら、靭帯損傷。。んんんなんともたくさん色々ついてきました。
12日間も娘を家に置いて個展で出かけておりましたので、べったり。これはつけなのかそれとも、ご褒美なのか?どうであれ、たいして大変とも思いません。無事で何よりでした。無事ではないけど。。ホッとしています。
安静にしてこもって絵を描きます。
2 コメント

2019年

12月

02日

2日連続で人物スケッチでした。

金曜日と土曜日、続けて人物画でした。
どちらのモデルさんもとても素敵!!

真ん中の画像のモデルさんは現役のモデルさん!画像をアップしてOKということで、美しい画像を一枚!
ヘップバーンみたいな人だ。。

ただ、美しい姿を写し取るというより、何か、絵にしたい。。そんな気持ちからちょっと苦しんで描いてみました。

満足しない。。これからの仕事に繋がると思う。
さっとできない不器用さみたいなものが私にはいつもあります。

0 コメント

2019年

11月

28日

つづき、んー

今朝は締め切りギリギリで絵を送り出しました。油彩3点、水彩4点、オマケの自画像もどき。。
隙間で野菜スープ作って、洗濯した。

教室が午後からあって、正直、皆さんの素直に絵に向かわれている姿とその絵にやられてしまった。絵描きさんはどっち?
私が勉強になってる。。もっと素直に描かなくちゃ。。。描かなくちゃ。。

私のはマァマァ描ける人の絵になってないか?

と反省。
仕上げる時にはこれ!これでいい!と思っているのですが、ダメだぞ、先に進まないと。どこへ行きたい?

昨日から娘の横顔を描いてみています。
似てきたけど。。んーーー
これを進めるときっと私としては面白くない絵になる。いつもの通り。
ん、一回壊します。

今日、教室で「どこかいらないところを消して終わるくらいがいい」といったのは私。
そうすると、「こわいのよねー」とバンバン描く人がつぶやいた。
「なんであなたともあろうお人が怖いなんてことがあるの」と申しましたが。。

あーわかる。同じだわ。。やっぱり怖いか。。
どこをどう壊す?
消したい、明日消そ。。
画像は部分。電気の色の関係で黄色っぽい。明日は。。そういえば人物画でした。明後日もだった。
あら、じゃ描けない。寝かしておきます。

明日、明後日素敵なモデルさんでした!バリバリ描いてきます。

2019年

11月

27日

3点仕上げて次。。

3点なんとか仕上がりました。
すぐに次の絵が描きたくなって始めました。もう少し若いな。。もっとモチモチのツルツルです。。ちゃんと描けるといいけど。さて、どうなることか。。 

いつも、3号とか、4号くらいで描くのですが、これは6号。少し顔が大きく描けるのでいつもより少していねいな仕事になりそうです。
肖像性もいつもより大事にします。ただ、背景に思うところがあり、そこは細かい仕事ではダメなので、それとのバランスをとります。

ふんわりと大人びてきた娘を表現できればと思います。
とにかく、やってみます!
0 コメント

2019年

11月

26日

仕上げ!

個展の最中にもうひとつ、新たな発表の場をもらえることになりました。
2.3月号の巻頭ギャラリーの後の4.5月号。テーマは桜。。。
桜って難しいのですが、引き受けた。

まだ、その前に仕上げる作品がいくつかあって夜も制作です。
ちと、寝不足かも。眠くなかったので夜の間にお弁当の準備ほとんどして遅くなってしまいました。
おかげで今朝は楽だった。
玄米の入ったご飯、かぼちゃのサラダ、きんぴらごぼう、お肉の下準備。今朝は卵焼きしてお肉焼いただけです。

朝ごはんは昨日の鍋にお餅。楽チンでした。
上の絵は「ヴァッロ ディ ネーラ」という山の中にある街。少しピンクがかった大理石で作られたこの街は本当に美しくて、この街を設計して作った人は、楽しかったんじゃないかしら。。街は入り組み、大きな道がしっかりしていて、細い道が迷路のように続きます。散歩が楽しかった。
お昼の前にいただいたプロセッコ、美味しかった。
この絵はイタリアから帰ってすぐ描き始めたのですが、飛び飛びに加筆しながら随分時間がかかりました。2年?かな。

下は一昨日、始めてほとんど仕上がりそうな3号、部分です。昨日頭が長かったから修正。


さて、今日も絵描き頑張ります!
2 コメント

2019年

11月

25日

熱でそう。。

絵描きの日常、戻ってきました。
昨日は夜のように暗かったので、電気をつけて、今日もお昼過ぎたら何やらお天気が変。
とても暗くなってきました。

それでも、昨日今日と絵を描きました。
あー。。しかし少し体調が、やはり疲れているのかな?
熱が出そうな予感。

大人の熱ってとてもしんどい。子供の頃は熱が出てもフワフワするだけで元気でした。
大人になると悪寒、ゾクゾク、で何とも言えない気分。。
熱出さないようにしないと明日は日にちを変更してもらっている教室が!よく食べて、よく寝よう。

今日の画像はさっき描き始めたばかりの小さな絵です。少し頭が長い。直そう。。
しあわせな室内の風景です。
こういうのはとても描いていて幸せ。
そういえば、フェルメールのこの絵をグリザイユ グレイズで模写したことがありました。
学生の頃。今日、娘描いてて、思い出した。
持ち帰ってないけどあの絵はどこに行ったんだろう。

0 コメント

2019年

11月

24日

絵描きの日常戻りました。

濃い12日間の個展が終わりました!
お越し下さった皆さんとの出会い、再会あり、ゆっくり見てくださいました。励みになりました。心より感謝。ありがとうございました。

風邪をひいて休んでいた娘でしたが「長い!キツかった!」と一声!元気ですがな。。でも、やっぱりキツかったろう。。
今日は美味しい野菜スープ作りました。

また描きます!今回の個展は、欲張って不透明水彩の魅力を伝える機会にもしたくて会場で描いて、見にきてくださる方が多く、スタッフの皆さんには色々とご迷惑やお手数をおかけしましたが、私にとってはひと味もふた味も違った特別の会期となりました。見においでくださった方にはやはり特別に感じてくださってお声かけたくさんいただきました。
お茶飲む間もないくらいでした!

とても励みとなり、次への力をいただけたように思っています。

早速、帰りまして、今日仕上げにかかったのは描き始めて、途中になっていた絵。
なんとかなるかな。。画像は部分です。こんなのがたくさんある。。どこから手をつけよう。
どれも描きたいです。
新しく50号も、小さいものもすぐに描き始めます。
もう前を見ていくしかありません。

お越し下さった方にはほんとうに感謝です。改めまして、ありがとうございました。
0 コメント

2019年

11月

21日

うわ、失敗

おはようございます!
個展、残すところ今日と明日になりました。

うわ、失敗!と書きました(^^)
昨日のデモのことです。ここにはアップできないほど、ひどいこと。。でした。
来ていただいたたくさんの方々の前で、いや失敗、失敗。
描いて行って、途中でどうも気に入らなくて修正をどんどんして行っているうちに時間切れ。
こういうのが日常。。
ま、モタモタも見ていただくのもいいか。
羽倉先生が来てくださっていて「安心したわ」と言われました。え?もしかして見ていらした?
もっとズバッと描いてできていくんだろうと思った。と。。やっぱり、見ていらっしゃった。。(汗)
そうなんです。

クロッキーなんかと同じで私の絵は何枚もたくさん描いて行ってできていくうちのほんの一部が仕上がるところまでいく。
たくさん失敗します。
自分でやっててもよくわかりました。
こういう日常を過ごしてます。
そうやっていくうちに成功する確率が少しずつ上がっていくような気がします。

会場で描いた絵のうち、そのまま見ていただけるものは1つだけか?みたいな。
少し手直しして、2点か3点。
あとはモタモタしすぎて多分ダメですね。

帰って少し挑戦するかもしれません。

さて、今日もがんばろ。昨日は一水会の会友の小針さんの個展に午前中立ち寄りました。八重洲でやってらしたので。
足がまだもう少しなのであまり歩かない方がいいから遠出、無理は禁物。
でもなぁ。。マネ、見たかったわ。
今朝は日展、少し見てこようかしら。。

娘は風邪ひきまして、お休み中。もう直ぐ帰ります。お土産買えるかな?
あ、昨日は水彩2点、と油彩のバラの小さいのがお嫁に行きました。感謝。。励みになりました。
よかった。。少しだけホッとしています。

あと2日、頑張ります。
今日アップした絵は

『映画に行く日の朝』 6号 油彩です。

2019年

11月

21日

印象派かな?

個展も後3日になりました。
不透明水彩の10点を含め、2年ぶりの銀座での発表もあと少し。
今日も会場で絵を描きます。
画像は3年前に行った北海道の短い夏の日。。この頃娘は今より幼さがうんとありました。
日差しがとても強かったのを覚えています。書き方は印象派のように感じたものをそのまま素直に描いています。
一度、一水会の選抜展に出品した作品です。『日差し』8号油彩です。

個展に心を込めて描いた30数点の作品を出していますが、なかなかお嫁には行ってはくれないことは正直なところ悩みのタネ。(どうやってこれから画家をやっていく?)
今は消費税も上がって絵が大好きな人も絵を購入となるとなかなかです。いや、絵の力が足らない。。もっとしっかりした絵を描こう!!そう思う今です。
そんな中でも、ピンときた絵を持ってくださる方があって、本当に感謝!!激励してくださっているよう。。絵具が買えます。

絵描きは今の時代、厳しい。
画廊も厳しくどんどんなくなっていて取り上げる作家の内容も変わっていっています。私たちのようなある意味古くからのルーツを大事にしている絵描きたちは生き残ることが難しいですね。でも、私はこれからも正直に感動を描き続けたい。
ここ数年で海外からやってくる画材の価格が跳ね上がってしまいました。。異常だ。。それに消費税はアップで大打撃です。紙一枚が何百円もする。。キャンバスなんてまるで家具ぐらい高い。絵描きにとってお米とか水みたいなものだから上げないでほしい!!絵描きたちの叫びが聞こえます。
描くのを控えることも、画材の質を落とすことも発表の場を諦めることもしたくないですね。これから先、絵描きたちの描く画材やキャンバスの質が落ちることもあるのだろうな。。

ちょっぴり泣き言漏れました。すみません。ブログは日記ですから正直に。

なんとか頑張りたいと思います!
見てくださる方がたくさんあって、絵を描く人もたくさんいます。
これは励みとなります。一番幸せな個展会期中、楽しもうと思います!

娘がモデルの絵がたくさん並んでいる会場で改めて眺めていますと娘の成長が見え、描いた時の情景、感動が思い出されます。そして、これから先に描くだろう絵の構想が湧いてきて、楽し!
これからは少し大人になってきている娘をテーマに描いてみることができそう。
時々残って見えるあどけなさもあと少し描けるかな。。
帰ったらすぐ、描きたいと思います!

2019年

11月

20日

サプライズ

個展も残すところ後3日となりました。
今日は予定していなかったのですがまた、絵を描きました。
たくさんの方が来てくださり、感激でした。

最後まで気がつかなかったのですが、、
なんとその中に小野月世さん再び。。
私にとりましてはもちろん、みなさんにとって本当にサプライズな1日になりました。
画像はデモの後、日頃絵を描くときに気をつけているところ、それあってうまくできた作品を例にとって解説するところでしたが、、
皆さんの後ろに小野さんがいてビックリ!「もー!いつからいたんですか?」緊張しながらの一場面です。

その後、皆さんが去られてから私の絵具とパレット、筆を使って小野さんが私を描いてくださいました!
私も小野さんをスケッチ。

なんとも。。
絵描きとして面白い1日となり、これだけでもとても濃かった。。
1 コメント

2019年

11月

19日

個展も後、4日

2年ぶりの銀座での個展も後4日になりました!
ご要望あって予定していなかったのですが今日水曜日もお昼過ぎから(バラの花かな?)を描いてみることになりました。
デモは木曜と最終日の土曜日、午後2時からです。
不透明水彩と透明水彩は使い方が違います。来てくださる方がだんだんと増えてその時間はとても多くの方が会場に…
中には何度も来てくださる人も。。
興味津々で見てくださいます。

透明なら水彩紙の白を残しておかなくてはいけないところを適当でいいし、間違えても上から直せるので目から鱗のようです。

展示してある私の水彩は全てガッシュ(不透明水彩)です。画材についても簡単に解説します。

お近くにお越しの際は、お気軽にお越しくださいね。
私はお昼過ぎから5時ごろまで在廊いたします。
0 コメント

2019年

11月

19日

一水会 大阪巡回展始まります!

一水会展が大阪に巡回しています。
大阪市立美術館にて24日までです。
私の作品も、今回は展示されています。
西滝直人さんの隣に…。

お時間がありましたらご高覧ください。
0 コメント

2019年

11月

18日

宿題

個展もあと半分となりました。
ギャラリー一枚の繪での個展は3回目。
縁があって発表の場をいただきもう8年くらいになります。

この前から月刊誌から隔月誌になった「一枚の繪」にもずっとよく載せていただいていてお陰様で多くの方に知っていただけるようになりました。
今朝は来年の「一枚の繪」に巻頭ギャラリーへの掲載も。そこに小さな自画像がいるのですが。。宿で描いてみました。
簡単な、スケッチ。すみません、若いな。。

絵をずっと描いていたら画家らしくなるのでしょうか。。
シワが増えて、白髪になった頃にはそうなっていたいと思います。

2 コメント

2019年

11月

15日

充実してます。

5日目が終わり、昨日、6日目、会場でお花を描きました。
最後の画像が昨日描いたもの。

たくさんの方が来てくださり、色々な出会いもありました。

昨日はギャラリー銀座で開催中の村上豊さんの猫ちゃんたちを拝見!
こんなに描ける人って世の中には他にいないのではないか?と魔法を見るような感じでした。大胆な筆さばきなのに実は細かいところまで楽しい。
そして。。銀座で一杯。
絵の話で盛り上がりました。

一昨日も、近くのギャラリーを三ヶ所回りました。
寺久保文宣先生の作品は好きで柳画廊に出品されていたあの作品は。。素晴らしかった!

まだ足は少し痛いのですが、毎日皆さんに来ていただき、いろんな出会いがあります。
本当にありがたいことです。
折り返しとなりました。
今日は一水会の仲間、池田竜太郎さん、賢子さんご夫妻の大きな展覧会に行ってみたいと思います。埼玉県の呼友館という素敵なギャラリー。
以前行った時は吉崎道治先生、そして、さきやあきら先生ご夫妻の展覧会でした。
ちと、遠いけど、拝見してきます。

0 コメント

2019年

11月

13日

個展4日目です。

今朝は文章がなくて、更新してしまいました。
書いたはずでしたが、反映されていませんでした。。
実は、昨日小野月世さんがお忙しい中、いらしてくださりたまたま、少しお時間があったようでむちゃくちゃ絵の話をひさびさにできました。面白かったです。
彼女と私は同い年。同じ年頃の娘もあってそういうところの話もあい、またお若い頃から一線でやってきた彼女の目線は絵描きとして本当に興味深く刺激となりました。
とても有意義な時間でした。

月世さんがこの絵、好き!と言ってくれた薔薇。描いている本人以上にどうして成功しているか解説もしてくださってその瞬間からなんだか、自分でもとてもうまくいっているような気がしてうれしくなりました。もう一度アップしてみます。
もう一点は千曲川の春を描いたもの。これも会場で見ていてうまくいっていると思える作品です。
今日、この絵を「懐かしいな。。」と言われながら見てくださる80代の男性がありました。うれしかった。
4日目、デモはお花、と思ったけどやめて、ギャラリーの雰囲気を描きました。
また、アップするかも。
次の土曜も描きます。明日も。。お花が頂けたので、描くかもしれません。。
2 コメント

2019年

11月

12日

山本佳子展 2日目です。

個展の初日が終わりました。

大勢の皆さんが絶え間なくお越し下さり、座っている間がありませんでした。
ブログを見てお越し下さった方も多くて、群馬、栃木、埼玉。。
ありがたいことです。

群馬からご友人を誘ってきてくださった方に
「ガッシュで風景を描いてみると良いのではないかな。」
と、アドバイスいただき、そういえばまだガッシュでしっかり風景を描いてない。
これは個展が終わったらやってみようと思うところです。

お花を1時間ほどでしたがガッシュで描きました。
いつもの感じ。
2回目は木曜の午後。
ギャラリーの雰囲気もいいので、それ描いてもいいなぁ。。
色々とやってみたいことが思い浮かびます。
私の使っている画材の紹介もしています。
特徴や使い方、お伝えできれば幸いです。

お時間が合いましたらお立ち寄りください。


2019年

11月

10日

一水会展 巡回展

第81回 一水会展が以下の予定で巡回致します。お近くの方はご高覧いただければ幸いです。

大阪展

金沢展

名古屋展

今回は私の作品も巡回します。とてもうれしいです。

また、本日11月11日から個展を開催致します。あわせましてどうぞよろしくお願いします。

山本佳子展ー絵描きの日常ー

銀座ギャラリー一枚の繪にて23日土曜日まで

会期中、会場で月、木、土曜日の午後2時からガッシュ(不透明水彩)で絵を描きます。
いつも使っている手軽で優しく、魅力ある画材、不透明水彩を身近に感じていただきたく思います。

お気軽にお立ち寄りください。

0 コメント

2019年

11月

08日

ボキッ

昨日、やっとの事で個展に出品する全ての作品を送ることができました。

実は一昨日2つの事件が!

1つは娘が登校中のこと、メールが来ました。「お母さん!定期がない。。」
え???どうしたの?と聞くと出した覚えがないのにいつも入れている場所に定期券電車とバス2つとも入っていないというのです。
帰って探すというけどいやいや、待てよ、それ、落としたんじゃない?
という話になり前の日の電車かも。。ということで、岡山駅の落し物を扱う場所に問い合わせました。
宇野駅にあった!
それですぐ取りに行くと、なんと、バスの定期だけしかない。でも、3万円以上するし、更新したばかりだったのでよかったー!。。。で?電車の定期は?届いてませんでした。
バスよりうんと高いのに!!

そして帰りは学校までお迎えの予定にしてなんとなく気持ちが落ち着かないまま、作品を梱包する準備をしておりました。
なかなかの仕事量。お迎えまでに終わらせたいわ。。
で、2階のアトリエから運び出していたのですが不注意でほんの5センチほどの段差で足をひねってしまいました。

ボキッ。。(音がした。。)
あ!!!痛!やってしまった!
これは軽い感じでは済まないわ。。とイヤーな予感。
しばらくアトリエの玄関で足首を押さえて後悔、後悔。。。
あとのこと、考えました。
はー。。個展が。個展が。。ギブスとかカッコ悪い。。あー。。どうしよう。運転は無理。
とりあえず娘に帰りに駅で再発行の手続きしてくるように言いました。


そうすると、なんとICカードだと紛失したらそちらを止めて再発行できるのですが、磁気の定期は無理なのだそう。。不条理なことです。ガーンです。

仕方ない。でも諦めきれずもう一度、忘れ物で届いていないか問い合わせ。あった!

なんと、福山駅にありました。救われました。
こっちはなんとかよかった。
神様!

で、足はまだ痛いです。ぴょこぴょこしか歩けません。
困ったわ。。

と、2つの事件でした。
私も娘もドジです。。なんとか月曜までには歩けるようにならないと。。
昨日は額装に痛かったけど運転して画材屋さんまで行きました。足首、腫れて内出血あり。。はー。。もう一つ何か起こる?2度あることはというから

何か、無理やり起こすかな。。おじいちゃんが昔、そういう時にコップをひとつ割った。それを思い出しました。
人生綱渡り。。そんな毎日。。。

20キロ以上になる作品をまとめて箱に詰めたいくつかの箱。足がこうだと車に積み込むことさえ無理。田舎から母が来てくれました。お陰でヤマトまで1回で済んだ。74歳の母、力持ち、恐るべし。
感謝感謝でした。
2 コメント

2019年

11月

05日

何か、見つかりそう

ユリと梨を描いていて、この絵は、一旦筆が止まって普通の絵になってしまっていました。
全く面白くなくなってしまった。
6号なんだけど、本当にがっかりする。

この絵を置いて後ろ髪を引かれ、日展のための上京をしていました。
もう個展は目の前なのに他にも、8号も、そして15号も、その他数点はサインがまだ入っていないという危機的状況…。

これ、マズい…(*_*)

ギャラリーさんはギリギリまで待ってくれていて、明日送ることになっています。

昨日他の絵はずいぶん仕上がって、静物の4号は後サインだけ。
8号と6号、そして15号もなんとかなってサインが入りました。あ、10号もできたのでした。

あとは、この6号を仕上げて、2点ほど額装を画材屋さんに頼まなくちゃ。

個展の仕事としてはその他に10点の作品についてコメントを書くことくらい。

実は、、、

まだ困った宿題があるんです。
紙面の依頼。5点は時期が重なる、15日締め切り。これはキツいです。

どーしよう(o_o)

15日といえばもう個展会期中なのでした。
誰が描くの?、、、です。

ということは描いて送ってから出かけないといけないってことなんです。
これはもっと危機的状況なんです。この作品の提出は来年の巻頭ギャラリーのためのもの。来年なのに今締め切り。
大きめの作品も必要、縦のものと横のもの。
それに後3点で合計5点です。
なんとかなるのか?

はーーーーー。。。。。
これについては金曜日と、日曜日が勝負です。
あれとこれとを仕上げようかしら。。途中のはたくさんあるんですが、エネルギーが必要。倒れそうです。

とりあえず、このユリの絵が昨晩、何か良い方へ動いたような気がしています。
面白くなかったのでバサッと崩して、ほぼやりなおし。
そこに見えてくるものがあって、これは日頃ガッシュで知らず知らずのうちについてきた力なのかもしれません。
水彩ではうまく行くものも油彩になると途端に動かしにくくなるところがありました。
昨日、そこの部分でもがいていたら

あら?できたか?

となりました。画像はその部分です。
こういうこと(切羽詰まってしまうこと)が必要なんですね。絵を描くのはこういうこと。。と改めて思いました。最後が良くないと絵は死んでしまう。仕上げに喜びと幸福感が絵描き自身が感じられないとそれは満足のいく絵ではありません。
何か出てきて、お!できたか?とならないと、、

この絵、そしてもう1点に今日サインを入れ、全てを梱包します。
個展、あー作品だけ送ればいいのでもなく私も行くのでした。準備まだ全然できてない。。
相変わらず、ギリギリの綱渡りです。

個展中、ガッシュで絵を描きます。どんどん修正する描き方をします。お時間の都合が合いましたら、お気軽においでください。

ひさびさに、泣き言を書きました。。





1 コメント

2019年

11月

02日

今年の日展

2019年、改組新第6回日展が始まっています。
行ってまいりました。

今年展示していただいているのは洋画の最後の展示室。
この展示室は見に来てくださった方に余韻を持って帰っていただくために良い作品を持っていくものだと聞きました。
反省点もありましたが、先輩、先生方からいろいろアドバイスもいただくことができて良い上京でした。

会場ではたくさんお声かけをいただき、ずっと描いていると、必ず見てくださっている人がいるんだなぁ。。。とも感じました。

11日から12日間23日まで銀座で個展です。
同じく大事な発表の機会です。

がんばります!!
2 コメント

2019年

11月

02日

今年の日展

0 コメント

2019年

10月

30日

風景、難しい!

個展に出品させてもらう風景画を描いています。

あの強烈な印象のイタリア。モノーポリの夕暮れは建物が美しく黄金に輝いて、人々は夜中まで歌い。。

難し!!!

画像は15号の部分です。
やら、なんとかなった。あの光景が蘇ります。
もう1つ、これも同じ絵の、小さな部分です。この黄色の船が今日、決まったので跡を合わせることができました。

あー、もう少しある。何点か触りたい絵がそこにあるのですが、今日はここまでかなぁ。。

11月1日から日展が始まります。
銀座ギャラリー一枚の繪で私の個展があります。11日、月曜から23日までです。
会期中、会場で月、木、土とガッシュで午後絵を描きます。

普段どおり、うまくいくときもあれば行かないときもあるかと思いますが、不透明水彩の描き方の一例として、やってみますのでお時間が合いましたらお気軽においでください。

0 コメント

2019年

10月

26日

難しいから

今日は人物画の教室でした。


皆さんと描いた小さなスケッチ。学生さんに帽子をかぶってもらうと、思った以上になんだか素敵です。

よく似合っていて、いつもと違う絵が皆さん、それぞれ描けたのではないかと思いました。

顔が影に入るのでそれがまた雰囲気があったように思います。はっきり見えないところははっきり描かないことができたら。。
よかった。

このところ、こういうスケッチが少なく。。いや、そうでもない。他の仕事がスカッととうまくいかないことが増えたんだと思います。
なんだか悶々とする時もある今日この頃。

 

今日のスケッチはうまくいきました。スカッとしたような気がします。

モデルのTさんに感謝です。
  

個展への出品作品も仕上げのタイムリミットが押し迫っていて、それでもこのくらいでいいやとは思えるわけもなく、相当のストレス。

こんな時なのに教室帰りに、多分今日しか行けないので熊谷守一展を見てきました。ほんの30分ほどでした。
チラッと彼の言葉を読んだ。「放っておいてくれ」

何か、思うところがありました。また、本を読んでみたいと思います。
絵については、下塗りをした乾いた板に生の気の利いた色の絵具で一気に描いたんだろうな。
そして、その構図を下塗りまで綺麗にこそげてその線で決めてある。
1つの様式を確立していて、なるほどと思いました。
これもありなんだ。。すご〜い!

もう疲れてしまって、夕ご飯はセブンイレブンのおでんになりました。久しぶり。

その後、夜も制作。
わかったことがあります。
絵描きはなぜバラを描くか。

難しいから。。

1 コメント

2019年

10月

24日

来月、個展です。

今日は2度目の更新。
個展のお知らせをさせて下さい。

11月11日(月)から23日(日)まで、銀座ギャラリー一枚の繪で個展を開催させていただきます。

一枚の繪では3回目の個展になります。
油彩、水彩など35点ほどを出品予定です。
日展と重なっていて、日展は15日は日展の日で入場無料ですね!
あわせて見て頂ければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

私の中で今回の個展はいくらか絵描きとして考えたり、苦労したりした絵が含まれるかも…と。
案内状に載せてしまった絵も、これをなぜ描いて敢えてDMに大きく載せてしまったか、描き始めはとても真剣で怖いような表情でしたが、DMにすると決まって絵の中の自分はそのために気を使っているようにも見えます。

日展と一水会展の今年の絵のエスキースもあまり触らないで出品予定。
12号と10号。

仕上がれば風景の20号も出したい。
最近の絵も頑張って仕上げます。
いや、本当に今年は大変な年でした。

ちょっと眠れないような時は作家本人が書いたもの読んだり、次の日のお弁当のおかずを準備したりして過ごしました。

前回の芳名録をまとめたりもしました。

絵が描けなくても、アトリエで何かはやってた。。
お陰で夏の間の電気代がひどいことに。。
アトリエで過ごす時間が圧倒的に増えました。4倍かな?
多分今年からはずっとこうでしょう。

雨が降っていて暗かったけれど、午後から少し明るくなってきました。



0 コメント

2019年

10月

24日

雨が続いてます。

雨が昨夜から激しく降っていて、今日は止むという予報なのだけど、外は真っ暗。

最近、教室で描いた絵をアップしてみます。夏の制作シーズンの疲れもあってヘロヘロの力の抜けたスケッチ。
オレンジと黄色のガーベラの絵は少し回復しているのかな。

個展の絵も仕上げに向かっていますがなかなか大変です。そういえば前回の一枚の繪での個展の時もご案内状に入れる一水会のエスキースの絵を仕上げる時、大雨で真っ暗でした。とても困ったのでしっかり覚えています。あの絵は自然光で描きたかったのだけど締め切りがあったのでアトリエの蛍光灯、20個全部つけてなんとか明るくして頑張った。でも仕上げは確か暗い中で描き上げたように記憶しています。

暗い中、仕上げに向かって良い絵と、そぐわないものとがあります。とりあえず、この暗さの中電気の光でも制作OKのものを描いています。
リストは今日中にはなんとかしたい。
出品予定のものを35点ほど選んで。。でも、来月提出の5点もあるので、40か。。さて…どれをどっちにするか??

昨日は教室の帰りに2つ展覧会を拝見しました。地元岡山は絵を描く人が多く、皆さん楽しんで頑張っていらっしゃいます。刺激を受けて帰りました。
描こう!とアトリエに入ったら、思い出して先ず、どうしてもの二通のお手紙を書きました。昨日も二通。これもどうしてもの二通でした。後は。。書きたいけど絵描き義理欠き。。

今日は絵に集中したい。とにかく雨は止んでほしい!(台風の被害にあったところで洗い流したほうがいいところだけ降ってくれないかなぁ。。)

ご案内状も書かなくては!ですが今回のDMの絵はなんとも。。アトリエで絵を描いている夜中の鏡の中の自分。自分というか、アトリエで何か思っていたあの時の鏡の中の私らしき人。
あー、お知らせしにくい。。恥ずかしい。。
ここでも、日展に出かける前に…そのうちご案内申し上げます。
2 コメント

2019年

10月

22日

日展と個展と。。

今年も日展に入選しました!

ホッとしています。
発表が近くなるとドキドキして落ち着かないので絵が描きにくくなります。それが取れたので描きます!
今年は来月に個展を控えていて、たくさん仕上がってない絵があるのですが、リストに上げていくと、なかなか絞りきれず、どれを仕上げようか。。と。
仕上げも、さっとできる場合と仕上げのつもりで取り掛かっても仕上げの段階でない仕事を重ねてしまう時があります。
これは絵描きの正直な仕事であってこうでなくちゃいけないのですけど気がつけば間に合ってない。
今日こそは!です。リストはもう仕上げないと。
昨日は地元の教室の人が50歳のお祝いと一水会、日展とのお祝いを兼ね、バーベキューをしてくれました。
お肉、海鮮、参加できない人から届いた自作のマスカット!
美味しかったです!!こんな経験は久しぶりで忘れていた感覚を思い出しました。
リフレッシュしたので、バリバリ頑張ります!
0 コメント

2019年

10月

17日

忘れてた。。

あ。。そうだった。
忘れてたから面白くないんだ。

一昨日、気に入らなくて潰した絵。
なんだ。。はたと思い出した。

表現は完全に自由なんだった。それを忘れていた。
自分が面白いと思う方向へ、進めていけばいい。どんな時も。
それを忘れてものに引っ張られ、ものの説明になるから面白くなくなる。
そんな当たり前のこと、今思い出した。
潰した絵は、サッと仕上がらない類の絵になっていくけど、こうすれば少し動き出す。
動いてなくちゃ。。
揺れてなくては面白くない。
潰して正解。画像は揺れている最中の絵の部分です。

なんてモタモタしてるんだろう。。
絵描き(私)らしくていいや。

6 コメント

2019年

10月

16日

千曲川の春

千曲川が台風で大変なことになっています。
一昨年の春の遅い時期に千曲川の河原を案内してもらって画友と一緒に描いたんです。
思わず安否確認をしました。
よかった、彼女もご高齢のご両親も無事とのこと。
今日、2枚花を描いた後、千曲川のスケッチを元に油彩を描きました、来年、美しい春の河原になっていることを願うばかり。。
自然の力ってすごいものだなぁ。。なんとかならないのかなぁ。。
被害が相当出ていて、心配なことです。1日も早く、復旧しますように。

いろいろ思うところがあるけど私は描くしかない。
描くしか能がない。
描きます。

今日はこのほかに人物を1枚潰し。。風景を進めた。

買い物に行ったらイワシの新鮮なのがあった!キラキラと鮮やかに輝いています。
むむ!これは。。刺身!
あと残ったのは酢締めにします。昆布も買ってきました。
あーお料理好きなんだけどなぁ。。時間がかかることはなかなかできません。
でも、気晴らしになるんです。お買い物、お料理、洗濯、洗い物!包丁研ぎでさえ。。

心穏やかなら、そのやりくりはとてもスムーズです。
よし、休憩!イワシ、捌くぞ!
4 コメント

2019年

10月

13日

年末のチャリティー

個展前だというのに、なかなかのスケジュールです。
一昨日、地元の新聞社からお電話。

あ!コロッと忘れてた!
歳末たすけあい美術展への出品。。
まだ間に合うからということでした。
さて、何を出そう。

と、周りを見渡して10年以上前、娘がやっとモデルをしてくれるようになった頃、スケッチのように小さな油彩を描きかけていたものがありました。

でも、顔がない。今、描きました。
今回はこれを出させてもらうことにしました。

午前中は搬出があって日通さんへ。。
午後は地元の洋画展の展示。私は事務局で総会まであります。昨日は印刷に夜中までかかりました。
うまく行くといいけど。
人前で喋るのは実に苦手です。。。

地元の洋画展には100名以上参加されます。絵が好きな人が多い玉野市です。大事にしたい。
明日からは、絶対集中します!

好きな絵は描けているのだけど、なにせ、細切れの時間しかなくて、仕上げができてないものが後回しになっています。
仕上げには気持ちと時間とどちらも必要です。
明日、明日からはその時間と気持ちを作って描けそう。頑張ろう。


0 コメント

2019年

10月

11日

半世紀

画像は昨日描き始めた絵。

12日、50歳になります。半世紀だなぁ。
考えてみると、その半分以上は絵を描いています。その前半はゆったりしていましたが今は結構ハード。確実に自分の仕事はぼんやりと何をやっているかわからないところからは抜けて、やりがいのある仕事になりました。
「絵描きという仕事は、答えの出る(確か、例に出されたのはノーベル賞を取れるような仕事)と違い、いつまでやっても同じところをぐるぐると堂々巡りをしているような仕事。」とある先生が挨拶されたのを思い出しました。
私たち絵描きの仕事はなかなか大変だけど誇りのもてる仕事だと思っています。
美術、芸術は。。人の心に寄り添うもの、ゆとりのない現代こそ、必ず寄り添う。
これまで続けてきた仕事の時間の折り返し地点あたりだとすれば、もうしばらくは深く追求しつつ頑張れそうです。
親しみをもって見てくれている人々がいます。とにかく、大好きな仕事です。
続けていける環境に、また応援してくださっている人に心より感謝しています。
これに寄って力を得て絵を描くことができています。
ここ「絵描きの日常」に立ち寄ってくださっている皆様、いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。
嬉々として続けていきます!
2 コメント

2019年

10月

09日

曽宮一念さん

曽宮一念という人の絵に出会ったのは、そんなに前ではなくて銀座の至峰堂画廊が先だったか、日動画廊が先だったか、感激したのを覚えています。

 

久しぶりにネットで画像を見ていたら、名古屋の佐橋美術店のブログに行きつきました。とっても好みが合うと思える画廊。いつか伺いたいと思っています。

 

曽宮一念さんの富士山と雲の絵が載っていました。。。素敵だなあ。

曽宮さんの言葉が書かれていて、これがまた、なんともまさに絵描きの言葉だ。。と感動しました。自分も日ごろ同じようなことを思っています。

 

佐橋美術店のHPより、以下引用させていただいてメモしておきます。

                  ↓↓↓

 

曽宮にとって雲はもっとも重要な題材でした。

 

「固く動かない山と柔らかくて変わり続ける雲とが結びついての美しさであろうと思う。

 

特に単純な形の富士では雲の必要を美しさの上に感じる」

 

  これは曽宮自身の言葉です。

 

絵と詩、音楽、小説などもそういうものはきっと同じような思考と感覚を持って生まれていくのではないか。。。

構成はしかし文学的なものというよりかは理論的で、感覚であったとしても理系の考え方に基づくものかもしれません。

そう考えている頭は全く感覚的なものですが、きっと突き詰めていけば感覚もまた理論的なものだろうとも思うのです。

 

右脳と左脳はつながっていますからね。

 

さて、今日も描きます。

 

 

0 コメント

2019年

10月

08日

絵描きの日常に戻った。

そうだ、絵描きの日常に戻ったわ。

そう今思いました。

毎年そう、10月の今頃からしばらくは絵を描ける。好きな絵を好きなように。

 

大作はそれはそれで大仕事で映画を撮ったり、小説を書き上げたり、オーケストラで演奏されるような曲を完成させたりするみたいな仕事。長い時間と集中力と体力、精神力がいる仕事。

それ、終わって…オフの期間。詩を書いたり、鼻歌を歌ったり、らくがきしたり、そんな感覚で小さな絵を描ける時間が来た。うれしい。

 

とはいっても、地元の洋画部の事務局の仕事がすぐ明日に迫っていて、総会の資料をそろえて、会員名簿の確認して、洋画展の段取りをしておかないといけません。午前中にやってしまおう。

 

すぐ次の発表の場も決まっていてすぐに迫ってきてはいるのですが、ほんのしばしの間、好きな絵を描けます。ワクワクします。

画像は大作の一部。こうしてみると風景ですね。

 

昨日はあまりに毎日のことに追われているので、娘に「お弁当たまには作らないでいい日作って。毎日5時起きで大変だから。」と愚痴ってしまい、反省。

今朝は鮭、ほうれん草のソテー、卵焼き、カボチャサラダ、後はこれは出来合いのお豆。

ちゃんと作りました。

 

娘も忙しそう。。。お弁当持って、1時間半毎日電車通。帰りもまた1時間半。作ってやらにゃ。。。と思います。

本当に課題も多く大変そう。きちんとやらないと気が済まない性格なので毎日4時に起きて頑張っています。それでもできないらしい‥。まあ、そんなに器用でないとしても、これだけやってれば、身についていくものはあるでしょう。。。。

先日Tシャツに書かれていた英語の意味を教えてくれて、おお、と思う。

英語読めるのかね?いつの間に?

 

次の4年間は夢のような自分の時間。これは私もそうでした。

確かに高校生の時は忙しいばかり。(娘は青春を謳歌しています!)

この夏、彼女は私の進んだ大学を私よりしっかりした目標をもって選びました。まさかな…と思いましたが、「灯台下暗し」でした。

自分の時間を手に入れるために頑張ってほしいです。

 

 

2 コメント

2019年

10月

07日

秋の夜長…

ここ何年かで1年のサイクルは何となく決まってきました。

骨組みのようなもの。

そこに枝ができたり、葉がついたりで、結構なスケジュールの中、絵は何とか描いていけていることに感謝。

 

今年も大作のシーズンが昨日でやっと終わって、次…です。

今日描き始めたのは4号の娘の絵。

おとなしい雰囲気の絵ですが、描いてみたいと思っていた絵です。

服は濃い色でしたが、キャンバス地がそのままの今の感じがいい。少し変えるかな。絵は作るもの…

 

今日は朝、地元の洋画展の準備で看板の発注や、買い物や郵便局への用事でなんだか出っぱなし。

ひと段落したら、午後3時。え~・・・描いてない!

 

水彩を仕上げようかと思ったけど、この絵を描きたくなって、ちょこっと描いただけでもう、暗くなりかけていました。

…秋です。もう10月だもの。

 

ひとつでもその日に絵を描くことができたら、それがこの絵のように描き始めでも、安心します。

 

秋の夜長…一番今欲するもの、「眠ること」を楽しみます。

0 コメント

2019年

10月

06日

日展の制作、終わり!

今年の夏から秋にかけての大作のシーズンが終わりました。
今朝、彩美堂さんが予定より少し早く来られて、まだ二階のアトリエにあった100号の額装済みの絵を火事場の馬鹿力で降ろして渡し、大きなトラックを見送りました。
瞬間脱力。

お昼ご飯食べたらもの凄い眠気に襲われて30分ほど記憶なし。

お、おや?今何時?
あ、まだ明るい。
はい!次!

でも油絵を何か仕上げるのはしんどかったし、いただいたカサブランカのよい香りがして、元気付けられます。シャインマスカットと力抜いて水彩を描き始めました。
はースッキリ。いい香り、癒されました。
まだ仕上がってはないのだけど、アップしてみます。
日展の絵はまた、次の機会に。。。

日が落ちるのが早くなってきているのを感じます。もう10月だもの。
なんとか、やった。
今年は昨年大変だと思ったけど、それの何倍もキツかった。
ですが、今年は自分の絵ができたようにも思えます。細かいところも、気をつけたけど、こじんまりとはなっていなくて、一水会の絵の続きで、制作できました。

来月の個展に向けて、仕上げる絵はたくさんあります。気を抜いてしまわないように疲れをとりながらがんばります。
0 コメント

2019年

10月

05日

前の絵より好き

よし、なんとかなった。前描いているどの絵よりもこれがいい。
そう思えました。

日展の絵、完成!

今年が1番、激しかった。
サインをこれから入れます。
明日、朝の集荷。

やるだけのことはやった。
できたと思う。

明日から個展の準備です。